• 4人~8人
  • 20分~40分
  • 10歳~
  • 2006年~

悪魔城への馬車紙の城:亞猫【あにゃん】さんのレビュー

117
名に参考にされています
2017年08月11日 22時57分

悪魔城に向かう馬車の中、お互いの正体が分からない2つの組織が自分の役職が

お互いの腹をさぐりながら勝利を目指します。

手番では相手の手札を見るか、手札を交換を投げかけるか、相手を襲う(自分の

攻撃マークの数が相手の守備マークの数を上回れば勝ちに)ことができる。

相手を襲い成功勝ったほうが相手の陣営をみるか相手の手札を見て1枚うばうことが

できる。交換を拒否されると襲撃の時に有利になる等、陣営が明らかになってからも

駆け引きが楽しい。赤チームは聖杯、青チームは鍵を3つ集めるのが目的。

説明書を見ると難しそうだなぁとたじろいだが友人の説明でやってみたが
意外に簡単でした。正体は結構早い時点でバレちゃうので持ちカードの奪い合い
がメインになってくる。アイテムが揃った時点で勝利宣言すればいいのだが、
それを阻止するアイテムや交換してもらうことで手札を1枚を受け取れる等、
カード効果もさまざまで飽きずに楽しめます。ひとつ残念なのがチーム名が
ダサい、がっかりするほどダサいざす。

紙の城:亞猫【あにゃん】さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 49経験あり
  • 3お気に入り
  • 55持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル悪魔城への馬車
原題・英題表記The Castle of the Devil / Die Kutschfahrt zur Teufelsburg
参加人数4人~8人(20分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

悪魔城への馬車のレビュー

  • 186
    名に参考にされています
    2017年08月04日 09時39分

    2006年発売の、ドイツ、アドルング社版ではなく、2010年にイタリアで出された第2版の日本語版です。人狼系ゲームの中では、かなり優秀です。普通は「悪魔城」のゲームと言ったら、皆んなで悪魔城へ突入し、どうやって悪魔を倒すか?がテーマになるはずですよね。でも違うんですよ!このゲーム、悪魔城に『着くまで』のやり取りがゲームなんです!二つの陣営が、悪魔城で必要な重要アイテムを巡って、乗り合わせた馬車の道中で、暗闘を繰り広げるのです!実際、悪魔城は全く出てきません。(笑)ものすごい発想です。二つの陣営に分かれて、互いに疑心暗鬼になりながら、手掛かりを探り合い、勝利アイテム3つを確保する事を目指し...

    Bluebearさんのレビューを読む
  • 110
    名に参考にされています
    2016年12月25日 08時53分

    通常ゲームの中で我々プレイヤーは戦い、探検し、隠された財宝を探し、囚われの姫を救ったりするわけですが、このゲームはその前段階、「魔物の巣食う悪魔城に到着するまでのイザコザ」を描いた変わったゲームです。悪魔城に向かう馬車にたまたま2つの対立する組織の人員が乗り合わせてしまいました。誰がどちらの組織に属しているのかは一切わかりません。悪魔城に潜む魔物を討伐するという目的は同一ですが、着くまでにどちらの組織が主導権を握るのかだけはハッキリとさせねばなりません。といった世界観。人狼系ゲームのようにゲームを通して敵味方を探りながら権力の象徴である「聖杯」または「鍵」を味方陣営に集め、「勝利宣言」を...

    Furukawa Sorwhichさんのレビューを読む

紙の城:亞猫【あにゃん】さんの投稿

会員の新しい投稿