マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 10分~20分
  • 6歳~
  • 2018年~

アイドル発掘!Diggersハクシャクさんのレビュー

163
名に参考にされています
2018年09月14日 01時46分

場に積み上げられたカードの山から、つるはしを使ってアイドルを発掘する。というゲーム。

アイドルを発掘?発掘といえばつるはしだよね、的なアイディアで出来上がったゲーム。ですが、できることが多いので結構楽しい。

「場に積み上げられたカードの山」といったが、そのカードの山を作るのはプレイヤーたち。配られたカードを順々に、積み重ねたり積み重ねなかったりしながら場に置いていくことでできる。カードの山は、だから2つ3つできたりする。しかもこのカード、表裏ごちゃ混ぜになってるからややこしい。アイドルの上に裏向きカードを重ねられたりする。

山ができたら発掘。つるはしチップを1~3個使って、その分だけカードをとっていく。ただし、ほかのカードが上に重なっていないカードを。だから、下にいるアイドルを手に入れるために、正体不明の裏向きカードをとっていく必要も。で、そんなカードに限って、表にすると、アイドルでもマネージャーでもオタクでもない一般人。得点にならない。

こうして、全員がつるはしを使い果たしたら得点計算。マネージャーがいたらアイドルがユニットを組んでさらに高得点が狙えたり。

わいわいしながらできるゲームだけど、アイドルというテーマのせいで人を選びそうな感じ。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nun Nori
ハクシャクさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 13経験あり
  • 2お気に入り
  • 18持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルアイドル発掘!Diggers
原題・英題表記Find Idol! Diggers
参加人数2人~6人(10分~20分)
対象年齢6歳から
発売時期2018年~
参考価格1,800円
クレジット
ゲームデザイン中村 良(Ryo Nakamura)
アートワークラディアスリー(Radiuthree)
関連企業/団体ラディアスリー(Radiuthree)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ハクシャクさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク