マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分~55分
  • 10歳~
  • 2013年~

禁断の砂漠kell_the_gigantさんのレビュー

250
名に参考にされています
2018年05月18日 01時31分

まるで生きているかのように動く、砂嵐吹きすさぶ砂漠からプレイヤー全員協力して生きて脱出するゲームです。

アートワーク、世界観の設定、飛行船駒の造形等男の子の好きなレトロフューチャーな要素をぎゅぎゅっと凝縮した良作です。鞄から取り出し盤面を展開したときの『おおっ!』という声が気持ちいい事この上ないです。


このゲームはパンデミックの作者『マット・リーコック』氏の作品です。パンデミックや禁断の島と比較し、劣っていると判断される向きもありますが、私は禁断の砂漠が今のところ一番だと思っています。

パンデミックのようにそれぞれに役割があり、強力なアイテムカードがあります。また、毎手番与えられる4行動力を何に使うか、その相談をしながら全員で頭を悩ますのが楽しいです。

また、カードの捲りやタイルの捲りなどの多少の運要素があるので何度プレイしても違った楽しさと緊張感が味わえます。


その反面、パンデミックと同様に所謂『お奉行様』がいるととても雰囲気が険悪になりやすいです。『君の最善手はこうだった』『そうじゃない。それだと効率が悪い』『俺の選択に皆従えばいい』というような、他者を自身の駒として使役したがるプレイヤーが混ざっていると目も当てられないような険悪な雰囲気になってしまいます。

また、行動選択の際に他のプレイヤーと相談しながら最善手を模索するのが楽しいゲームなのですが『じゃあ俺はこうするね』と相談なしに行動を決定するプレイヤーがいるとやや萎える事もあるでしょう。

インストする際には『これはみんなで相談しながら最善手を探して、一人も欠けることなく砂漠から脱出するゲームです』と、相談することを前提として説明してもいいと思います。


また私自身心掛けている事ですが、経験者がお奉行様にならない。これは鉄則です。しかし、初心者・未経験者のみにゲームの進行を委ねてしまうとゲームの進行が難しくなってしまうと思います。

なので、方針を立てるところまでは率先して経験者がリード(経験者の一存で決定する事ではないので注意)し、そのあとは各プレイヤーの意見を尊重していくのが良いと思います。

たとえば水タイルを発掘するために駒を移動する時に山勘で移動するのではなく、千里スコープを使って井戸が発掘できる可能性を上げたり。あるいはゲーム開始時点での水タイルの分布から上を攻めるべきか下を攻めるべきか。全員固まって移動すべきか否か。

そういったゲームの進行において肝になる箇所の討論をするきっかけとしてまずは発言する。経験者の役割の大部分はここだと思っています。そして全員で方針を理解し、適宜賛成反対の投票を行ってみてもいいと思います。


話を多少前後させますが、このゲームの評価がパンデミックや禁断の島よりも低い原因ですが恐らくは『運要素の多さ』からくる不確実性でしょうか。カードの捲りや引き、タイルの捲りの成否によってゲーム情勢の優劣が強烈に左右させる局面もあります。そこがお気に召さなかったのかなと思います。

しかし、扱っているテーマが『砂嵐が吹きすさぶ砂漠からの脱出』です。砂嵐の動き方がきっちりと予想でき、またその通りに動くことなどまず考えられないと思います。

つまるところこのゲームは発掘という考古学的なテーマ・太陽光で飛べる飛行船を完成させるというレトロフューチャー的な世界観の中で「動きの読めない自然の驚異に翻弄される」ところにあるのだと思います。

であれば、予想しうる最悪の日照りカード連引きやタイルの無駄捲り、砂タイルが一気に堆積する不運すらもゲームの優良なスパイスのはずです。


もしよければ、あなたも気の合う仲間達と禁断の砂漠からの脱出に挑戦してみませんか?

日照りと砂塵にご用心……健闘をお祈りします!!!

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Jarry
kell_the_gigantさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 62興味あり
  • 99経験あり
  • 13お気に入り
  • 65持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力8
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル禁断の砂漠
原題・英題表記Forbidden Desert
参加人数2人~5人(45分~55分)
対象年齢10歳から
発売時期2013年~
参考価格4,750円
クレジット
ゲームデザインマット・リーコック(Matt Leacock)
アートワーク未登録
関連企業/団体ゲームライト(Gamewright)
拡張/関連元禁断の島(Forbidden Island)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク