マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~8人
  • 20分~40分
  • 10歳~
  • 2006年~

悪魔城への馬車Bluebearさんのレビュー

289
名に参考にされています
2017年08月04日 09時39分

2006年発売の、ドイツ、アドルング社版ではなく、2010年にイタリアで出された第2版の日本語版です。

人狼系ゲームの中では、かなり優秀です。

普通は「悪魔城」のゲームと言ったら、皆んなで悪魔城へ突入し、どうやって悪魔を倒すか?がテーマになるはずですよね。

でも違うんですよ!

このゲーム、悪魔城に『着くまで』のやり取りがゲームなんです!

二つの陣営が、悪魔城で必要な重要アイテムを巡って、乗り合わせた馬車の道中で、暗闘を繰り広げるのです!

実際、悪魔城は全く出てきません。(笑)ものすごい発想です。

二つの陣営に分かれて、互いに疑心暗鬼になりながら、手掛かりを探り合い、勝利アイテム3つを確保する事を目指します。(相手をやっつける訳ではない所がミソ)
カードのやりとりがメインなので、会話が必須ではないので、そこのハードルは低いです。

第2版になって手番に『パス』が無くなり、代わりに『スパイ』といって、相手の手札のアイテムカードをランダムに1枚だけ、こっそり見る事ができる行動が加わりました。

これにより得られる情報が停滞しないため、進行がとてもスムーズになり、収束性が高くなりました。

全体的に、ルールは難しくないですが、本気で考え、推理しなければならないので、とても盛り上がり、楽しいですが、大脳が疲れます。

8人でできて、脱落者のいない人狼系ゲームの中では、かなりオススメの作品です!

霧が晴れるようにジワジワと敵味方の情報が明らかになってくる様子は、なかなかの快感ですよ!

ただし2つほど欠点を。

①推理戦のチーム戦なので、情報が混乱して、「もうわかんねー、テキトーでいいや」と、誰か一人でも投げやりになると、同じチームがマジで迷惑します。
そういう意味では好みが分かれるゲームです。

②日本語版は、ダークなタイトル、ダークな設定、ダークなイラスト。これらを全てぶち壊す、コミカルな脱力ネーミング!
しばらくやる気にならず、一時期マジでシールで張り替えようかと考えてました。(アークライト社らしいとも言えるんですが…)

これが許容できるかどうかで、開始モチベーションが大きく変わりますよ〜〜

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 紙の城:亞猫【あにゃん】
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 22興味あり
  • 86経験あり
  • 7お気に入り
  • 104持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル悪魔城への馬車
原題・英題表記The Castle of the Devil / Die Kutschfahrt zur Teufelsburg
参加人数4人~8人(20分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿