マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2007年~

考古学稲妻老人さんのレビュー

96
名に参考にされています
2018年04月17日 20時24分

私の考えていた考古学とは少し違ったようです。

まさか発掘品を博物館に売却しようとは。

今は多分発掘された国の所有になるのでしょうが、昔はきっと違っていて、発掘者の所有になっていたのでしょう。


まぁ個人的な感想は置いておいて、このゲームでは発掘品をなるべく高く売りさばく事が重要になるという、少し荒んだ内容となっています。

もしかしたらこれも偏見が入っているのかもしれませんが、発掘品の価値を計る尺度として金銭的価値というのは確かな尺度の一つなのでしょう。


  発掘する

  盗賊に秘宝を盗ませる

  市場で交易する

  ピラミッドで発掘する

  博物館に秘宝を売却する


というのが、各プレイヤーが自分のターンで出来る事になります。


発掘は山札からカードを引く行為が発掘になります。

この時、山札から出てくるのはたいてい秘宝ですが、たまに以下のものが出てきます。

  盗賊、砂嵐、地図


盗賊は「出会う」という方が正しいかもしれません。

この出会った盗賊とは友好的で、他プレイヤーの秘宝を盗ませる事が出来ます。

そして、わざわざ指示したプレイヤーに届けてくれます。

何と親切な盗賊でしょう!


砂嵐は自分で望むというよりも、災害に遭うイメージですね。

何せ否応なく実行しなければなりませんから。

とこでこの砂嵐で失われた秘宝がどうなるかというと、すぐに市場に並びます。

これは市場の商人が速攻で砂嵐後の砂漠で秘宝を拾ってくる訳です。

恐るべし市場の商人!


地図はピラミッドの隠された部屋を発掘するのに必要になります。

ピラミッドの隠された部屋での発掘は、通常の発掘とは異なり、追加発掘になる上、

得られる秘宝も通常より多くなります。

是非、手に入れたいものですね。


市場での交易は基本等価交換になります。

勿論、自分が損をする交換も可能ですが、市場側が損になる交換は出来ません。

そして、交換に出された秘宝は、また、市場に並ぶ事になります。

つまり市場を通してプレイヤー間での交易が行われる事になります。


そして最後に博物館への売却ですが、秘宝は断片を集めれば集める程に価値が上がります。

(勿論、限度はありますが)

そして博物館への売却は1度のターンに何度でも行えます。

では、秘宝を売却するメリットは何でしょうか?

それは、1度博物館へ売却された秘宝は、砂嵐に遭っても盗賊に会っても失われる事がなくなります。

どうやら博物館のセキュリティは完璧のようですね。

売却した秘宝の価値が他プレイヤーに分かりやすいように自分の前に展開して置いておきます。

どのプレイヤーが今いくら持っているかというのは、公開情報という事ですね。


このゲームの終了の仕方がちょっと変わっていまして、山札がなくなってもゲームを継続します。

手札が引けない(発掘出来ない)だけです。

そして、全てのプレイヤーが何もアクションをしなかった時、次の順番からは秘宝を1つ以上、博物館に売却する事を強要されます。

こうして、全員の手札がなくなったらゲーム終了となり、得点計算をし、勝利者を決めます。


考古学と金稼ぎ、ちょっと生臭い感じがしますが、十二分に楽しめるゲームだと思います。

あなたもインディージョーンズにでもなったつもりで、秘宝の発掘に勤しんでみてはいかがでしょうか?

(怪物やドイツ軍は襲ってきませんが)

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
稲妻老人さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 4経験あり
  • 0お気に入り
  • 8持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル考古学
原題・英題表記Archaeology
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

稲妻老人さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク