マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
テオティワカン:シティ・オブ・ゴッズ
  • テオティワカン:シティ・オブ・ゴッズ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 75~120分
  • 12歳~
  • 2018年~

テオティワカン:シティ・オブ・ゴッズ / Teotihuacan: City of Gods の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ツォルキン作者による第二弾戦略的ボードゲーム!
  • ダニエレ・タシーニ(Daniele Tascini)作

「ツォルキン:マヤ神聖歴」の作者の一人、タスチーニによる「ツォルキン三部作」の二作目となるタイトルが登場しました。

プレイヤーは、労働者を率いて、テオティワカンの偉大な太陽のピラミッド建造を通じ、より得点を獲得することを目指します。

労働者に見立てたダイスを、ボード上のアクションが割り当てられたボードを進み、進んだ先でアクションを実行することでゲームは進んでいきます。
さまざまなリソースの獲得や、ピラミッドの建造の際に重要となるのは、ダイスの個数とその目の数です。
同じアクション上に自分のダイスがより多く置いてあるほど、その目が高いほど、アクションの質が向上することが多いのです。
しかし、労働者の移動できる数には制限があり、また、同じアクション上に駒が増えるほど、アクションのコストも高くなるため、思ったようにアクションを実行することは難しいでしょう。加えて、ダイスの目は、小さい数から始まり、アクションを実行させることで増やしていかないといけないのです。

駒に見立てたダイスのマネージメントとアクションの選択といった基本的な部分はもちろんのこと、「ツォルキン」直系の神殿などのさまざまなトラック(パラメータ)を進めることや、さまざまな特殊効果タイルの獲得とその使いどころの見極め、ダイスをロックする必要がある「礼拝」アクション、ゲーム終了のタイミングをめぐる駆け引きなど、とにかく悩ましい展開が続くことになるでしょう。

もっとも効果的にアクションを積み重ね、より得点を獲得するプレイヤーは誰でしょうか?
本格的ストラテジーゲームです。

テオティワカン:シティ・オブ・ゴッズに4件の書き込みがあります

391
名に参考にされているリプレイ
2018年11月19日 11時57分

テオティワカンの3人打ちやりました。

負けました、振り返りましょう。


テオティワカンがなんぞやという人は、インストの項目に動画を上げている方が居るのでそちらをご覧下さい。


今回の採用ヴァリアントは、初期資源ドラフト、ランダムアクション、ランダム知識、ランダム信仰ボーナスに加えてファンヴァリアントの毎手番終了後にダミーダイスを移動が採用されていました。


スタピ取れたので初期資源は石、金、カカオ踏み倒しタイルを先にピック。カタンスタイルなのでラスに回ってきたやつはカカオ、石、木をチョイス。

狙いとしては、ピラミッド建てながらの信仰上げて信仰ボーナスと建設関係のボーナスで戦う戦法。…この戦法とったのがやや失敗だったを

1ラウンド目は知識タイルに人が多くて入れずスタピの利点をやや逃す。

しかし、昇天とピラミッド建設時に信仰上昇の知識を駆使して緑の信仰を順当に上げつつ建設で名声点を稼ぎトップに出ることに成功。

出足は良かったと思う。


2ラウンド目から陰りが見え始める。理由は木が足りないことと緑の信仰を上げきってしまったことが主な要因。

今までは1段目と2段目を積んで点と信仰を稼いでいたのが木が足りなくなって回らなくなり始めていた。木を稼ごうにもランダム移動のダミーが常在していてカカオが払えずに入れない状況が見え始める。


ここで更に響くのが序盤のアドバンテージを取るために緑の信仰を上げきってしまったこと。おかげで建設ついでにカカオが稼げずに行き詰まっていた。


上記のことからこの辺りで建設から装飾による名誉稼ぎにシフトし始める。信仰は稼げていたが、これも敗因の一因になっていたと今は思う。


2ラウンド目の終わりの段階で赤信仰の上げきりに失敗しており、死者の道と知識に特化していたムロさんに抜かれ始める。まあ、ここから追いつくことはなかったけども。


3ラウンド目、最悪であった。


信仰点とカカオ、木材が足りずに手も足も出なくなる。ついでにすがっていた装飾の金も稼げなくなっており万事休すに。


本当に何も語れないくらい場当たり的な動きしか出来ず気がついたら終了。なんとか、赤信仰の上げきりには成功する。


最終的には、大差つけられての敗北になってしまった。


敗因は、3つほど挙がる。

1.建設から装飾ブレた戦略

2.リスクを恐れ過ぎた消極的なアクション

3.妨害行為をしなかったこと


個々に振り返ろう。

1.建設から装飾へのブレた戦略についてだが、ここで1番ダメだったのが建設を捨てたのに装飾の追加点知識を取らなかったこと。これやらなかったせいで12点ほど取り逃している。 

また、建設による信仰稼ぎも信仰ボーナスがついたタイルの大半が初期配置に消費されていたので諦めればよかった。


2.リスクを恐れ過ぎた消極的なアクションについては、カカオをケチりすぎて今一番必要なはずのアクションに飛び込まなかったのも大きな失敗だった。これのせいでスタピを取れたのに知識や建設で後塵を拝してしまった。


3.妨害行為をしなかったこと。トップのムロさんが死者の道で点を稼いでのにそこを止めずに放置してしまっていた。正直止めるべきポイントが分かっていながらちょっかいを出さなかったのは反省すべきだと思う。


今回は色々と失敗がわかり易かったので次に活かせると思います。また、僅差で最下位だったしゅーさんは信仰&仮面戦法を取っていました。この点数は信仰ボーナス全獲得+仮面6個での点です。恐らく、仮面の点計算の信仰ボーナスかレア仮面がゲームに登場していたら負けていました。危ない危ない。言い換えたら、レア仮面や追加点ボーナスが出たら狙ってみると強いかも。

続きを読む
閉じる
268
名に参考にされているレビュー
2018年10月31日 16時29分

【☆8】

神々にワーカーを捧げ昇天させてく

 

古代都市を舞台に、自分のワーカーを使い資源を手に入れ文明を築いてはピラミッドを造って神々の信仰で点数を稼ぐゲームです。

手番が10巡ぐらいすると、日蝕をしてラウンドが終了して、3ラウンド終了でゲームが終了します。


手番でやることは基本的に「アクションスペースにある自分のサイコロ1つを時計回りに3つ先まで動かして止まったアクションスペースを行う」ことです。


ボードの外側には8種類のアクションスペースがあって、そこに置いてある自分のワーカー(サイコロ)を動かして、そのアクションを行なってやりくりします。


ただ、サイコロを置くにもアクションの内容や種類や処理にも色々な要素が多く。ラウンド終了時の決算もあまり簡単ではないです。

ここでは個人的に目についた要素だけ説明します。


アクションスペース

内容は資源が手に入る箇所や、瞬間的な効果や継続効果を得れる箇所、何かして勝利点を得る箇所等色々あります。

人気な箇所でアクションを行うにはカカオを払う必要があります。

そして、アクション効果は自分のワーカーが沢山置いてある箇所で行うと、より良いアクションを行うことができます。


昇天

アクションを行なったワーカーは、サイコロの目が増えます。サイコロの目が増えるとアクションスペースでより良いアクションを行えます。

ただ、6の目に到達すると昇天します。

昇天すると1の目に戻って、あるアクションスペースの位置に置かれます。そして、ラウンド終了が少し早まります。

さらに昇天することによって良いことがあって、色々な恩恵のうち1つが手に入ります。


あと、ロックに決算や神殿トラック、ピラミッド、仮面など色々説明しきれないとこありますが、大まかな流れとしてはそんなところです。



遊んでみた感想としては、点数稼ぐ方法が多すぎる!

手番でやるアクションの内容は1ラウンドでだいたい感覚わかります。動きがわかってから、サイコロを複数置いて行うアクションの価値や大きい出目で別のアクションを行うメリットなど考えて、自分の持つ資源をカツカツな中で最善手を考える悩ましさが重ゲーならではの楽しさが、詰まってます。

そして、初見では覚えきれないほど得点源があって、ゲーム終わって思い返してみれば色々な戦法が見えてきます。そして、尚且つアクションの位置を変えたりバリエーションもまだあるので、そこまで遊ぶ機会があるかわかりませんがゲームの底が見えないのはワクワクさせられますね。


ただ勿論のことですが、重ゲー慣れしてない人にはオススメできませんね。

けど、これはまた何度も遊ぶ機会があるような気がします。


評価:☆8

続きを読む
閉じる
209
名に参考にされているレビュー
2018年12月19日 15時40分

ツォルキン3部作の一つであるワーカープレイスメントゲーム。

神にワーカーを捧げ、昇天させつつ、自身の勝利点と資材を稼いでいくゲーム。

決まったマスをぐるぐる回っていき、ピラミッドの建設を行うか、決まったラウンドが終わった時点で勝利。

ダイスも使いますが、ダイスは基本振らない、プレイヤーコマ扱いなのも面白い


コマやタイル、アクションが非常に多く、盛り沢山な内容。プレイ後の満足度はかなり高いです。

インストから1プレイ2時間程度。

様々な勝ちルートがあるので、「次はあの勝ち筋を追ってみよう」という感じで試行錯誤できるので、

リプレイ性も高い。


ただ、誘発効果などが結構多く、誘発し忘れみたいなことがゲーム中多々ある。

デジタルでやれば楽なんだろうなーと思いつつ、いろいろなコンポーネントが楽しいゲーム。

じっくり時間を取って4人で卓を囲むにはいい重ゲー。

続きを読む
閉じる
175
名に参考にされているルール/インスト
2018年10月17日 17時13分

ふんわりインスト

かんたんなルール動画作りました。

全体のイメージを把握するために 

インスト前によかったらみてください(ルールの省略あり)

Youtubeリンク↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/w9oCXIJfs_A

よかったら チャンネル登録、コメント、フォローもお願いします。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,696(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 80興味あり
  • 122経験あり
  • 39お気に入り
  • 106持ってる

チェックした商品