マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

トーレスTorres

面積と高さを競う、アクションポイント制の立体陣取り

1999年の年間ゲーム大賞を取った「ティカル」のコンビが、再びAP制のボードゲームをリリースし2000人の大賞を受賞したタイトルです。同じAP制ですがゲームのテーマは一変し、「城を大きく高くし、それを騎士で支配する」こと。

アクションポイントは「城を大きくする」「騎士を移動する」「アクションカードを引く」ことに使われます。1回の手番で使える城コマの数は限られ、4ラウンドを終えると「騎士のいる城の面積×騎士のいる高さ」が得点になります。つまり、城を大きくする部分では他人と協力する方が有利ですが、その上で「天辺を獲る」部分では競争する必要があるわけです。
アクションカードには様々な効果があり、たとえば「(普通は1段しか上がれない)騎士コマを2段上がらせる」とか「(城コマの周囲にある)任意の入口から入って、その城の任意の出口から出る(=たとえば一番下の入口から、一番上のすぐ下に出ることも可能です)」「2つの城を合体させてひとつにする」など、非常に強力な影響力を持ちます。これにより優位性が覆されることもしばしばです。

旧版では城コマがお膳のようだと評判でしたが、新版では見栄えが改善されました。その代わり、箱絵やボードなどの絵は旧版の方が味わいがあったような気がします。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. DocSeriDocSeri
マイボードゲーム登録者
  • 91興味あり
  • 191経験あり
  • 30お気に入り
  • 155持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力11
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘3
アート・外見6
作品データ
タイトルトーレス
原題・英題表記Torres
参加人数2人~4人(60分~80分)
対象年齢12歳から
発売時期1999年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 219
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月06日 19時22分

    メキシカ、ティカルに続き、クラマー&キースリングのコンビによる名作トーレスが2017年リイシューされたので、手に入れました。トーレスをリイシューした出版社は、Huch&Friendsで、メキシカとティカルを圧倒的なクオリティで再販したSuperMeepleではありません。そのため、コンポーネントのクオリティは「普通」かな。明るい色の城ブロックと、カラフルな騎士のコマ(アスパラガスみたい)のせいで、良くも悪くもおもちゃっぽい雰囲気のある仕上がりです。城ブロックを積み上げて塔を作るおもちゃっぽい楽しさのあるゲームなので、雰囲気としては悪くないです。ゲームとしてはシンプルです。アクションポイン...

    sokuri3510さんの「トーレス」のレビュー
  • 246
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月09日 23時11分

    積み木+陣取りいわゆるアクション系のゲーム以外で立体に展開するのって珍しいなぁ、と思いました。見栄えだけじゃなく、やりごたえも十分☆「敵プレイヤーの侵入を防ぐ」「敵プレイヤーの城が大きくならないように邪魔する」などインタラクションは結構強いかなーと思います。初期状態。こうなって、こうなる。2017年に再販されてやっと手に入れたけど、プレイヤー駒の細さはどうしてこうなった。。。  倒れ易くてプレイアビリティが悪い。

    K.G.さんの「トーレス」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク