マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2018年~

5×5シティにゃもさんのルール/インスト

194
名に参考にされています
2018年10月29日 22時36分

OKAZU brandが作成した、大まかなゲーム内容の説明です。
詳しいルールは、
公式サイトで公開している説明書をご覧ください。


①プレイヤーはひとりにつき1枚、街ボードを目の前に置きます。
街ボードには5×5=25のマスで構成されています。

この空き地がどんな区画に分かれるか、ゲーム開始時に区画カードで決めます。


②各ラウンドの最初に、このラウンドで埋める区画を決定します。そのマス数の建物タイルを袋から引き、建物タイルのセットを作っていきます。

スタートプレイヤーから順番に建物タイルのセットを取っていき、指定された区画に自由な配置で置いていきます。


③建物の種類ごとに得点条件が異なります。
しかも、建物ごとにAとBの2種類の得点条件が!ゲームごとに組み合わせを変化させて、違う戦略が必要とされるゲームが楽しめます。

さらに、「この建物はどうしても置きたくない…」というときは、建物タイルを裏返すと公園になります!
公園の配置も街づくりには重要です。
公園を一定数置くと発動できる「公園アクション」もゲームの鍵を握ります。


④全てのマスが埋まったら得点計算です。付属メモパッドで建物ごとにらくらく計算ができますよ!
街の構成でさらに得点条件が追加される「計画カード」も使用する拡張ルールでより楽しめます!
さらに高得点をひたすら狙ったひとりでのプレイも。
OKAZU brand「5×5city」はゲームマーケット2018秋に発売予定です。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 手動人形
にゃもさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 46興味あり
  • 81経験あり
  • 19お気に入り
  • 68持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル5×5シティ
原題・英題表記Go Go City
参加人数1人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン林 尚志(Hisashi Hayashi)
アートワークryo@にゃも(Ryo Nyamo)
関連企業/団体オカズブランド(OKAZU brand)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

にゃもさんの投稿

会員の新しい投稿