マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~45分
  • 7歳~
  • 2018年~

ドスしょう@CP2さんのレビュー

92名
0名
0
1年以上前

個人的には「Uno」よりも好きなゲームです。
Dosはスペイン語?で「2」を意味し、その名の通り場には山札の他に、2枚表になっているカードが出ています。
プレイヤーも1枚または2枚カードを出すことができます。

Dosでは、色の要素はボーナスみたいなもので重視されません。重要なのは数字です。
例えば、場に「赤の8」と「緑の3」が出ているとします。
この時、プレイヤーは8もしくは3のカードを出すか、2枚のカードを足して8もしくは3になるカードを出すことができます。仮に出せるカードがない場合は、Unoと同じように山札から1枚カードを引いて、カードを出すか、パスします。カードが場に出た場合は、場に出ているカードとプレイヤーが出したカードを捨て札に移動し、山札の1番上のカードを表にして、場に出します。
この手順を繰り返していき、最初に手札をすべてなくした人が勝ちというルールです。

先に述べた「色の要素」ですが、1枚のカードで色も揃った場合
・「赤の8」が出ていて、プレイヤーも「赤の8」を出せた
 →この場合は、場とプレイヤーが出した「赤の8」を捨て場に移動させ、もう1枚手札から好きなカードを場に表にして出すことができます。(この時、山札からめくることはしません)

2枚のカードで色も揃った場合
・「赤の8」が出ていて、プレイヤーは「赤の5」と「赤の3」を出した
 →この場合も、場とプレイヤーが出したカードをすべて捨て場に移動させ、もう1枚手札から好きなカードを場に表にして出すことができます。(この時、山札からめくることはしません)
 さらに追加効果として、参加メンバー全員に山札から1枚ずつカードを引かせることができます。

上記のルールに加えて、
・ワイルドDosカード:数字の2が書かれていますが、どの色にもなれます
・ワイルド#カード:#が書かれており、色は赤・黄・青・緑のどれかですが、どの数字にもなれます
これらの特殊カードを活用して、ゲームに勝つことを目指していきます。

ドロー4などの派手なカードはありませんが、特殊カードをいつ使うかなど、地頭を使うゲームになっていると思います。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
ドス!
ドス!の通販
大人気カードゲーム「ウノ」の兄弟の「ドス!」が登場!
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語ルール付き/日本語版
¥1,100(税込)
皇帝
しょう@CP2
しょう@CP2
シェアする
  • 39興味あり
  • 180経験あり
  • 12お気に入り
  • 184持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

会員の新しい投稿