マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 45分~60分
  • 14歳~
  • 2019年~

ダズリング・ダイスラインkanamatanさんのレビュー

115
名に参考にされています
2019年06月16日 22時23分

 ワーカープレースメント、ダイスドラフトのメカニクスに必要最低限の要素だけに絞り盤面に落とし込んだ作品。綺麗な見た目に反してかなりシビアなゲーマーズゲーム。

 1時間で終わるボリュームだが、精神的な重さは3時間級と対して変わらないレベル。


写真:シンプルで洗練されたコンポーネント


 良い点と悪い点を語っていこうと思う。

 

良い点

 ・ルールが簡単

 ラウンド制。毎ラウンド頭にスタピが振った4個1組ダイスラインから使いたいセットを選び決まったワークスペースに配置するだけ。ダイスは色と出目に応じて置けるエリアが決まっている。赤が終了時の追加点、緑がフリーアクション兼ラウンド中に加点するためのパズルタイルの獲得、灰色が出目や手番順操作などのサポートと役割が明確に定められている。また、全体的に得点要素も少ないので初心者でも理解しやすい。


 ・見た目がきれい

 上の写真だと発色がイマイチだが、実物は色合いがキレイでシンプルなデザインと相まって機能美を感じさせる。


 ・シンプルでシビアなゲーム性

 エアシップシティなどのゲーマーズゲームを出しているサークルだけあって今回もかなり厳しいゲームデザイン。アクションの選択肢と手番の少なさから1ラウンド目からきめ細かに方針を練らないといけないタイトなルールになっている。1手のミスで下手すると挽回が不可になるほどの失敗につながることもままある。


悪い点

 ・見た目に反したシビアさ

 上記の良い点と矛盾しているが、ゲーマー以外からすると見た目に釣られて遊んだらきつ過ぎて辛い目に合うことになってしまう。オープン会で見た目からやってみたいと言われて立てたら実際にそう言われてしまった。 


 総合的にゲーマーズゲームとして堅実にまとめられた作品。

 ワーカープレースメントとダイスドラフトにおける勝つために必要なエッセンスが詰まっているため、このゲームに強くなると恐らく他のゲームも強くなると思われる。無駄な手番をして負ける意識がある人は一度この作品をしっかり遊んでみると勝つために必要な動き方が学べる、かもしれない。

 

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • あいく
  • Nun Nori
kanamatanさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 16経験あり
  • 3お気に入り
  • 18持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルダズリング・ダイスライン
原題・英題表記Dazzling Diceline
参加人数3人~4人(45分~60分)
対象年齢14歳から
発売時期2019年~
参考価格5,400円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

kanamatanさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク