マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
魔女裁判 / ウィッチ・トライアル
  • 魔女裁判 / ウィッチ・トライアル当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 45興味あり
  • 100経験あり
  • 12お気に入り
  • 115持ってる
  • 3~7人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2001年~

魔女裁判 / ウィッチ・トライアル / Witch Trial の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
あの人ゲームを遊んでたから魔女です!
  • ジェームス・アーネスト(James Ernest)作

 ブラックユーモアに溢れたゲームです。

 プレイヤーは時に弁護士、時には検事となり、容疑者を裁く法定に立ちます。弁護士のプレイヤーは容疑者が無罪に、健二のプレイヤーは有罪になることで裁判の報酬が得られ、最終的により多くのお金を稼いだプレイヤーが勝者となります。
 これだけなら普通のゲームなのですが、この裁判は「魔女裁判」で、プレイヤーにとって大事なのは有罪か無罪か…では全くなく、自分が儲かるかどうかだけなのです。

 ゲームは手札のカードを使うことで進行します。まず、プレイヤーが出した容疑者カードと告発カードが組み合わさることで、裁判が起こります。「○○さんが、△△の罪で魔女と疑われている」ということです。描かれている住民は清廉潔白な人物からご近所の評判が悪い人まで様々です。罪の内容も「それは重い!」というものから、「ちょっとおしゃべり」というような、「そんなことで!?」というものまであります。容疑者や罪状のカードには数値が記されており、この合計が、住民が有罪に近いのか無罪に近いのかを示しています。最終的にはサイコロを振って目をこの値に足し、13以上なら有罪、未満なら無罪となりますので、サイコロを振る前に弁護士は証拠カードを出して数値を減らし、検事はカードで数値を増やし、戦っていくのです。

 これだけならまだ真っ当なのですが、弁護士と検事のプレイヤーはしばしば「談合」することになります。裁判は何回も行われますし、手札は有限なので、常にオール・オア・ナッシングになるサイコロを振る所に裁判が至る前に、双方とも「司法取引」と持ちかけるのです。つまり「これ以上はお互いカードがもったいないし、報酬山分けにするから無罪ってことにしてくれない?」というような提案です。さらに言えば、お互いカードを出しては「どちらかというと有罪になる確率の方が高いから2/3下さい」「私のほうが余分に2枚も手札を使ったので多くちょうだい」といった、罰当たりなフレーズが飛び交います。

 題材はちょっと不謹慎ですが、盛り上がること請け合いのゲームです。冗談の通じる大人同士の席にお勧めです。 

魔女裁判 / ウィッチ・トライアルに4件の書き込みがあります

チェックした商品