マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 20分~30分
  • 8歳~
  • 2016年~

ザ・ゲーム:エクストリームCraftsmanさんのレビュー

97
名に参考にされています
2018年05月16日 18時18分

このレビューはザ・ゲーム 第 2 版との比較を行なうものです。
すでに第 2 版をプレイした経験がある方がお読みになることを、前提としています。
第 2 版をプレイしたことのない方は、他のレビューを参考になさることをお勧めします。

エクストリームは、まだ 3, 4 回ソロでプレイして、1 回 奥さんと 2 人でプレイしたばかりです。

もともと、ザ・ゲーム自体 (というか、たいていのゲームではそうでしょうが) ソロと複数人では戦略やプレイ感が全く違ってきます。
そのため、ベーシック (エクストリームでないザ・ゲーム 第 2 版を、以降便宜的に "ベーシック" と呼びます) とエクストリームの違いによる影響も、ソロと複数人ではまったく違ったものになります。

ソロでは、戦略を立てるときに考慮しなければならないポイントが増えて、より慎重さが求められるようになりました。
特殊効果カードのおかげで、出す順番がよりセンシティブになりました。
また、大きくジャンプするカードを出さざるをえない場面が増えた分、10 違いの見逃しもより強く勝率に影響するようになったと思います。
なので以前よりもさらに、ちょっとずつ出しては様子を見るプレイの重要性が増します。
ただ、そのへんにさえ気をつけていれば、難易度はそれほど上がったようには感じませんでした。
どうしようもなく大ジャンプを強いられた末に、既に出せない数字が出てきたりする可能性は増えましたが、それは単に運の要素が強まっただけで、難易度とはあまり関係ないと感じました。
そういうわけで、ソロではすぐに完全勝利を達成できました。

それに比べて複数人でのプレイでは、もっと影響がダイナミックになるようです。

ベーシックでは、争点はコミュニケーションの一点に尽きていたわけです。
そこに集中するからこそ面白かった反面、何度も繰り返しやっていると「数を明確に言わなくても、かなり的確に数を推測させる」ようなコミュニケーション手段が発達してマンネリ化していくという弊害が、リプレイアビリティを阻害していました。
ベーシックに含まれていたオンファイアは、ちょっとしたスパイスにはなってくれても、このマンネリ化を止めるほどの威力はありませんでした。

以前、ベーシックの方の戦略やコツに、コミュニケーションの禁止はあまり厳格にしないほうが楽しめるんじゃないかという提案を書きました。
今でも、ある程度経験を積んでしまうまでは、その戦略は有効だと思っています。
しかし、コミュニケーション手段が発達してしまった今となっては、ウチでは逆に特定の NG ワードを設定することでマンネリを回避していました。
そう、エクストリームを入手するまでは。

複数人プレイでの、エクストリームの影響は非常に大きいようです。
充分なコミュニケーションをとっているつもりでも特殊効果がその上をいったり、そもそもいっさいのコミュニケーション (ジェスチャーさえも !) を禁ずるカードがあったり。
まだ 2 人プレイを 1 回しかしていませんが、とりあえず完全勝利どころか 19 枚を残す惨敗でした。
おかげで、NG ワードという窮屈な枷をとっぱらって、また思いっきりプレイできそうです。

それでも物足りなくなったら、ベーシックからオンファイアを連れてくることもできます。
難易度を調整したければ、手札枚数を減らすとかの方法が、親切にもマニュアルで提案されてますし。
NG ワードの導入は、その先まで喜んでとっておくことができます。

ソロであれ複数人であれ、どちらにしても考えることが増えた分、より飽きにくくなったと言えるんじゃないでしょうか。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Koniromann_A
Craftsmanさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 25興味あり
  • 130経験あり
  • 27お気に入り
  • 124持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルザ・ゲーム:エクストリーム
原題・英題表記The Game: Extreme
参加人数1人~5人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格1,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Craftsmanさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク