マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2004年~

ワンにゃん物語白州さんのレビュー

81
名に参考にされています
2018年02月19日 09時35分

4/10

パッケージからゆるゲーと思うかもしれないが、かなり強めの直接攻撃ゲー。

ルールはシンプルで、手番では、動物カードにお気に入りマーカーを置き、誰が得点を得られるかを決める。

ちなみにおける場所には限りがあり、同じ場所に2個以上置くこともでき、そうすると、置いた数だけ倍になる。

マーカーを置いたら、餌カードかアクションカードを出す。犬には骨、ネコには魚を与えれば、その数、得点になるが、逆の餌を与えるとマイナスになるという、どう見ても争いしか生み出さないルール笑

でも、こういう場合って争わない方がいいよねって思うかもしれないが、餌とは別のアクションカードがむちゃくちゃ強い(Ex:2匹のそれぞれにある餌を全て交換する)ため、さらに争いを呼ぶゲームになっている笑

そして、マーカーを置くのと、カードを出すのが強制なところや餌の数字が1〜6までと思っている以上に幅が広いこともエグさをあげている。

6人までプレイできるとあるが、とてもじゃないが、カオスすぎてプレイしたいと思わない。

もし、プレイするなら、3人あたりでさらっとやるのがベストだと思う。

ガチンコで攻撃しまくり大丈夫の中で3人プレイしたいなら、ありだとは思うが、覚悟は必要なゲーム。

アクションカードが強すぎて、真面目にカードを置くのがダメな戦法じゃないかと思ってくるので、この評価笑

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 4持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルワンにゃん物語
原題・英題表記Wie Hund und Katz!
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2004年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク