マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 13歳~
  • 2015年~

ファラオの恩恵ゆーさんのレビュー

151名 が参考
1名 がナイス
約1ヶ月前

旧作「王への請願」は未プレイで、セール時に偶然見つけたのですが、こんなに面白いとは!

旧作の紹介文にもありますが、この作品のポイントは「たくさんのダイスを振り、その出目を操る面白さ」です。

初めはダイス3個だけですが、タイル獲得によりダイスの数が増えていき、「7個のゾロ目」という一見難しそうな最終目標も、出目を操作するタイルなどの能力で簡単にできちゃいます。


具体的な流れとして、ダイスで役を作りながら、まずはダイス数を増やす黄タイルや、ダイス目を変える青タイルを中心に取っていきます。

プレイヤー間の直接干渉は少ないながらも、タイルの数が有限で早い者勝ちなので、各人の能力は違った物になっていきます。

また、獲得は容易で比較的強力だが使い捨ての赤タイルもあり、役がうまく揃わない時にこれも選択肢になります。

本ゲームは王妃タイル→王を獲得してもすぐ終了にならず、最後に各人1回ずつ「最後のダイス振り」をするのですが、ここに備えて赤タイルを取っておき、最後で逆転を目指す戦法も可能です。

このあたりのバランスはうまくできていると感じました。


旧作との違いとしては、使用するタイル(カード)をゲーム開始前に選ぶ形となり、特殊ダイスもたくさん登場して、リプレイ性が高まりました。

その分、比較的小型だった旧作に比べると、本作は大箱になってしまったようです。


子供たちも大好きなゲームで、何度も遊んでいます。

色んな種類のダイスが好みのようで、特殊ダイス系のタイルをいつも選んでしまいます。

確率のお勉強にもなりますネ。


(おまけ)タイルの収納案

他の方から指摘あったように、タイル別の収納に少し悩みますが、ウチはこんな感じです。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
Bluebear
国王
ゆー
ゆー
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 93興味あり
  • 170経験あり
  • 48お気に入り
  • 106持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率11
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトルファラオの恩恵
原題・英題表記Favor of the Pharaoh
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2015年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿