マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
コロレット
  • コロレット当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2003年~

コロレット / Coloretto の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
カラフルなカメレオンでとびきりのジレンマを味わえるカードゲームです
  • ミヒャエル・シャハト(Michael Schacht)作

 カードは、7色のカラーカードと、どの色のカラーカードとしても使えるジョーカーと「+2」カードです。プレイ人数分裂カードをテーブルに並べ、すべてのカードをまとめて伏せた山にします。

 手番になったら、伏せた山の一番上のカードをめくるか、テーブルの上のカードを1列取るかをします。伏せた山のカードの一番上をめくったら、いずれかの列カードに表にして並べて置きます。ただし、どの列も列カードのほかに4枚以上のカードを並べることができません。つまり3枚のカードが並んでいる列にはもうそれ以上置けないのです。すべての列に3枚のカードが並んでいたら、このアクションは選択できません。テーブルの上のカードを1列取る場合は、列カードを残して、最大3枚並んでいるその列のカードすべてを取って、いったんゲームから抜けます。取られた列にサイドカードを置くことはできません。すべてのプレーヤーが1列ずつ取ったら、ゲームを再スタートします。これを数ラウンド行って、伏せた山のカードがなくなったら、得点計算です。取ったカードはすべて得点計算しなければなりません。7色のカードの内、3色はプラス点として計算できますが、4色目以降はマイナス点となります。

 それぞれの色のカードは、1枚なら1点、2枚なら3点、3枚なら6点と加速度的に多くなります。つまり同色をたくさん持っていると高得点になるのです。その逆にたくさんの色を少しずつ持っていると、それぞれの色に対して低い得点になるだけではなく、4色目以降はすべてマイナス点になってしまいます。できるだけ同じ色のカードを集めるようにしたいものです。

 ほしいカードなら、1枚か2枚でも取って、いったんゲームから抜けるか、もう少し待って、ほしいカードが3枚そろった列を取るかがジレンマです。

 なお、「+2」カードは、単に1枚2点になります。

 カラフルな10周年記念版の日本語版です。

コロレットに14件の書き込みがあります

209
名に参考にされているレビュー
2017年02月02日 22時50分

 

黄色・赤色・緑色・・・

色とりどりのカメレオンをたくさん集めよう。

だけど3色以上はちょっと世話が大変。何事も程々が肝心だ。


コロレット

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:20分
評価:☆☆☆☆ (☆5で満点)



ドイツゲーム大賞をとったゲームに、「ズーロレット」というのがあるが、このゲームに似ているんだろうか?

とりあえず安いので買っておいたこのゲームを、お盆休みに開封してプレイ。



3人プレイ用セットアップ完了後の様子。各自にサマリーとして得点表を配り、場には3枚の列カードを並べる。



残りのカードをよく切り混ぜ、山札とする。下から15枚めに「ゲーム終了カード」をはさみセットアップ完了。

このゲームは手札がない。山札を次々と引いていき、さっき挟んだ「終了カード」がめくられたら得点計算となる。


自分の手番にできることは2つ

a) 山札をめくり、列に並べる
b) どれか一列を獲得する。

これだけだ。とても簡単なルールである。では考えどころがどう発生するのかというと



1) 1つの列には、3枚までしかカードは置けない
2) 獲得カードのうち、3色まではサマリー通りのプラス点となるが、4色目からは逆にマイナス点となる。
3) カードの配置と獲得は、どちらか片方しか出来ない。

ということだ。つまりカードをめくって自分の集めている色が出たのはいいが、獲得できるのは次のターンなので他の人にいらない色を置かれてしまうのだ。列を引き取るときはまるごと引き取らなくてはいけない。

列はいつ獲得してもいいので、、1枚欲しい色が配置された時点で獲得するか、2枚~3枚と貯まるのを待って高得点を狙うか・・・。単純だがジレンマが発生する。

一度カードを獲得してしまうと、残りのプレイヤーが全員カードを獲得するまでゲームには参加できない。欲しいカードが出ても見ているだけ。



また、獲得したカードは色ごとに自分の前に公開しておく。これを見て相手の欲しい色、要らなそうな色を考えながら配置していく。



サマリーカード。同じ色が一枚増える毎に、三角数の要領で得点が増えていく。



カードには特殊なカードが混じっていて、右はどの色としても使えるジョーカー。ちなみにゲーム終了時にどの色として使うか選べる。とても便利。

左は単純に+2点として扱われるカード。獲得した列が、ほしい色2色とこの+2点だったりすると大変嬉しい。

--------------------------------------------------------------------------------


大変切れ味の鋭いカードゲーム。今回は3人プレイだが、4~5人でやったほうが面白そうな予感。

考えどころがニムトやハゲタカのえじきより少し多いので、 

6ニムト or ハゲタカのえじき → コロレット → ボーナンザ

とステップアップし、友人をボードゲーム愛好家に転身させましょう。面白さがわかってくれたら、きっとカタンやカルカソンヌも「やってみたい!」といってくれるはず。

続きを読む
閉じる
191
名に参考にされているレビュー
2018年07月15日 23時09分

みんなで意地悪して、みんなでつらい思いをするさわやかなゲームです。

めちゃくちゃ面白いですよ。


カメレオンの7色9枚ずつのカードがあって(それ以外のイレギュラーカードもあるけど)、カードを集めていくゲームです。

3色まではプラス得点になるけど、4色目以降はマイナス点になります。

なるべく3色に抑えて集めていきたいけど、そうさせてもらえないー!というゲームです。


人数分のカード置き場があって、

アクションでできることは、

⑴山札からカードを1枚めくって、カード置き場のどこかに置くか、

⑵カード置き場のカードを自分のカードにするか、

の2種類だけです。

カード置き場には3枚までカードが置けます。

全てのプレイヤーがカード置き場からカードを取ったら次のラウンドです。



カードをめくって、自分だけ得になるカード置き場を作れたらめちゃくちゃラッキー。

そうでなければ、自分以外の人が得をしないようにカードを配置します。

ここが面白いと思います!

全部が公開情報で、自分もほかのプレイヤーも何色が欲しくて、何色がいらないのかわかるので、どこに置いたら邪魔なのかもわかるけど、あえて、邪魔なとこに置いていいのが楽しい。

それによって、個人攻撃になったりもしないので、ギスギスしないのが気持ちいいですよ。

ほかの人が意地悪に置いたカードを、「あなたが私なら私もそうする」っていう納得感を持って受け止められるので、空気がよどまない。


3枚までカード置き場に置けるけど、嫌なカードを置かれる前に1枚2枚で取ってしまうと、火力が足らずに勝ち逃げできないゲームバランスもいいですよね。


日常生活ではできないような心の動きとか、アクションができるのがボードゲームの醍醐味かなと思ってるので、

戦略的にからりとさわやかに意地悪なアクションできるこのゲーム大好きです。


インストも短いし、ブラフ要素もないし、ボドゲ初心者でも、あまり人を選ばずできるゲームという点でもおススメです。

続きを読む
閉じる
187
名に参考にされているリプレイ
2019年02月18日 12時41分

中百舌鳥ボードゲーム 会にて、3人プレイ

僕だけ経験者で、あと二人は初プレイのだったので解説しながら。

とはいえ僕も久々で、いいゲームってことしか覚えてないなあ。

やりながら、思い出して来たけど、これって、1点減点ぐらいっていいんだっけ?

結局わからんかったので、カード取りまくって、全色制覇という情けなさ

なんと、インスト最下位、なんだこりや、お手本も何もないなあ。


まあ、ほんといいゲームなんで、次は本気でお手合わせ願いたい。なーんて、完全な負け惜しみです。

続きを読む
閉じる
175
名に参考にされているレビュー
2017年11月20日 01時34分

ルールは簡単で自分のやるべき道筋もわかりやすい。獲得したカードもめくったカードも全て公開情報なので余計なことをあれこれ考えなくてもよい。時間は軽すぎず20分くらい。

カードをめくるか列を取るかの2択だけなのに悩ましい。安全に列を取ると次のカードがジョーカーだったり、逆に欲張ってめくると全然いらないカードだったりして思惑通りに行かず、アクションをする度にワイワイ盛り上がれる。

しかし、考えてみるとジョーカーをめくってもその手番には取れないし、いらないカードは好きな場所に置けるし、いったいどうするのが最善なのか? と考えるのも楽しい。結局、たなぼた的にうまいところで自分の手番が来て列を取れるのがいいのだろーか。

この、「列を取ると山札めくれないが、山札めくると列を取れない」というのがとてもうまく機能している。欲しいカードは他人に出してもらうというか、自分のアクションではなかなか自分に還元しにくい、という本質がたくみに隠されている気がする。


色んなボードゲームはあるけど、ジレンマ、という言葉がコロレットには特に当てはまるゲームだな。最後まで列を引き取らないと、限界までめくり続けることができて、ギャンブル的な楽しさもある。老若男女問わず楽しめるカードゲーム。カメレオンのカードも非常に美しい。

最終ラウンドはいつか大体分かる、というのはいいのかどーかは分からないけど。少しだけ難を言うなら、山札から何が出てくるかは完全に運なので、運の要素は若干強いか。すべてオープン情報で心理戦要素も無いのでやることが分かりやすすぎるんじゃないか、というのはおれのわがままか。


とはいえ、総合的にみると非常に良いゲームだと思う。めちゃくちゃ頭脳戦って感じではないが自分との葛藤? を楽しめるし、攻撃的ではないので平和にワイワイと進む。

2人プレイ用の専用の列カードがあるので2人だと違ったプレイができるのも良い。点数のシステム等は他のコロレットシリーズに受け継がれているので、うまく考えられているのでしょう。

続きを読む
閉じる
157
名に参考にされているレビュー
2017年11月09日 00時53分

先日4人でプレイした感想です。
3色まではプラスポイントだけど、それ以上の色数のカードはマイナスポイントになるゲームです。
自分のターンにプレイできることは、山札からカードを引いて場に置くか、または場の好きな列に最大3枚まで並んだカードを引き取るかの2つ。
カードは大きく3種類で、7色あるカメレオンカードと、何色にもできるオールマイティの効果があるジョーカー、得点に2ポイント加点するカードの3種類だけで、ジレンマたっぷりのゲームが展開されます。
各プレイヤーの思惑をどうにか読み切りながら、自分の得点をどう伸ばしていくのかを考えいくのが非常に楽しいです。
ミヒャエル・シャハトらしく切れ味鋭くも、皆んなでワイワイと楽しめるゲームだと思います。

続きを読む
閉じる
142
名に参考にされているレビュー
2017年01月23日 16時00分

 詳しい所やルールの内容等は他の方のレビューを参考になさって下さい(笑)

 、、、じゃあお前は何を書くんだ、という事なのですが、僕が声を大にして言いたいのは

『老若男女すべからく評判が良い!』と言う事です!!

 初めてボードゲームをやる友人(その中には、頭を使うのが好きな奴も嫌いな奴もいました)、更にはうちの60代の両親や叔母等、色々な人とやってみたのですが、複数やってもらったゲームの中でこれが面白い!という打率が圧倒的に高かったのです。

 特に驚いたのは、あの有名な『ラブレター』の役職による能力を覚えるのも大変な60代達が、1回やればすぐにルールとコツを覚えられ、2回目からは割と肉薄したアツい戦いが繰り広げられた事でした。

 なのでこのゲームは、誰とでも楽しく遊べるので、とりあえず持っとくべき!だと思います(値段も安くて箱も小さいですしね)。初心者の方にもオススメです。

☆個人的評価☆超良い+

続きを読む
閉じる
133
名に参考にされているレビュー
2017年01月25日 19時34分

がデザインされた美しいカードゲームです。

しかもルールがとっても簡単で、初めてやる人にも説明時間5分ですぐに始める事が出来ます。

手番でやる事は二択で、カードを並べるか取るか。それだけです。でもカードを取る時は一列全て取らなくてはいけないので、いらない色のカードを取らざるを得ない事もしばしば。それを狙ってわざといらなそうなカードを置いてみると「おいー!そこにピンク置くなよぉ~」とかそんな盛り上がり方をするゲームです。置いた方は「してやったり」のニヤニヤ顔(笑)

このゲーム、3コロと言う言葉があるくらい3人プレイがしっくりきます。もちろん2人とか4人とかでも十分遊べるんですが、やってみると3人プレイのテンポ感がちょうど良いです。個人的には2人専用ルールで遊ぶ2人プレイも好きですが、やはり一番は3コロですね♪

続きを読む
閉じる
124
名に参考にされているレビュー
2017年04月20日 22時28分

4人でやる場合はテーブルに4枚の目印カードをおき、順番に、ひとりづつ山札から1枚めくって目印カードの横においていきます。一つの目印カードの横には最高3枚までしかおけません。 3枚おいていなくても欲しいカードがあればそのカードをとってそのターンを終ってもいいです。とったカードの目印カードを横にして残りの人がその他の3つの目印カードの横のカードをとるまでやります。全員がカードのをとったら1ターン終りになります。

7色のカラーから3色を最大で6枚集めれば最強になります。4色目以降はマイナス点になるのでできるだけとらないようにします。同一色は1枚だと1点、2枚だと3点、3枚だと6点、4枚だと10、5枚だと15点、最高の6枚だと21点というように枚数を重ねると点数があがっていく。7色のオールマイティーカードはどの色にもなります。2点カードは単純に2点になります。山札の最後から15枚目に入れておくカードがでたら最後のターンとなりそのターンが終わった時点で点数の多い人の勝ちとなります。

相手に同一カードをとらせないで自分はできるだけとるようにしていくことで勝つことができるでしょう。

続きを読む
閉じる
117
名に参考にされているレビュー
2017年01月24日 12時20分

ボードゲーム初心者でも、ゲーマーでも、たまたま居合わせた小学生でも、運と実力がバランスよく考慮されることから、とても受け皿の広い優秀なゲームです。

人が持つ「自分のお気に入りの色を揃えたい」「配色をシンプルにまとめたい」という美的感覚というか、欲求にうまく攻略目標が重なっているので、ルール覚えたてでもすんなり入り込め、いい線にいくことができます。

 

色んな層の集まるゲーム会に持っていけるゲームであり、(私見ですが)「仲間とお酒を呑みながらちびちびやりたいゲーム」でもあります。


ただ、デザインで損をしているゲーム代表でもあって、通常版はかなりリアルなタッチと渋いカラーリング。。。手に取る人を選びます。

クールとは言えなくもないですがね。


ゲームに可愛さ、親しみやすさを求めるなら、断然10周年記念版をオススメします。

チート的ジョーカーカードが増えて、いささかゲームバランスが崩れた感もありますが、(取り合えずジョーカーカード集めれば下位にはならない、というような)そこは抜いたりもできますしね。

気になっている方は買って損なしなゲームです

続きを読む
閉じる
103
名に参考にされているレビュー
2016年04月14日 17時08分

このゲームもボードゲーマーの中では定番ゲームに位置するのではないでしょうか。
使うカードはとてもシンプルに7色の色のカードがメイン。
外のプレイヤーと共有する場で、自分の手番にできることが
場に新たなカードを追加するか、既に作成された場を取るかのどちらかのみ。

つまり、自分で作った場をすぐに自分で取ることはできず、
次の自分の手番まで誰にも取られずに残っている保証はありません。
しかし、場を引き取るにしても他の人が間にカードを追加した場です。
殆どの場合、1つ以上の場が自分にとって有利な場とは限りません。
カードを引くべきか、場を引き取るべきか、
シンプルなルールだからこそ、強烈なジレンマを体験することの出来る優れたゲームです。

続きを読む
閉じる
96
名に参考にされているレビュー
2018年12月11日 16時06分

手番では場のカードをとってラウンドを抜けるか、山札からカードを捲って場に足すかの二択。

場にカードを出したら、当然次の手番までそのカードを得る機会がないため、互いに大きな得をさせないようにけん制しながら場を作っていくことになりますが、時には相手に良いカードをあげて降りてもらい、ラウンド最後の1人になって捲り運にかける…そんな戦略もできます。

通常の得点ルールではマイナス点こそありうるものの、単純にカード枚数を集める方が有利な印象です。より戦略的なじりじりした展開を求めるなら、変則的な得点ルールを採用してみましょう。

続きを読む
閉じる
86
名に参考にされているリプレイ
2018年06月18日 07時17分

2018/06/16 市川ボードゲーム会にてプレイ。

枚数が多い方が得点高いルールでのプレイ。2枚で引き取ることが多かったので結局取れた総枚数が少なかった。点数は伸びず。

続きを読む
閉じる
75
名に参考にされているレビュー
2016年07月07日 21時36分

7色あるカメレオンのカードを獲得し、同色を複数枚集めると点数が高くなり、その点数により勝負します。ただし、加点になるカードは3色まで。意外の色は減点になるので、4色目以降は少ない枚数集めるようにしたいゲームです。カードの取り方はプレイヤーが順番に山札からカードを場に出していくのですが、場には最大3枚までの置ける列があり、途中または3枚になるとカードを獲得できます。つまり獲得したいカードはうまく場に出し、獲得したくない色は避けながらと。ただし他のプレイヤーも同じように考えるので、読みながら、うまくカードを集めて点数を伸ばします。ほどよい駆け引き、思考性で面白いゲームです。

続きを読む
閉じる
64
名に参考にされているレビュー
2019年02月19日 23時32分

単純なルールで奥が深い

もうちょっとオシャレ、かわいい、かっこいい…みたいなデザインならもっと気が出そう

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,500(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 160興味あり
  • 1104経験あり
  • 213お気に入り
  • 814持ってる

チェックした商品