マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

テオティワカン:シティ・オブ・ゴッズTeotihuacan: City of Gods

【☆8】

神々にワーカーを捧げ昇天させてく

 

古代都市を舞台に、自分のワーカーを使い資源を手に入れ文明を築いてはピラミッドを造って神々の信仰で点数を稼ぐゲームです。

手番が10巡ぐらいすると、日蝕をしてラウンドが終了して、3ラウンド終了でゲームが終了します。


手番でやることは基本的に「アクションスペースにある自分のサイコロ1つを時計回りに3つ先まで動かして止まったアクションスペースを行う」ことです。


ボードの外側には8種類のアクションスペースがあって、そこに置いてある自分のワーカー(サイコロ)を動かして、そのアクションを行なってやりくりします。


ただ、サイコロを置くにもアクションの内容や種類や処理にも色々な要素が多く。ラウンド終了時の決算もあまり簡単ではないです。

ここでは個人的に目についた要素だけ説明します。


アクションスペース

内容は資源が手に入る箇所や、瞬間的な効果や継続効果を得れる箇所、何かして勝利点を得る箇所等色々あります。

人気な箇所でアクションを行うにはカカオを払う必要があります。

そして、アクション効果は自分のワーカーが沢山置いてある箇所で行うと、より良いアクションを行うことができます。


昇天

アクションを行なったワーカーは、サイコロの目が増えます。サイコロの目が増えるとアクションスペースでより良いアクションを行えます。

ただ、6の目に到達すると昇天します。

昇天すると1の目に戻って、あるアクションスペースの位置に置かれます。そして、ラウンド終了が少し早まります。

さらに昇天することによって良いことがあって、色々な恩恵のうち1つが手に入ります。


あと、ロックに決算や神殿トラック、ピラミッド、仮面など色々説明しきれないとこありますが、大まかな流れとしてはそんなところです。



遊んでみた感想としては、点数稼ぐ方法が多すぎる!

手番でやるアクションの内容は1ラウンドでだいたい感覚わかります。動きがわかってから、サイコロを複数置いて行うアクションの価値や大きい出目で別のアクションを行うメリットなど考えて、自分の持つ資源をカツカツな中で最善手を考える悩ましさが重ゲーならではの楽しさが、詰まってます。

そして、初見では覚えきれないほど得点源があって、ゲーム終わって思い返してみれば色々な戦法が見えてきます。そして、尚且つアクションの位置を変えたりバリエーションもまだあるので、そこまで遊ぶ機会があるかわかりませんがゲームの底が見えないのはワクワクさせられますね。


ただ勿論のことですが、重ゲー慣れしてない人にはオススメできませんね。

けど、これはまた何度も遊ぶ機会があるような気がします。


評価:☆8

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:82BG@19春GM(土)出展
マイボードゲーム登録者
  • 88興味あり
  • 150経験あり
  • 50お気に入り
  • 126持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルテオティワカン:シティ・オブ・ゴッズ
原題・英題表記Teotihuacan: City of Gods
参加人数2人~4人(75分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 234
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月19日 15時40分

    ツォルキン3部作の一つであるワーカープレイスメントゲーム。神にワーカーを捧げ、昇天させつつ、自身の勝利点と資材を稼いでいくゲーム。決まったマスをぐるぐる回っていき、ピラミッドの建設を行うか、決まったラウンドが終わった時点で勝利。ダイスも使いますが、ダイスは基本振らない、プレイヤーコマ扱いなのも面白いコマやタイル、アクションが非常に多く、盛り沢山な内容。プレイ後の満足度はかなり高いです。インストから1プレイ2時間程度。様々な勝ちルートがあるので、「次はあの勝ち筋を追ってみよう」という感じで試行錯誤できるので、リプレイ性も高い。ただ、誘発効果などが結構多く、誘発し忘れみたいなことがゲーム中多...

    おんそく@ボドゲごりさんさんの「テオティワカン:シティ・オブ・ゴッズ」のレビュー
  • 286
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月31日 16時29分

    【☆8】神々にワーカーを捧げ昇天させてく 古代都市を舞台に、自分のワーカーを使い資源を手に入れ文明を築いてはピラミッドを造って神々の信仰で点数を稼ぐゲームです。手番が10巡ぐらいすると、日蝕をしてラウンドが終了して、3ラウンド終了でゲームが終了します。手番でやることは基本的に「アクションスペースにある自分のサイコロ1つを時計回りに3つ先まで動かして止まったアクションスペースを行う」ことです。ボードの外側には8種類のアクションスペースがあって、そこに置いてある自分のワーカー(サイコロ)を動かして、そのアクションを行なってやりくりします。ただ、サイコロを置くにもアクションの内容や種類や処理に...

    82BG@19春GM(土)出展さんの「テオティワカン:シティ・オブ・ゴッズ」のレビュー

リプレイ 1件

  • 421
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月19日 11時57分

    テオティワカンの3人打ちやりました。負けました、振り返りましょう。テオティワカンがなんぞやという人は、インストの項目に動画を上げている方が居るのでそちらをご覧下さい。今回の採用ヴァリアントは、初期資源ドラフト、ランダムアクション、ランダム知識、ランダム信仰ボーナスに加えてファンヴァリアントの毎手番終了後にダミーダイスを移動が採用されていました。スタピ取れたので初期資源は石、金、カカオ踏み倒しタイルを先にピック。カタンスタイルなのでラスに回ってきたやつはカカオ、石、木をチョイス。狙いとしては、ピラミッド建てながらの信仰上げて信仰ボーナスと建設関係のボーナスで戦う戦法。…この戦法とったのがや...

    kanamatanさんの「テオティワカン:シティ・オブ・ゴッズ」のリプレイ

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

掲示板 1件

  • チョモさんの投稿
    カカオ豆の獲得について

    P10 マニュアルには「そのボード上にすでにある労働者の色数を数える」とあるが、労働者が一人もいない場合は、カカオ豆を獲得することはできないのでしょうか?それとも、労働者の色数+1とあるので、1...

    2件のコメント127ページビュー8ヶ月前
    ルールについて

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク