マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

悪魔城への馬車The Castle of the Devil / Die Kutschfahrt zur Teufelsburg

  • 悪魔城への馬車の画像
  • 悪魔城への馬車の画像
  • 悪魔城への馬車の画像
  • 悪魔城への馬車の画像
  • 悪魔城への馬車の画像
  • 悪魔城への馬車の画像

2つの秘密結社のメンバーが同じ馬車に乗り合わせた! 誰が敵で誰が味方か? 推理して、アイテムを集めろ!

2010年ルッカ カードゲーム部門大賞

 あなたは秘密結社「ホントに大ウソ青年団」の団員である。いまあなたは得体のしれない連中とともに、不気味な悪魔城に向かう馬車の中にいる。

 あなたの目的はひとつ。この世に3つしかないと言われる陰謀の聖杯を仲間とともに集め、青年団の力を世にとどろかせることである。

 はたして馬車に乗り合わせた連中のだれがあなたの味方なのだろうか。

 最近、あなたの青年団を脅かすほどに勢力を伸ばしてきた「秘密バレバレ騎士団」の連中も馬車の中にいるに違いない。ヤツらも秘密のアイテムを探しているというウワサだ。

 どうにかして、ヤツらが目的を達する前に、聖杯を集めきり、青年団の地位をゆるぎないものにするのだ!

 このゲームは、互いに正体のわからないプレイヤー同士が、味方を探しながら敵に悟られることなく目的のアイテムを集めるという、人狼タイプの協力ゲームとでもいうべき画期的なゲームです。最後まで誰も脱落せずに、推理を楽しめるところが特長です。

 人狼タイプなのに、全く新しいシステムを使った協力ゲームです!

リメイク前、オリジナルの設定は以下のとおりです。
雨の中、濡れた峡谷を御者が山へと馬を駆り立て走らせていた。稲光が巨大な城の姿を浮かび上がらせていた。悪魔の城だ。2つの強力な組織のいずれかに属している乗客たちは互いにどちらの組織に属しているのか見極めようとしていたというテーマのカードゲーム。いずれか1人が勝利を宣言したら、ゲーム終了です。そして、勝利条件を満たしていたらそのチームの勝利で、満たしていなかったら反対側のチームの勝利です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
  2. オグランド(Oguland)オグランド(Oguland)
マイボードゲーム登録者
  • 26興味あり
  • 90経験あり
  • 7お気に入り
  • 107持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル悪魔城への馬車
原題・英題表記The Castle of the Devil / Die Kutschfahrt zur Teufelsburg
参加人数4人~8人(20分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

129名が参考
(2021年01月22日 09時15分)
ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!悪魔城への馬車は、最初は誰が同じチームかも分からないなかチームメンバーを見つけ、勝利に必要なカードをチームメンバーで集める正体隠匿型のチーム対戦型の面白いカードゲームです!徐々...
続きを読む(オグランド(Oguland)さんの「悪魔城への馬車」のレビュー)
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
248名が参考
(2017年08月11日 22時57分)
悪魔城に向かう馬車の中、お互いの正体が分からない2つの組織が自分の役職がお互いの腹をさぐりながら勝利を目指します。手番では相手の手札を見るか、手札を交換を投げかけるか、相手を襲う(自分の攻撃マークの数が相手の守備マークの数を上回れば勝ちに)ことができる。相手を襲い成功勝った...
続きを読む(紙の城:亞猫【あにゃん】さんの「悪魔城への馬車」のレビュー)
仙人
紙の城:亞猫【あにゃん】
紙の城:亞猫【あにゃん】
308名が参考
(2017年08月04日 09時39分)
2006年発売の、ドイツ、アドルング社版ではなく、2010年にイタリアで出された第2版の日本語版です。人狼系ゲームの中では、かなり優秀です。普通は「悪魔城」のゲームと言ったら、皆んなで悪魔城へ突入し、どうやって悪魔を倒すか?がテーマになるはずですよね。でも違うんですよ!この...
続きを読む(Bluebearさんの「悪魔城への馬車」のレビュー)
Bluebear
Bluebear
320名が参考
(2016年12月25日 08時53分)
通常ゲームの中で我々プレイヤーは戦い、探検し、隠された財宝を探し、囚われの姫を救ったりするわけですが、このゲームはその前段階、「魔物の巣食う悪魔城に到着するまでのイザコザ」を描いた変わったゲームです。悪魔城に向かう馬車にたまたま2つの対立する組織の人員が乗り合わせてしまいま...
続きを読む(Furukawa Sorwhichさんの「悪魔城への馬車」のレビュー)
勇者
Furukawa Sorwhich
Furukawa Sorwhich

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

33名が参考
(2021年01月22日 09時17分)
最初は誰も状況を分からないので、思い切って攻撃をしてみて徐々に状況を把握するしかないので、攻撃を選択することも一つの手です。
続きを読む(オグランド(Oguland)さんの「悪魔城への馬車」の戦略やコツ)
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)

ルール/インスト 1件

239名が参考
(2018年10月13日 16時38分)
■手番のアクション(どれか1つを実行する。)①スパイする・1人のプレイヤーを選び、そのプレイヤーの手札をランダムに1枚選び、他のプレイヤーには見せないよう自分だけ内容を確認し、元のプレイヤーに返します。②アイテムをトレードする・他のプレイヤー1人に自分のアイテムを1つ伏せて...
続きを読む(Bluebearさんの「悪魔城への馬車」のルール/インスト)
Bluebear
Bluebear

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿