マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~80分
  • 12歳~
  • 1999年~

トーレスmaroさんのレビュー

288
名に参考にされています
2020年05月30日 23時46分

今考えると、よくこんなゲームがドイツ年間ゲーム大賞になったな、という。


ちょうど自分がボードゲームにはまり始めたころの作品で、当時は大賞については特に

思うことはなかった記憶があります。


陣取り、アクションポイント、建築、カード運用

といった要素を見事に組み合わせた傑作。

カード関連の部分にランダム要素がありますが、それ以外はアブストラクトもいいところです。

ただ、憎めない形状のコンポーネントや、適当に強弱のあるアクションカードによって

ガチな感じがうまく緩和されているとは感じます。


といっても、本質的には遊びの要素のない、モノクロームなイメージのゲームです。

ルールは複雑ではないものの、ボードゲームに傾倒した人でないとなかなか面白さは

理解できないのじゃないかと思います。それが冒頭での考えにもつながったのですが、

逆に2000年代に入って本当にボードゲームのシステムは多様化したということも

改めて考えさせられました。


アクションポイントはもうほぼ見かけることはないですし、陣取りも明らかに主流の

メカニクスとは言えないものになっています。

そう考えるとトーレスはこの時代だからこそ生まれた、奇跡的な傑作だったような

気がしてなりません。


ダウンタイムの長さはティカルよりは明らかに短くなっており、また、ランダム性を嫌う

のであれば、アクションカードについてヴァリアントルールも用意されています。

相手の設置した建物を利用するため、どうしても先手版が不利となりますが、そのあたりもルール変更による調整も可能。

たびたび再販され、比較的リーズナブルに入手出来ることも嬉しいところです。

今後おそらく新作を目にすることのないシステムを備えた傑作として、その名前は刻まれて

いくに違いありません。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
maroさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 156興味あり
  • 295経験あり
  • 48お気に入り
  • 260持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力15
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘4
アート・外見9
作品データ
タイトルトーレス
原題・英題表記Torres
参加人数2人~4人(60分~80分)
対象年齢12歳から
発売時期1999年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿