魔女裁判 / ウィッチ・トライアルWitch Trial

※作品説明文が登録されていないため最も読まれているレビューを表示しています

大まかなゲームのルールとしては、各プレイヤーで容疑者と告発内容を用意して事件をでっちあげ、
自分が勝てそうな事件について弁護を申し出るか、自分のでっち上げた事件の検察側として
ランダムに選ばれる公選弁護人と、カードを出し合って事件に関する数値を自分に有利に動かして、
最終的に勝つことができれば裁判費用をゲットできるので、最終的に一番お金を稼げれば勝ちなのですが・・・
このゲーム、カードゲームの様相を呈した交渉ゲーム、いや談合ゲームです。

弁護人はさっさと弁護費用を容疑者から巻き上げ、
少しでも勝て無さそうなら検察側に司法取引(談合)を持ち掛けます。
時には切り札をちらつかせて強く出たり、口八丁手八丁で裁判費用の山分けを持ちかけます。
もちろん、検察側も容疑者が有罪か無罪かなんてことはどうでもよく、弁護人と一緒になって裁判費用をせしめようとします。

司法取引の名のもとにいいように弄ばれる容疑者たち。
一度裁判が開かれるとその裁判に参加するのは2人だけですが、周りのメンバーでガヤや証人のロールプレイをすれば盛り上がること間違いなし。
もちろん検察側のいやらしいプレイや弁護人の「意義あり!」は鉄板です。
一風変わったパーティゲームとしても、ボーナンザの次の交渉ゲームとしてもお勧めです。

上記レビューの投稿者
  1. Uty
  • 興味ある(18人)
  • 経験あり(45人)
  • お気に入り(4人)
  • 持ってる(64人)
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力2
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル魔女裁判 / ウィッチ・トライアル
原題・英題表記Witch Trial
参加人数3人~7人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2001年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインジェームス・アーネスト(James Ernest)
アートワークチャールズ・ダナ・ギブソン(Charles Dana Gibson)
関連企業/団体チーパス ゲームズ(Cheapass Games)

レビュー 3件

  • 109
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月20日 17時13分

    これは裁判じゃねえ。ビジネスだ(ゲス顔)まさしく魔女裁判。弁護人も検察も、金儲けのために事件をでっち上げ(足首を見せた罪ってなんだよ!)被告人そっちのけで、どうやって金を稼ぐか、ちょっとでも多くの金を稼ぐために、勝てそうにない裁判は相手と相談して示談(被告人の罪が軽くなるわけではない)に持ち込んでさっさと裁判を終わらせる。そんなゲームです。この被告人の無罪を勝ち取ってみせる!そんな青臭い弁護士は、このゲームでは生き残れません。被告人は基本有罪。本当に罪を犯したかどうかなんてのはどうでもいいんです。大事なのは金、金、金。どうやって、裁判費用をゲットするか。勝てそうになければ手札を消費せずに...

    続きを読む
  • 115
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月28日 14時11分

    大まかなゲームのルールとしては、各プレイヤーで容疑者と告発内容を用意して事件をでっちあげ、自分が勝てそうな事件について弁護を申し出るか、自分のでっち上げた事件の検察側としてランダムに選ばれる公選弁護人と、カードを出し合って事件に関する数値を自分に有利に動かして、最終的に勝つことができれば裁判費用をゲットできるので、最終的に一番お金を稼げれば勝ちなのですが・・・このゲーム、カードゲームの様相を呈した交渉ゲーム、いや談合ゲームです。弁護人はさっさと弁護費用を容疑者から巻き上げ、少しでも勝て無さそうなら検察側に司法取引(談合)を持ち掛けます。時には切り札をちらつかせて強く出たり、口八丁手八丁で...

    続きを読む
  • 48
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月19日 20時13分

    プレイヤーはどうでもいい容疑をでっちあげ弁護側と検察側をたてて容疑者の無罪を晴らすことでも真相を突き止めるでもなく。陪審員を取り込み無罪を勝ち取り金をとにかく稼げよいという真っ黒なゲーム。金のかかりそうな事件はさっさと示談にして、金持ちに罪を着せて訴訟を起こす。まぁ、なんて怖いゲームなんでしょう。

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール・インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿