マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ザ・ゲーム:エクストリーム
  • ザ・ゲーム:エクストリーム当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~5人
  • 20~30分
  • 8歳~
  • 2016年~

ザ・ゲーム:エクストリーム / The Game: Extreme の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
人気の協力ゲームが、遊びごたえを増加して登場!
  • ステファン・ベンドルフ(Steffen Benndorf)作
  • ラインハルト・シュタウペ(Reinhard Staupe)作

ザ・ゲームの独立拡張編であり、ザ・ゲームを持っていなくても遊ぶことができます。また、基本ルールで遊ぶこともできるため、ザ・ゲームと迷ったらこちらをどうぞ。

ザ・ゲームはカードを条件に合うとおりにできるだけ多く出す、プレイヤー同士が協力する必要のある協力ゲームです。
本作では、さらに難易度を増して、カードを出す制限がより難しくなります。

何回も遊びたくなる作品で、ルールはとてもシンプルなので、説明が苦手な人でも楽しめます。

ザ・ゲーム:エクストリームに4件の書き込みがあります

243
名に参考にされているレビュー
2018年05月16日 18時18分

このレビューはザ・ゲーム 第 2 版との比較を行なうものです。
すでに第 2 版をプレイした経験がある方がお読みになることを、前提としています。
第 2 版をプレイしたことのない方は、他のレビューを参考になさることをお勧めします。

エクストリームは、まだ 3, 4 回ソロでプレイして、1 回 奥さんと 2 人でプレイしたばかりです。

もともと、ザ・ゲーム自体 (というか、たいていのゲームではそうでしょうが) ソロと複数人では戦略やプレイ感が全く違ってきます。
そのため、ベーシック (エクストリームでないザ・ゲーム 第 2 版を、以降便宜的に "ベーシック" と呼びます) とエクストリームの違いによる影響も、ソロと複数人ではまったく違ったものになります。

ソロでは、戦略を立てるときに考慮しなければならないポイントが増えて、より慎重さが求められるようになりました。
特殊効果カードのおかげで、出す順番がよりセンシティブになりました。
また、大きくジャンプするカードを出さざるをえない場面が増えた分、10 違いの見逃しもより強く勝率に影響するようになったと思います。
なので以前よりもさらに、ちょっとずつ出しては様子を見るプレイの重要性が増します。
ただ、そのへんにさえ気をつけていれば、難易度はそれほど上がったようには感じませんでした。
どうしようもなく大ジャンプを強いられた末に、既に出せない数字が出てきたりする可能性は増えましたが、それは単に運の要素が強まっただけで、難易度とはあまり関係ないと感じました。
そういうわけで、ソロではすぐに完全勝利を達成できました。

それに比べて複数人でのプレイでは、もっと影響がダイナミックになるようです。

ベーシックでは、争点はコミュニケーションの一点に尽きていたわけです。
そこに集中するからこそ面白かった反面、何度も繰り返しやっていると「数を明確に言わなくても、かなり的確に数を推測させる」ようなコミュニケーション手段が発達してマンネリ化していくという弊害が、リプレイアビリティを阻害していました。
ベーシックに含まれていたオンファイアは、ちょっとしたスパイスにはなってくれても、このマンネリ化を止めるほどの威力はありませんでした。

以前、ベーシックの方の戦略やコツに、コミュニケーションの禁止はあまり厳格にしないほうが楽しめるんじゃないかという提案を書きました。
今でも、ある程度経験を積んでしまうまでは、その戦略は有効だと思っています。
しかし、コミュニケーション手段が発達してしまった今となっては、ウチでは逆に特定の NG ワードを設定することでマンネリを回避していました。
そう、エクストリームを入手するまでは。

複数人プレイでの、エクストリームの影響は非常に大きいようです。
充分なコミュニケーションをとっているつもりでも特殊効果がその上をいったり、そもそもいっさいのコミュニケーション (ジェスチャーさえも !) を禁ずるカードがあったり。
まだ 2 人プレイを 1 回しかしていませんが、とりあえず完全勝利どころか 19 枚を残す惨敗でした。
おかげで、NG ワードという窮屈な枷をとっぱらって、また思いっきりプレイできそうです。

それでも物足りなくなったら、ベーシックからオンファイアを連れてくることもできます。
<2018-05-28 訂正>
ウソつきました。
ザ・ゲーム第 2 版のカードを (オンファイアであれ何であれ) ザ・ゲーム : エクストリームに混ぜることはできません。
残念なことに、裏面の色が違います。絵は同じなのに、色だけ違いました。

エクストリームでは、どのマークを持ってるのかは伝えていいことになってるので「まぉ裏面でわかっちゃってもいいんじゃない」っていう大らかな人ならアリかもしれません。
が、シャッフルしてるときや山札にあるときからわかっちゃったり、まだ何も伝えてないのにわかっちゃう問題はあります。

難易度を調整したければ、手札枚数を減らすとかの方法が、親切にもマニュアルで提案されてますし。
NG ワードの導入は、その先まで喜んでとっておくことができます。

ソロであれ複数人であれ、どちらにしても考えることが増えた分、より飽きにくくなったと言えるんじゃないでしょうか。

続きを読む
閉じる
231
名に参考にされているレビュー
2017年07月25日 22時15分

ザ・ゲームを完全勝利出来た人達が20枚以上残すレベルの難易度にパワーアップした作品。


追加要素は2種類の発動条件がある特殊効果を持つカード達。出すと即座に発動するカードとトップに置かれている間発動し続ける永続カードがある。


即座に発動なら、強制3枚出しや、この上にカードを置かないと手番終了不可のカード、永続なら会話禁止や10戻し禁止などやられたら嫌なことを悪魔らしくきっちりと抑えてきている。

これらの効果が絶妙なコンビネーションを発揮してチームプレーを目茶苦茶困難かつ、仲違いするレベルのプレーを強制してくれる。


もちろん特殊効果を無視すれば、いつものザ・ゲームとして遊べるし、日本語版が出るので新しくザ・ゲームを所持したい人はこちらがマストになるかな?

続きを読む
閉じる
136
名に参考にされているレビュー
2018年11月13日 01時26分

数字の書かれたカードをルールに従って手札を出し切る(ルール上は9枚以下)ゲームです

ルールはとても簡単で単純なんですが、中盤以降からの息苦しさや焦り等が渦巻く感じがとても重いです

100より低い数字、もしくは1より大きい数字を順番に出していくだけ、それだけのはずなんですが、手札にそんな気の利いた数字のカードなどあるわけもなく20も30も飛ばして出さざるを得ない時の申し訳なさ

ちょうど10離れた数字だと巻き戻して出す事が出来る(場に「32」のカードが出てる場合「22」を出せる等)のルールのおかげで皆で協力すればうまく回すことも出来ますが、カードを出せる場所は4箇所(100からカウントダウンが2箇所、1からカウントアップが2箇所)しかないのでいつまでも出てる数字が固定されているとは限りません

さらに、お互い数字の確認や具体的な指示等は出来ないので次の順で出そうとしたカードが手札に余ってしまったりといずれ詰んでしまう要素が沢山あります

今まで家族(嫁、息子10歳、娘8歳)で6回ほどしましたが未だにクリアできていません

ただ、コツはつかんできたみたいで回を重ねるごとに残りカード枚数も減ってきていますので、完全勝利を目指して頑張りたいですね

ワイワイ楽しみながら遊べるか、ピリピリしながら遊ぶかはメンバーによって変わってくると思います。少なくともウチは前半はワイワイしてますが、後半からはピリピリしてクリアが出来そうにないと分かると絶望してます

このゲームに関しては無印の「ザ・ゲーム」に加えてカードに記された追加ルールがあるのですが、まだそれでは遊んでいないので、無印ルールでクリアできたら追加ルールでも遊んでみようと思います

一人からでも遊べるし、場所もあまり取らないのでドコでも遊べる良いゲームだと思います


「うわ、、、先に出された、、、」


■カードサイズ 59mm×91mm(ユーロサイズ):102枚


個人的評価:7/10

続きを読む
閉じる
89
名に参考にされているレビュー
2017年12月19日 15時36分

先日、エクストリームルール抜きでプレイしました。

笑いあり失望ありナイスフォローありの道を皆で突き進んで、最終的には初プレイのメンツにも関わらず完封勝利を掴んだ時は、本当に盛り上がったし気持ちよかった。試しにもうワンプレイやってみたら完敗でした……。

誰でも理解出来る単純な遊びなのに共闘感は熱い。傑作。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,052(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 46興味あり
  • 223経験あり
  • 40お気に入り
  • 192持ってる

チェックした商品