マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
魔女裁判 / ウィッチ・トライアル
  • 魔女裁判 / ウィッチ・トライアル当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~7人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2001年~

魔女裁判 / ウィッチ・トライアル

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
あの人ゲームを遊んでたから魔女です!
  • ジェームス・アーネスト(James Ernest)作

 ブラックユーモアに溢れたゲームです。

 プレイヤーは時に弁護士、時には検事となり、容疑者を裁く法定に立ちます。弁護士のプレイヤーは容疑者が無罪に、健二のプレイヤーは有罪になることで裁判の報酬が得られ、最終的により多くのお金を稼いだプレイヤーが勝者となります。
 これだけなら普通のゲームなのですが、この裁判は「魔女裁判」で、プレイヤーにとって大事なのは有罪か無罪か…では全くなく、自分が儲かるかどうかだけなのです。

 ゲームは手札のカードを使うことで進行します。まず、プレイヤーが出した容疑者カードと告発カードが組み合わさることで、裁判が起こります。「○○さんが、△△の罪で魔女と疑われている」ということです。描かれている住民は清廉潔白な人物からご近所の評判が悪い人まで様々です。罪の内容も「それは重い!」というものから、「ちょっとおしゃべり」というような、「そんなことで!?」というものまであります。容疑者や罪状のカードには数値が記されており、この合計が、住民が有罪に近いのか無罪に近いのかを示しています。最終的にはサイコロを振って目をこの値に足し、13以上なら有罪、未満なら無罪となりますので、サイコロを振る前に弁護士は証拠カードを出して数値を減らし、検事はカードで数値を増やし、戦っていくのです。

 これだけならまだ真っ当なのですが、弁護士と検事のプレイヤーはしばしば「談合」することになります。裁判は何回も行われますし、手札は有限なので、常にオール・オア・ナッシングになるサイコロを振る所に裁判が至る前に、双方とも「司法取引」と持ちかけるのです。つまり「これ以上はお互いカードがもったいないし、報酬山分けにするから無罪ってことにしてくれない?」というような提案です。さらに言えば、お互いカードを出しては「どちらかというと有罪になる確率の方が高いから2/3下さい」「私のほうが余分に2枚も手札を使ったので多くちょうだい」といった、罰当たりなフレーズが飛び交います。

 題材はちょっと不謹慎ですが、盛り上がること請け合いのゲームです。冗談の通じる大人同士の席にお勧めです。 

レビュー 5件

263
名に参考にされているレビュー
2017年06月20日 17時13分

これは裁判じゃねえ。ビジネスだ(ゲス顔)

まさしく魔女裁判。弁護人も検察も、金儲けのために事件をでっち上げ(足首を見せた罪ってなんだよ!)被告人そっちのけで、どうやって金を稼ぐか、ちょっとでも多くの金を稼ぐために、勝てそうにない裁判は相手と相談して示談(被告人の罪が軽くなるわけではない)に持ち込んでさっさと裁判を終わらせる。そんなゲームです。

この被告人の無罪を勝ち取ってみせる!そんな青臭い弁護士は、このゲームでは生き残れません。被告人は基本有罪。本当に罪を犯したかどうかなんてのはどうでもいいんです。大事なのは金、金、金。どうやって、裁判費用をゲットするか。

勝てそうになければ手札を消費せずにさっさと刑務所に送り込みましょう。

いちおう、説明書には「弁護士はお金のために働くのではない。被告人の名誉のために働くのだ」とあります。ただし、その名誉も金で勝ち取れるものではありますが…

なかなか突き抜けてて面白いゲームです。トークを楽しみながら冗談半分でできる仲間とやりましょう。

もう一度言います。これは裁判ではありません。ビジネスです。

続きを読む
閉じる
257
名に参考にされているレビュー
2017年07月17日 23時21分

登場キャラクターに言いがかりをつけて裁判を起こしてお金を稼ぐゲームです。
キャラクターと事件内容のシュールさが秀逸です。基本的にロールプレイを楽しむゲームだと思います。弁護人や検事になった気分で裁判を楽しみましょう。
注意点としてはお金のチップが同封されてないです。何かのゲームから借りてきましょう。

続きを読む
閉じる
248
名に参考にされているレビュー
2017年03月28日 14時11分

大まかなゲームのルールとしては、各プレイヤーで容疑者と告発内容を用意して事件をでっちあげ、
自分が勝てそうな事件について弁護を申し出るか、自分のでっち上げた事件の検察側として
ランダムに選ばれる公選弁護人と、カードを出し合って事件に関する数値を自分に有利に動かして、
最終的に勝つことができれば裁判費用をゲットできるので、最終的に一番お金を稼げれば勝ちなのですが・・・
このゲーム、カードゲームの様相を呈した交渉ゲーム、いや談合ゲームです。

弁護人はさっさと弁護費用を容疑者から巻き上げ、
少しでも勝て無さそうなら検察側に司法取引(談合)を持ち掛けます。
時には切り札をちらつかせて強く出たり、口八丁手八丁で裁判費用の山分けを持ちかけます。
もちろん、検察側も容疑者が有罪か無罪かなんてことはどうでもよく、弁護人と一緒になって裁判費用をせしめようとします。

司法取引の名のもとにいいように弄ばれる容疑者たち。
一度裁判が開かれるとその裁判に参加するのは2人だけですが、周りのメンバーでガヤや証人のロールプレイをすれば盛り上がること間違いなし。
もちろん検察側のいやらしいプレイや弁護人の「意義あり!」は鉄板です。
一風変わったパーティゲームとしても、ボーナンザの次の交渉ゲームとしてもお勧めです。

続きを読む
閉じる
133
名に参考にされている戦略やコツ
2018年11月12日 20時57分

「この事件について、公選弁護人を請求します」の宣言が非常に強い。

他のプレイヤーに、弁護人としての準備をする余裕を与えずに、誰かに弁護人を押し付けることができる。

結果、裁判に勝つか、有利な条件で示談できる。

特に、さっきまで裁判を(結構本気で)やってたプレイヤーがいた場合、その消耗している隙を狙って公選弁護人を要求できるよう、事件はできるだけ手元に作っておくべきです。

続きを読む
閉じる
91
名に参考にされているレビュー
2016年04月19日 20時13分

プレイヤーはどうでもいい容疑をでっちあげ弁護側と検察側をたてて容疑者の無罪を晴らすことでも
真相を突き止めるでもなく。陪審員を取り込み無罪を勝ち取り金をとにかく稼げよいという
真っ黒なゲーム。
金のかかりそうな事件はさっさと示談にして、金持ちに罪を着せて訴訟を起こす。
まぁ、なんて怖いゲームなんでしょう。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,800(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 64興味あり
  • 135経験あり
  • 14お気に入り
  • 148持ってる

チェックした商品