マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 10分~20分
  • 2018年~

新幕 桜降る代に決闘をカイムさんのレビュー

129
名に参考にされています
2019年05月17日 00時25分

1対1の対戦型カードゲームならこれ!

普段ボードゲームはしてないけどカードゲームはよく遊ぶと言う方にオススメです。

ルールは軽くまとめますと

1.お互いのメガミを2柱選びます。[双掌繚乱]

2.相手ののメガミを確認後、通常札14枚、切り札8枚から通常札7枚、切り札3枚を選ぶ。[眼前構築]

3.構築したデッキで戦い、ライフを0にした方が勝つ
とすごく簡単にまとめましたが、このゲームの特徴は[眼前構築]、そして戦闘システムの[間合]にあります。

最初に[眼前構築]について詳しく書きます。


[眼前構築]

メガミには1柱につき7枚の通常札、そして4枚の切り札があります。

メガミごとに得意な間合、戦法があるのでお互いの長所、短所を補えるような組み合わせを選ぶといいでしょう。(もちろん、ただ好きだからという組み合わせでもいいです!)

そして選んだメガミ2柱の通常札14枚 切り札8枚の中から、通常札7枚 切り札3枚を選びデッキを構築します。

一見、ただデッキを構築するように見えますが実際には、お互いのメガミが分かった状態でデッキを組むことになり、相手のメガミに刺さるように、また自分のメガミを活せるような構築を考える必要があります。


そして、桜降る代に決闘を(以下ふるよに)の一番の特徴である[間合]を書いていきます。


[間合]と[基本動作]

ふるよには攻撃をして相手のライフを0にして勝利するのですが、攻撃を行うにはカードに書いてある[間合]を合わせる必要があります。

[間合]は1-3、5-9などカードによって違いますのでそのつど合わせる必要があります。

[間合]を変えるには集中力1減らす、または手札を1枚伏せ札にして[基本動作]を行います。

[基本動作]には主に5種類あり。

[前進]:[間合]から[オーラ]に1つ動かす。
[後退]:[オーラ]から[間合]に1つ動かす。
[纏い]:[ダスト]から[オーラ]に1つ動かす。
[宿し]:[オーラ]から[フレア]に1つ動かす。
([オーラ]はライフの肩代わりにできるもの。[フレア]は切り札を使用するときに消費するものです。)

これらを駆使して攻撃をするために間合いを詰めたり、[フレア]を貯めて切り札を使えるようしたりしながら有利な状況を作り、そして相手を攻撃しライフを削ります。

自分の[間合]だけでなく相手の[間合]を考えながら動かないと相手のターンに一気にライフを持ってかれたりするので、相手の手札や狙いなどをしっかりと読みながら動いていきましょう。


以上がふるよにの特徴的かつ面白いところです。

最初は[間合]など、一般的なTCGと違う部分があり戸惑うと思うのですが、[間合]を理解するとさまざまなカードのコンボや思いがけないメガミの組み合わせなどが見えてきたりして、プレイすればするほど奥が深く面白いです。

コンボやデッキを構築するのが好きな方、格闘ゲームのような読み合いが好きな方などにお勧めです!

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • kirito_mituki
カイムさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 82興味あり
  • 183経験あり
  • 56お気に入り
  • 158持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘8
アート・外見8
作品データ
タイトル新幕 桜降る代に決闘を
原題・英題表記Shinmaku Sakura Arms
参加人数2人用(10分~20分)
対象年齢未登録
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク