マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分前後
  • 14歳~
  • 2016年~

イーオンズ・エンドatcktさんのレビュー

540
名に参考にされています
2020年03月21日 13時59分

ファンタジーでの戦闘(主に巨大生物と魔術師)をテーマにした、デッキ構築型の協力ゲームです。巨大生物を倒せば勝ち、全員死ぬか、村が滅ぼされるか(村じゃないけどイメージ村)すれば負けです。


▼ゲームの概要

 とっつきが分かりにくいので、端折って書くと、ドミニオンと大体同じデッキ構築です。

 手番では手札を使って、魔術の発動準備(次の手番で発動)、新たな魔術orお金の購入を行います。

 これ以外に、必殺技発動のためのトークンを買う(発動には5つ必要)とかあります。


 で、このゲームをうまく協力ゲームにさせているのが、手番順です。
 手番順はカードで制御され、プレイヤー側の手番4回と、巨大生物側の手番2枚のカードをよく混ぜて、1枚ずつ引いて手番を行います。

 巨大生物の手番では、専用の山札から1枚公開され、それが適用されます。3種類あります。
・めくってすぐに発動する

・めくった後数手番かけて発動する(強力)

・巨大生物の眷属(モンスター)


 プレイヤーの魔術には攻撃があるものがあり、それでモンスターや巨大生物を攻撃できます。
 モンスターは、巨大生物の毎手番ごとに攻撃を仕掛けてくるので、早めに倒さないとかなり厳しいです。


 また巨大生物の山にはレベルが3つあって、どんどん上がっていき、攻撃が激しくなっていきます。


 プレイヤーにもヒットポイントがあり、また村の耐久値もあり、それらを巨大生物が削っていきます。


 またドミニオンと一緒と書いた通り、使える魔術のカードは遊ぶごとにランダムに変わります。



▼プレイの感想

 このゲームが上手いことで来ているな、と思ったのが、ゲームバランスと効果です。初プレイ向けにギリギリに作られたと思われる巨大生物や、豊富な能力をまとめ上げています。
 そして、わかりにくい能力がほぼなく、疑問なく遊べます。


 システムは結構使い古されたシステムなので、ボドゲ慣れした人には抵抗なく遊べると思います。

 でも悪い点もあります。

 ゲームの流れが分かりづらいのです。あれもあって、これもあってそれもあるけど、これをします。で、この時はこれをします。とつながってあれこれやることがあり、「複雑?」と錯覚してしまうことです。実際は先ほど書いたようにあんまりこれと言ってややこしいことはありません。

 そういう意味で、インスト殺しなのかも(笑)


 あと、私個人としては、シナリオ臭がもっと強いと面白いなと思いました。
 レガシー版もあるということで、今度こちらが日本語化されますが、レガシーの方を日本語化してほしいなと感じました。

 あと、もうちょっと分かりやすい魔術ならなーって。ちょっとコアな魔術が多い(笑)

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 舞風のべる
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 175興味あり
  • 243経験あり
  • 121お気に入り
  • 283持ってる

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿