マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分~120分
  • 12歳~
  • 2019年~

ブラック・エンジェル有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中さんのレビュー

158
名に参考にされています
2020年06月20日 13時54分

 私はドゥジャルダンのゲームはトロワトゥルネーしか遊んでいませんが、どちらもかなり好みのゲームでした。私は拡大再生産や一般的なワーカープレイスメントがあまり好きではないのですが、トロワもトゥルネーも拡大再生産の要素が弱く、またワーカープレイスメントとしては変則的で、ワーカープレイスメントの場所早く取ったら強い、ワーカー一杯増やしたら強い、といったありがちな部分を解決する方向でデザインされてるのも私的にはとても興味深く、同じゲームデザイナーのゲームでトロワ的なクソアイコン(失礼)ということもあり、気になっていました。

 ですので、以下のレビューはトロワ・トゥルネーとの比較がメインとなります。未プレイの方には意味がわからないと思います。また、全体的なルールの説明などははしょります。

 では、ブラックエンジェルとはどんなゲームなのか?

 ぶっちゃけますと、トロワとトゥルネーを悪魔合体して、その欠点を何とかしようとしたゲームです。この場合の欠点とはトロワ語のことではありません(ないのかよ!)。なのでトロワ語が嫌いな人にはお勧めできません(笑)。

※なお「ソレニア」はブラック・エンジェルの副産物として出来たゲームなので、ブラック・エンジェルより後です。


 基本はトロワ的なダイスゲーの二重ワーカープレイスメント。重さ的には両方を足してさらに新要素モリモリなので当然圧倒的に重いですが(トロワ・トゥルネー経験者ですが、多分経験していなかったらルール理解できなかったんじゃないかと思います。情報量自体も多いです)、トロワより一個一個のアクションに支払うコストが激減していて、そういう意味では一手一手は軽いです。トロワはとにかくダイス数が正義、ダイス目が正義であり、トロワではこれをダイス購入コストを上げてインタラクションを弱める方向でコントロールしていましたが、序盤中盤でうまくドゥニエを集められれば無視してダイスをぶんどれるので金が正義になりがちな上、ダイス目変換のコストが高いため、1,2の目は捨てられがち。 また、これはBGAで遊んでいて気付いたんですが、トロワってある程度解法があるゲームのようで、イベントカードひたすら取ってればかなり点数を稼げるようなのです(試してないのでわからないが、そういう動きをする上級者プレイヤーを何人か見かけた、位の感じで、確証はない)。

  この点をブラックエンジェルではメカニクス的に以下のルールで緩和しようとしたシステムになっています。

・一度に使えるダイス数を1個にした

・ダイス購入/ダイス目変更のコストを軽くしたこと、 そしてそれぞれに専用のリソースを用意した

 上記によってブラックエンジェルのインタラクションは、強くてかつ軽いものになっていて、これが手詰まり感を薄くしているように感じました。なお殴りすぎると詰む模様。

 また、 トロワにおける「イベントカード摂取による大量得点という解法」は、トロワやトゥルネーのイベントカードに該当する荒廃者カードを、直接には得点に寄与させない事で解決しています。荒廃者カードの回収自体はプライオリティが高いアクションなので、十分にカードを集める意味はあります。トロワにおいてイベントカードの勝利点は相当大きかったので、すでにトゥルネーでその萌芽は見えていた様には思いますが、イベントカードの機能性をあげて、点数力を下げたものが荒廃者カードとは言い得ると思います。しかも取り過ぎると詰む(笑)。


*参照:イベントカードの効能-----------------------

トロワ:勝利点と影響力にのみ影響。カードそのものは手に入れても無得点だが、カードを沢山集めた場合に勝利点がもらえる可能性がある(プレイ人数考慮しても確率最低50%、ただし最大6点なのでイベントカードを独占して入手した場合1枚ないし2枚で大体それくらいもらえる)

トゥルネー:勝利点と、ワーカーの効果で入手した場合には最大4金がもらえる。1枚あたりの勝利点は全て1点。手に入れたカードはイベントカード効果キャンセルに使用でき、ゲーム終了時1枚あたり1点。実質入手すれば1枚2点。

ブラックエンジェル:個人ボードに刺すことで、オールマイティにアクションを発動させられる。何枚集めても0点だが、黒の特殊タイルを入手すれば1枚2点(最大4点)、また、手札から2枚捨てれば勝利点に変換できるアクションもある。なお、場から荒廃者カードが枯れるとゲーム終了(この点から、ブラックエンジェルの荒廃者カードは、トゥルネーにおけるTown Cryerとイベントカードの悪魔合体だとわかる)。

------------------------------------------------------------------------------


 話をブラックエンジェルに戻すと、先行する2タイトルに比してゲーム中の処理はかなり煩雑で、プレイミス頻発&ルールインスト漏れ多発でかなり自分に不利な裁定になってしまったのでぼこぼこにされました。悲しみ。最終得点ではそこまで引き離されなかったので、多分正しいルールでやれればもう少し良い勝負になったのかなと思います。あとやっぱりアイコンわかりにくいよ……。

 初プレイでは、ワーカーは数が正義! とばかりにダイスを増やしまくる戦略を取ったのですが、ワーカーを偏らせて増やした事もあって黄色ダイスが全く場に出なかったため黄色ダイスの取り合いになり、全くタイルが取れなかったこと、またダイスを増やしすぎたせいでワーカーが足りなくなったこと(なお、正しいルールでプレイすれば、ダイスは減らすことも出来ますが、それを説明されたのがゲーム終盤だったのでどっちにしろ無理でした)、デブリの処理を間違えていて全く場にデブリが出なかったので灰ダイスの価値が激減して詰んだので、ブラックエンジェルの裏テーマはワーカー殺しなのではないかと感じた次第であります。


追記※2回目プレイしました。4人プレイ。-----------------------------------------------------

 2度目のプレイでは前回の反省を踏まえてロボットを重点的に増やし、ダイスはむやみに増やさないようにしつつも、得点源である黄色ダイス、そして荒廃者カードを取り除く緑を追加。結局1個ずつダイスを増やしましたが、おかげでみんながダイヤモンドをくれるくれるw 正しいルール裁定でプレイした結果、緑ダイスが大人気の場になりました。正しいルールだとデブリが結構鬱陶しいですね。

 最終的には無事スペズに辿り着き(割と普通にやってるとスペズに着ける気がするんですが、私たちのプレイングは交易が少なかったのかな?)あまり交易はしませんでしたが上級得点タイルで荒稼ぎして無事に勝ちました。

 ダイスを増やしすぎることより、ロボットが枯れる方が致命的なので、ロボットを潤沢に積んでいけばダイスを増やすプレイ自体は弱くはないです。交易はアクションが強ければ価値が高そうですが、結構手順Bが回ってくるのに時間がかかるので、交易からのカード捨てで稼ぐプレイは効率よくないのかなと思いました。


 結論としては「個人的には結構好きだが、一緒に遊ぶには人を選びすぎるので、まあ買わなくていいかなぁ、どうせ遊びたくなったらツレに声かけたらええし……少なくともお初の人を巻き込んで遊びたいゲームじゃないわ」でした。でも好き。先行作のプレイ必須って結構きついんですよね~。トロワが好きだったら好きになれるかっていうと、トロワより重いゲームがきついと多分無理だろうと思うし。

 正直、ミスなくインストできる自信が全くないです。でも好きな人はめっちゃ好きだと思うので、好きだという人は是非一緒に遊びましょう。私もすこ。


 アートワークについて

 とにかくでかい。電力会社もびっくりのでかさ。通常のボードゲームくらいのサイズのボードが二つ並んでさらに個人ボードがあってって完全にわしらこのゲームのターゲットちゃうやんけ! ボドゲ専用のテーブル買わないの? じゃねえよドイツ人めこんなん全部乗るテーブルってベッドかよ!(ドゥジャルダンはベルギー人だけどね)ってくらいクソデカです。知ってた。までもギガフォに比べれば優しいんじゃないですかね(比較対象おかしい)。

 全体的には青~マゼンダカラーのボードで宇宙感を出しつつの、灰色と黄色と緑色のダイス/カードに対応するアイコンがボードにおいてあるんですが、個人的にこの配色バックの青~マゼンダに目を全部持って行かれるので見づらいんですよね~。カードに対応してる緑/黄/灰のカラーを、枠線の色じゃなくてもっとどどーんとべた塗りして欲しかったなー。あともう老眼なんでテーブルの端っこまでタイルの模様見にいかならんかったんで、家庭事情とかあんま関係なくボードがでかすぎだとしょっちゅう席を立たなきゃいけないのでその点でも遊びにくいです……。

 ブラックエンジェル号のマーカーは立体で割とかっこいいんですけど、別にそこでアガるタイプのプレイヤーではないのでどうでも良かったかな……。フィギュアって言うとアガるタイプの人にはまあまあお勧めできそう(雑な観念)

 ところでですね、このゲームのロボットコマなんですけど、なんか色んなものに似すぎてて困惑しませんか? 何に似てると思うかで心の綺麗さがわかると思う。

 私、これロビタに見えるんですよね。

 でも、曖昧な言い方したらかえって言い出しにくくなりました(笑)。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • まつなが
ブラックエンジェル
ブラックエンジェルの通販
人類の未来のため、宇宙船ブラックエンジェル出航!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 9,350(税込)
有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 63興味あり
  • 81経験あり
  • 10お気に入り
  • 100持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルブラック・エンジェル
原題・英題表記Black Angel
参加人数1人~4人(60分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中さんの投稿

会員の新しい投稿