マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2003年~

コロレット大吉さんさんのレビュー

91名 が参考
1名 がナイス
23日前

★★★Excellent!!


クニツィアのヴァンパイアにちょっと似ている。

カードをどこに置くかとか、タイミングを見てカードを引き取るところとか。

ヴァンパイアはシンプルなゲームでしたが、それよりもさらにシンプル!

これ以上ないくらい簡単なルール。でも、いろいろと考える。テンポがよくてサクサク進む!プレイしていて気持ちいい!

できるだけルールを簡単にして、選択肢の多いゲームを作るところはクニツィアと似ている。

3人プレイだと、共通の場にカードを置ける場所が3ヶ所あります。各場所には、最大3枚までカードが置けます。

3人の場合は6色のカードを使います。同じ色のカードを集めると、どんどん点数が高くなります。

でも点数になるのは3色までで、4色目以降のカードはマイナスになる。これも同じ色が増えると、どんどんマイナス点になる!

なので、できるだけ3色のカードだけを数多く集めたい。4色以上増えてしまったら、そのカードはできるだけ少なくしたい。

まずは、2択。

1つは、山札からカードを1枚引いて、3ヶ所の内あいている好きな場所に置く。3枚置いていたら、その場所には置けない。

もう1つは、カードを引く代わりに、3ヶ所の内どれか1ヶ所のカードを全部引き取る。

早々に引き取ったら1枚だけの時もあるし、最後まで粘ると3枚手に入る。

2択の中にも、引いたカードをどの場所に置くかとか、どのタイミングでどの場所のカードを引き取るかという事があるので、意外と選択肢は多い。

引き取ったカードは自分の前に、色事に分けて少しずつずらして重ねておく。

カードの色はカラフルで、他のプレイヤーがどの色のカードを集めているか一目で分かる。

場所ごとにカードを置いていくのは3人の協同作業なので、(3人プレイの場合)それぞれの思惑がぶつかり合う!

配置場所の3ヶ所が、A、B、Cだとしたら、その内どこかの場所に自分が欲しいカードを集中させて、まとめて引き取りたい。

場所Aに他のプレイヤーが集めているカードが既に2枚置いていたら、3枚目に必要なさそうなカードを置いてやる。

場所Bに欲しいカードが2枚置いてあるので、人に邪魔される前に3枚目を待たずに2枚だけで引き取る。

自分の欲しいカードだけを取りたいし、他のプレイヤーには良いカードを取らせたくない!

こう言う事を3人ともが考えているので、なかなかに熱い勝負になる。

カードは1色につき9枚しかないので、人と集めている色がかぶると、取り合いになって点数が伸びにくい。

3人だと6色のカードを使うので、必ず色が人とかぶります。なかなかいやらしくできていています!

人が集めているカードの把握と、カードを取るタイミングの良し悪しで、けっこう実力差が出たりもする。

3人プレイはもちろん面白いですが、2人用ルールでも面白いのはいいですね。

2人プレイはお互いの出したカードを見合いながら、かなりガチンコの勝負になります!

時によっては自分に必要なカードでなくても、相手に得点させないためにマイナス点覚悟で引き取ったり、カウンティングも有効です。

カウンテングは苦手で基本的にはしない方ですが、このゲームは易しい。

同じ色が9枚しかない事を知っていれば、お互いの出した同じ色のカードの数を合計したら、あと何枚山札から出てくる可能性があるか、ある程度予想できます。

得点計算方法は2種類あります。基本ゲームでは、獲得枚数が増えるごとに加速してどんどん点数が伸びます。これは気持ちよくて面白い!

得点計算表の裏面(背景は紫色)の方式では、得点できる3色のカードであっても取りすぎると減点されるので、ものすごく地味なゲームになってしまうのでイマイチでした。

手札を持たないので待ち時間もほとんど無く、ハゲタカのえじきやニムトよりもプレイしやすい。このサクサク感はクセになる!で、飽きない!

子どもでも簡単に分かるルールなのに、大人でも面白いのは素晴らしい!

安くて、うまい!と同じくらい素晴らしい。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
18toya
コロレット 新日本語版
コロレット 新日本語版の通販
カラフルなカメレオンでとびきりのジレンマを味わえるカードゲームです
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,500(税込)
大吉さん
大吉さん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 309興味あり
  • 2211経験あり
  • 456お気に入り
  • 1427持ってる
プレイ感の評価
運・確率31
戦略・判断力41
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ9
攻防・戦闘0
アート・外見11
作品データ
タイトルコロレット
原題・英題表記Coloretto
参加人数2人~5人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2003年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大吉さんさんの投稿

会員の新しい投稿