マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~8人
  • 20分~40分
  • 10歳~
  • 2006年~

悪魔城への馬車Furukawa Sorwhichさんのレビュー

120
名に参考にされています
2016年12月25日 08時53分

通常ゲームの中で我々プレイヤーは戦い、探検し、隠された財宝を探し、囚われの姫を救ったりするわけですが、このゲームはその前段階、「魔物の巣食う悪魔城に到着するまでのイザコザ」を描いた変わったゲームです。

悪魔城に向かう馬車にたまたま2つの対立する組織の人員が乗り合わせてしまいました。誰がどちらの組織に属しているのかは一切わかりません。悪魔城に潜む魔物を討伐するという目的は同一ですが、着くまでにどちらの組織が主導権を握るのかだけはハッキリとさせねばなりません。

といった世界観。

人狼系ゲームのようにゲームを通して敵味方を探りながら権力の象徴である「聖杯」または「鍵」を味方陣営に集め、「勝利宣言」を行うことが目的となります。

世界観もそうですがルールもやや特殊で慣れるまで多少時間がかかるかも。

時間に余裕がある時にボードゲーム中級者以上の固定メンバーで繰り返し遊ぼうという時にプレイするのをオススメします。

メンバーの出入りの度にルールを説明するのはストレスだし、初心者にやらせたら「ボードゲームってなんて難しいんだ!」と思わせてゲームそのものを敬遠されることになりかねません。

ただ、これそのものは決して悪いゲームではありません。実際、初プレイ時でもコツがわかってきた後半戦は非常に盛り上がりました。人狼系正体秘匿ゲームの今後の発展の可能性を感じさせるゲームだと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Furukawa Sorwhichさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 53経験あり
  • 4お気に入り
  • 61持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル悪魔城への馬車
原題・英題表記The Castle of the Devil / Die Kutschfahrt zur Teufelsburg
参加人数4人~8人(20分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Furukawa Sorwhichさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク