マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 45分~75分
  • 12歳~
  • 2018年~

エマラの王冠荏原町将棋センターのリプレイ日記(2020年7月22日)

39
名に読まれています
2020年07月25日 17時24分

2人プレイ 先手:黄 後手:赤 (手番はラウンドごとに交互)

以前から弱いと思っていたパン特化戦略の初期値を7にして、助言者の学者と家令のコンビ戦略と戦いました。

第0ラウンドのイベントカードは、「長い夏」!

悲鳴が上がります。これはBVP初期値25という難易度の高いスタート位置。まあ、夏だし、ちょうどいいですか…

↓初期配置を決めるための第0ラウンドのイベントカード。準備が終わったらこのカードは捨てられ、次のカードが第1ラウンドの共通の効果となります。トラックにある家の駒がBVP、人の駒がSVPです。(SVPは0にいます)

初手から何をしていいか分かりませんが、郊外で資源を取るか、大聖堂や城への献上品が初期値1のときに行っておくというのが分かりやすいと思います。あるいはイベントカードに沿ってアクションするのも流れに逆らわないいい作戦です。アクションカードの9枚セットの中には、印章指輪があります。黄は最初の3枚にそれがありましたので、早速、印章指輪を1つもらい、移動は小麦へ。(小麦+1)。印章指輪を男爵に換え、即即位笑。3SBP入ります。赤は、大聖堂で本と恩恵タイルをもらい、木材小屋に職人を置きました。職人とは、資源を+1にする駒です。赤は次回から木材2もらえます。黄も小麦小屋に職人を1人置きました。次に赤は学者を取りました。学者の能力は、どんな助言者または職人も、数さえ合っていれば任意の資源で雇える、というものです。

↓第1ラウンドの町の様子。下の建設現場のパンの初期値を、最高値の7にしています。(本当は2人用は5)

第2ラウンドでは、先手になった赤が、城で集めていた印章指輪で男爵から子爵(6SVP)、伯爵(10SVP)まで一気にアップグレード。この隙に黄は、小麦小屋に3人の職人を独占することに成功!

第3ラウンド。黄は木材を大量に集め、3木材10BVPや助言者大工(10BVP)を使ってBVPを先にどんどん上げていきます。赤は、資源−1のアクションカードで家令を取りました。任意の資源で、しかも−1ですからカードが取りやすいのです。そして、この家令の能力なんですが、自分の顧問官(ロンデルを廻る人)がどこにいても、好きな場所の助言者が雇えるというもの。通常、助言者や職人を雇うときは顧問官のいる場所でないといけないのですが、これで赤は、どの場所にあるカードでも好きな資源を払って雇うことができます。

↓第3ラウンドの赤の資源と郊外の様子。このたくさんの資源のうち、小麦、石、布を使って家令を購入。家令に必要な資源と合っていないのですが、学者のおかげで購入できるのです。小麦小屋には黄の職人が3人立っています。奥の木材小屋には赤2人黄1人の職人がいます。このように、職人を立てるなら、特に木材がオススメです。黄は前半終了時、BVPを60まで引き上げました。赤のBVPは45で出遅れていますが、3木材あるのでこれを10BVPに換える予定です。

第4ラウンド。赤は、3木材と石を同時に変換し、15BVPを獲得。一気に黄色の60BVPに追いつきました。黄は、大量に貯めていた小麦をパンに変換。

↓第5ラウンド。黄色の陣営。黄は、建設現場で3つのパンを21SVPに変換!黄色も、やりたかったパン戦略ができました。真ん中のカードは裏になってますが、使用済みの大工。左下は未使用の恩恵カードです。赤は30SVPしかなく、この後、学者と家令のコンビでフリーダ卿(12SVP)、マリー卿(8SVP)を得て50SVPになりますが、先行するBVPに追いつくのでしょうか。

↓最終ラウンド。赤の陣営。赤は、この後、本1冊を城で5BVPに変換、木材1つを5BVPに変換し、70BVPでSVPを待ちますが、金が1枚足りず侯爵(15SVP)即位を断念。結局70BVPに追い付かず66SVPで終了しました。微調整を加えたら、結局赤は68VPとなりました。一方黄は、伯爵(8SVP)に即位した後、本を売り、さらに2枚のパンを焼いて変換に間に合い12SVPを追加。80で待っていたBVPを抜かし、結局微調整の後、81VPになりました。

赤は、即位できると思っていた侯爵になれなかったのが残念でした。侯爵に即位するには印章指輪1つと金が2枚必要なので(さらに公爵に即位するには印章指輪2つと金2つ必要)、結構計画通りロンデルを動かすのが難しいのです。

今回はパンの初期値を7にし、しかも小麦小屋の職人を独占したので、パン戦略が功を奏しました。しかし、デフォルトの5に戻して、小屋にも職人2人配置で、パン戦略は勝てるかどうか…。学者と家令のコンビに大差で勝ったので自信を持っていいはずなのですが…。徹底してもっとパンを焼けばよいのかもしれません。でも、手数が掛かりすぎて、すごく勇気が要ります笑

美しい夕景の得点ボードです……

いつの日か、上級ルールのリプレイがしてみたい…笑

勝敗プレイヤー名最終得点
荏原町将棋センター

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 1人
2020年07月22日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 62興味あり
  • 143経験あり
  • 27お気に入り
  • 97持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルエマラの王冠
原題・英題表記Crown of Emara
参加人数1人~4人(45分~75分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

荏原町将棋センターさんの投稿

会員の新しい投稿