マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 45分~75分
  • 2023年~

3リングサーカス荏原町将棋センターさんのレビュー

555名
8名
0
7ヶ月前

サーカス団の団員募集!

計画的なハンドマネジメントが必要とされるゲームです。主要メカニクスはマジョリティに見えますが、それよりもエンジンビルド、カード捌きがモノを言います。ロピアーノの新作。

↑  さっき最初の大都市ニューヨークにバーナムキャラバンが到着して決算。次はワシントンだ。ワシントンの大都市では、緑の8(火吹き専門家)のパフォーマーが観たいと、名指しで要求されている。その前に紫(アクロバット)、その後に動物ショーがあれば、計15VPが入る。赤プレイヤーはニューヨークを放ったらかし、先回って、ワシントン地域の中都市ピッツバーグでショーを行なった。


手番では、パフォーマーを1人追加するか、ショーを行なうかの2択。

パフォーマーを追加する場合は、手札を1枚個人ボードに置くだけ。この時、カード左上に書いてある数字がコストになります。で、この支払いに使うのも手札のカード。カードゲームにありがちなシステムですが、マネーカードと言われる紙幣アイコンがあるカードを支払いに使います。このマネーカードの中にも基本パフォーマーがいるので、マネーカードを払ってマネーカードを置くこともあります。

基本パフォーマーはピエロなど、1〜4の小さい数字。それ以上の大きい数字のカードはチケットカードと呼ばれ、基本的には、中規模都市でショーを開催した時に入手できます。チケットカードは、アクロバット系(紫)、動物系(オレンジ)、スペシャリスト系(緑)の3種類のパフォーマーに分かれています。


個人ボードには縦3×横5のカード置き場があり、ここに左端から置いておきます。3行ありますが、どの行でもOKです。同じ行にカードを追加する場合、差額を払います。例えば、3の横に7を置いたら、4金を払えば済みます。さらに12を置いたら5金を払います。3の横に12を置き、その後7を置く場合、12を置いて9金を払い、7を置く時、無料になります。その行で一番大きい数字より小さい数のカードは無料になります。そして、昇順に並べる必要があるので、3と12の間に挿入します。一番最初に12を置き、その後3、7を置いても、結局、どの置き順でも計12金払っていることになります。


ショーを行なう場合は、まず一番最初に、今回のショーを強化する即時効果の(マネー)カードを1枚使うことができます。その後、自分のキャラバンを移動します。小都市、中都市、大都市、停まる都市によって、開催の条件や報酬が違います。


小都市…マネーカードが貰える

中都市…台座が必要。数が多いほど、VPまたはチケットカードが多く貰える

大都市…指定されたパフォーマーがいないと開催できない。VPが貰える


中都市、大都市でもマネーカードは貰えます。小都市では、マネーカードが多く貰えるだけです。スタート時、個人ボードにマネーアイコンが1つあり、どんな大きさの都市でも開催するだけで(ショーの最後に)1枚は貰えます。小都市にキャラバンを停めると1枚。その両隣りに未開催の小都市があれば各1枚。つまり、最大4枚得ることが可能です。

ショーを行なった都市には、サーカストークンを置きます。どんな大きさの都市でも1つだけ置くことになっています。また同じ都市では1回しかショーはできません。


主なVPは、

途中VP

・中都市開催(の台座)VP

・大都市開催(の指定パフォーマー)VP

・各地域でのマジョリティ決算

終了時VP

・パフォーマーの素点VP

・高数字パフォーマーによる条件VP

・終了時VPカード

です。


マジョリティ決算は、バーナムサーカスという大手のサーカス団のキャラバンが大都市に着くたびに行なわれます。バーナムキャラバンは、プレイヤーがショーを行なうたびに1マス進み、一周したらゲームが終わります。4人プレイでは5つの地域があるので、マジョリティ決算は5回行なわれます。単純にサーカストークンの数を見ます。1位10VP、2位6VP、3位3VP。同点の場合は、大都市開催→中都市開催の数を比べます。


中都市でショーを行なう場合、個人ボードにある台座の数を数えます。スタート時個人ボードに台座アイコンが1個見えています。台座は、基本パフォーマーやチケットカードのパフォーマーの効果で増やすことができます。また、各5つの地域には、「特定の基本パフォーマーを見たい」という客がいて、同じアイコンを持つ基本パフォーマーが1人でもいれば、それだけで台座が2つ増えます。台座の合計値と同じマスにサーカストークンを置いてボーナスを貰います。各地域には中都市が2つあり、一つは1、3、5、7、9台座、もう一つが2、4、6、8、10台座です。9や10が最大で7VPまたは3チケット。1や2台座でも、1チケット貰えます。ただし、既にサーカストークンが置かれている数字マスには置けないので、それ以下の数字マスに置くことになります。


大都市でショーを行なう場合は、本格的なので準備が必要です。まずは、ショーの中心となるアーティストがいないといけません。これは、「アクロバット(紫)の12」みたいな「名指し」で、このカードが手に入らない限り開催できません!手に入れると開催して6VPが確定ですが、このアーティストの時間的前後、つまりカードの左右に、ジャンルの指定されたパフォーマーを置いていると5VPや4VPが追加となり、一挙に15VPが獲得可能です。さらに早取りならぬ初開催で3VPも貰えます。

↑  今、手番で動物の10を雇う。これは、すでに11があるため無料。5と11の間に入れ、2VPを踏むことになるので2VPを得る。これで台座の数は個人ボード上に10となった。しかし、もし一枚目の写真の大都市ならば、この「オレンジの10」は上の行の8と12の間に入れたい。こうすることで、既に確定のニューヨークの6+4=10VPに加え、ワシントンの6+5=11VPが確定するのだ。


考察

◾️なんだかんだ、大都市でのショー開催のVPが大きい。目当ての名指しパフォーマーのカードは、公開の5枚に出ていればどうにか早取りしたいし、出ていなくても中都市での開催の際、VPでなくチケットを選び、山から力づくで引いていきたい。大都市VPでは、15VPができなくても、左右の4VP、5VPのうち最低片側のVPをセットにして10、11VPは欲しい。

◾️手札制限があり、10枚まで。これは終了時VPカードを含む。終了時VPカードは、スタート時すでに1枚配られており、途中で2枚を得て、ゲーム終了時までに3枚置ける。終了時VPは一枚およそ5〜10VPの期待値なので3枚とも置きたいが、手数的にけっこう難しい。

◾️ショーを行なう際に忘れがちな、即時効果1枚プレイ。この即時効果カードは、全て5金のマネーカードになっているので、勿体無いと思ってしまうが、ほとんどの即時効果は強いので、惜しまず積極的に使っていきたい。

◾️終了フラグにもなるバーナムキャラバンの進度が意外と速い。サーカストークンのある小都市を飛ばして行くので、特に終盤は早くなる。大都市のショーが一手間に合わなかった!などとなったら大きな損失だ。

◾️バーナムキャラバンが次に決算する地域は分かっているので、普通、その地域の大中小都市でショーを行なうが、終盤は別。終盤は、まだ行なっていない大都市(中都市)にも赴き、大きなショーを滑り込みで開催しておきたい。

◾️中都市で行ないたいオススメの台座の数は、7または8だ。台座7、8の場合、貰える報酬は「5VPまたは3チケット」、9、10は「7VPまたは3チケット」。ということは、チケットを貰うつもりなら、9、10まで台座を伸ばす必要はない。そして、このゲーム、この中都市ボーナスでチケットカードを入手しないと、大都市での目標15VPをいくつも構築するのは困難になる。7VPや5VPは大きいのだが、少なくとも中盤までは必ずチケットカードのほうを貰いたい。

◾️早々と台座8を構築してしまう戦略もある。台座を増やす効果のマネーカード1〜4をたくさん並べれば(同じ行に同じ数字は置けない)、中盤までには7〜10になる。4人プレイなら中都市は計10個もあるので、3チケットずつ回収できるし、チケットでなく7VP、5VPを選ぶ余裕もあるだろう。

◾️速攻8台座構築は有力な戦略だが、横並びで一行を埋めていく戦略なので、縦の3リングの完成が遅く、終了時VPカードを3枚置けなくなる可能性がある。また、一行丸ごとエンジンビルドに使うので、大都市で15VPを狙う場合、物理的にカードを置くスペースが狭くなるのが欠点。バーナムマジョリティ決算も、出遅れるのであまり収入は望めないだろう。

◾️カード置き場が狭くても、大都市同士で左右のパフォーマーを共有し合ったり、台座のエンジンビルドと共有し合ったりして、カードの役割を重複させながら、効率よく置いていきたい。

◾️カード置き場には、スタート時、マネーアイコン1、台座アイコン1、移動アイコン6が見えている。これらのスペースにカードを置くたびに、所有数は減る。例えば、移動アイコンを1つ覆うと、ショー開催時の移動が最大5マスになる。他にも、終了時VPカードを貰う、任意の2枚のカードを交換して並べ直すなどの効果アイコンがある。また、縦の3つを揃えると、終了時VPカードが置ける仕組みになっている。(エンジンビルドを構築するため)横の行を伸ばすことに拘らず、終了時VPカードの条件どおり進めていく終了時VPカード戦略もあり得る。

◾️バーナムキャラバンが次の大都市へ到着したらすぐに決算というわけではない。大都市に到着した後、バーナムタイルというのを持っているプレイヤーの手番が終わった時に決算となる。つまり、バーナムタイルを持っているプレイヤーは最後マジョリティを上げて終わらせることができる。バーナムタイルは、スタート時、ラス(スタピーの右隣)のプレイヤーが持ち、反時計回りで巡回する。

◾️手数が足りないので、マジョリティ争いに熱くならないようにしたい。他プレイヤーの動向を見ながら、1位の10VPは早々に諦め、2位の6VPをコツコツ狙って行った方が、カード配置の伸び率がよく、中都市を攻略でき、終盤大都市で十分逆転可能だろう。

↑  上、チケットカードの最大値。これらのパフォーマーは、雇うだけでも大変なので素点だけで4VPあり、さらに終了時VPも持っている。下、即時効果(マネーカード)の一部。5金カードはパフォーマーではないので、個人ボードに置けない。右側にある「台座+2」「チケット1枚貰う」等は強力なので、5金として使うのは勿体無い。


とにかく、ハンドマネジメントが思ったより難しいので、戦略がブレないようにカードを捌いていきたいです。大都市戦略の他に、速攻8台座構築戦略、バーナムマジョリティ戦略、終了時VPカード戦略…が考えられます。そもそも、カードを置くかショーを行うかという手番の選択自体が、エンジンビルドしますか、マジョリティしますかと聞かれているようなものです。

山手線みたいに、バーナムキャラバンのスタート位置、進行方向(内回り外回り)を好みでセッティングできるので、リプレイ性も高いですよ。



※ レビューにご感想・ご不明な部分等ございましたら、ご遠慮なく下にコメントください🙂

この投稿に8名がナイス!しました
ナイス!
OS
じむや
ナイパカ
つっちー
タカオ/タカあゆゲームチャンネル
Sato39
カツオ
びーている / btail
荏原町将棋センター
荏原町将棋センター
シェアする
  • 22興味あり
  • 35経験あり
  • 9お気に入り
  • 8持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

荏原町将棋センターさんの投稿

会員の新しい投稿