マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 15分~30分
  • 6歳~
  • 2012年~

赤ずきんは眠らないマクベス大佐@仙人昇格!さんのレビュー

117
名に参考にされています
2020年07月11日 18時28分

最近の赤ずきんは狼を撃退する!?お手軽心理戦ゲーム


【注意書き】

 厳しい評価になります。本作のファンはあえて読まないことを強くお勧めします。


【ざっくり解説】

 童話『赤ずきん』をテーマにしたものの、罠を仕掛けて狼を撃退できるという現代的な要素が追加されたゲームです。その実態は非常に単純で、狼とのジャンケンみたいな感じのゲーム性です。

 狼役はその他の人を個人指定で襲えます。襲う前に狼以外のプレイヤーは睡眠か罠の2つのタイルのどちらかを伏せて置きます。


 罠は狼に襲われた時に得点できますがそうでなければ無意味です。睡眠は襲われなければ得点ですが襲われたときに失点します。主に狼以外はこの2択で悩むゲームです。狼は他のプレイヤーが何を選ぶのか予想し、ターゲットを決める必要があるというわけです。


【長所】

 心理戦にだけに集約されたミニマムなゲーム性でしょう。説明を聞いて1回テストラウンドをやれば、十分な説明がなくても理解できるぐらいシンプルなゲーム性です。ちょっと複雑になったジャンケンレベルのルールなので、すぐ理解できます。

 あとは可愛いイラストですね。多くの日本の人にはこういうイラストの方がとっつきやすいかと思います。


【短所】

 確率と期待値から打つ手が決まる印象があります。楽しむコツはいかに心理的読みで期待値勝ちできるかにやりがいを感じられることが必須ではないかと思います。

 また全員が罠を選ぶと、狼は選択前の段階から詰んでいる状態になってしまいます。まあ、論理的に言えば4人以外ではあまりない状況です。


【個人的な評価】

 シンプルな2択をゲームの主軸に据えることで極限まで要素を削ぎ落し、単純2択で悩ましいゲームをデザインしようとした意欲作なのは間違いないと思いますしかし、必要以上を削り過ぎた感があります。

 期待値からプレイヤーが打つべき手が決まってしまうようなきらいがあり、ゲーマーの人には僕個人としてはお勧めできないゲームだと思います。そういう計算をしてしまうぐらい、ゲームの上手い人はもっと他のゲームをプレイしたほうが幸せになれると思います。


 ここまで厳しく評価したとはいえ、可愛いイラストとシンプルなゲーム性はライトユーザー層を取り込むゲームとして十分な役割を果たしてくれていると思います。特に国産ゲームのイラストは海外ゲームの渋いイラストにはない魅力があるのも間違いありません。この点だけは素直に評価してよいと思うタイトルです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
赤ずきんは眠らない
赤ずきんは眠らないの通販
狼を撃退?すやすや眠る?手軽なブラフゲーム!
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,200(税込)
マクベス大佐@仙人昇格!さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 339興味あり
  • 1660経験あり
  • 210お気に入り
  • 982持ってる
プレイ感の評価
運・確率14
戦略・判断力15
交渉・立ち回り11
心理戦・ブラフ31
攻防・戦闘2
アート・外見15
作品データ
タイトル赤ずきんは眠らない
原題・英題表記Eat Me If You Can!
参加人数3人~6人(15分~30分)
対象年齢6歳から
発売時期2012年~
参考価格2,160円
クレジット
ゲームデザイン佐藤 純一(Junichi Sato)
アートワーク152°
関連企業/団体アークライト(Arclight)Junias
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マクベス大佐@仙人昇格!さんの投稿

会員の新しい投稿