マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
新幕 桜降る代に決闘を
  • 新幕 桜降る代に決闘を当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 10~20分
  • 2018年~

新幕 桜降る代に決闘を / Shinmaku Sakura Arms の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
桜降る代に決闘をシリーズが、新幕となって登場!
  • バカファイア(BakaFire)作

『桜降る代に決闘を』シリーズの新しい基本セットであり、特にこれから始める方に向けた商品となっています。

初めて遊ぶ方のためのカードセット「はじまりの決闘」とメガミ4柱(ユリナ、サイネ、ヒミカ、トコヨ)のカードが封入されています。

『新幕』シリーズを遊ぶためには、まずはこの商品が必要です。

新幕 桜降る代に決闘をに3件の書き込みがあります

401
名に参考にされているレビュー
2018年08月31日 17時44分

1vs1専用の対人ボードゲームです。

特に、日ごろからボードゲームでよく遊ぶ方よりも、TCGで遊ぶ方へオススメしたいです。(ボードゲームユーザーにも勿論オススメです)


ボードゲーム(チェス・将棋的な盤面を見る要素)とTCG(デッキ構築・カードを組み合わせたコンボ等)の面白い要素が凝縮されています。

1幕→2幕と歴史を重ね、2018年5月からは「新幕」となり、カードの効果やルールそのものが一新されました。


ゲームの大枠は…

1.使用するメガミを2柱(このゲームの用語で2キャラクター分という意味です)選びます。

2.両者そのメガミを見せ合い、相手のメガミに合わせてデッキを構築します(眼前構築:5分間)

3.その構築したデッキを使用して戦い、相手のライフを先に10点削った方が勝利です。


こんな感じとなっております。

下記はこのゲームのキモとなる特徴的な部分です。


【眼前構築】

使用するカードはメガミ毎に決まっており、1柱当たり通常札7枚と切り札(デッキ外から使える必殺技のようなもの)4枚を所有しています。

それを2柱ですので、眼前構築では…

 通常札14枚・切り札8枚 → 通常札7枚・切り札3枚

へとなるようデッキを構築します。


TCGと違い、カードプールは非常に少ないです。

デッキ枚数もわずか7枚で、ちなみに1ターンのドロー(デッキから手札に加える行為)は2枚です。(単純計算3ターンでデッキは一周します)

なので相手のメガミに合わせて刺さる(相手に効果的な)カード、刺さりにくいカードを選定したり、相手の予想の裏をかいた勝ち筋を残したりといった部分を毎回考える事になります。

故にデッキの1枚や切り札1枚を選び間違えたが為に惜敗という事がよく起こります。特に切り札の選択ミスは顕著に出ます。


【対戦ルール】

ボードゲームですが、格闘ゲームのようなシステムが採用されています。

攻撃をしてライフを削るゲームなのですが、攻撃には「間合い」という概念が設定されており、スタート時の間合いは「10」です。

そして攻撃カードには間合いが4~5で使用可能だったり、1~2で使用可能だったりと、細かく指定があります。

なので、まず集中力と呼ばれるリソースや手札を使い、前進(間合いを小さくする)したり、逆に後退したり、防御を固めたり(オーラを纏う)、切り札を使用する為のポイントを集めたり(宿し=フレアを貯める)しながら、手札の攻撃カードを使えるように動きます。

そして適正間合いへ移動する事で、はじめて攻撃しライフを削るのです。


前進や後退も無限には行えませんので、安易に前進だけしてターンを終わってしまうと、返しの相手のターンに(前進用のリソースまで攻撃に回されて)易々と攻撃を許してしまうなど、この辺り駆け引き(間合いやオーラの調整等)が、ボードゲームらしい盤面を見る要素を形成しています。

特定の条件下(盤面)で実質必殺と言ったカードもあるので、そういったカードに対するケアをするしないなんかの判断も必要です。


細かいルール説明は割愛しますが、デッキ枚数が少ない為、相手のデッキの中身が予想できれば詰将棋のように勝ち筋を導いたり、相手の予想の上から大火力コンボで一気にライフを奪い去ったり、引き運よりもプレイヤースキルを問われやすい傾向にあります。

勿論、プレイヤースキルが拮抗すると引き運も問われるのはご愛嬌(笑)

TCGあるあるですね…(笑)


達人セットと一緒に1セット持っておけば、それだけで十分楽しめる二人対戦が可能です。(唯一ミラーマッチのみ出来ませんが…)

各地で大会形式のイベントも行われているので、お一人でも対戦環境には困らないかと思います。


対戦ゲームにお困りの方などには是非オススメです。

続きを読む
閉じる
325
名に参考にされているレビュー
2018年07月15日 14時13分

第二幕よりもこっちの方が面白いです。全体的にカードの効果がパワーアップしてます。前作より分かりやすく解説してあるルールブックと初心者用のデッキがあって大変やり易くなってます。

続きを読む
閉じる
193
名に参考にされているレビュー
2019年02月07日 19時59分

和風カードゲームならまずこれ!!

世界観がしっかりしているのがかなりのお気に入りポイントです。公式サイトで小説・4コマが連載されているので、これだけでもふるよにの世界にばっちり浸れるはず。そのキャラクターたちを実際に纏ってプレイできるなんて…!ここだけでも他の有名カードゲームにも負けない魅力があります。

ゲーム性も見事の一言。二幕の静かな刺し合いのような雰囲気から一転、新幕では爽快感あふれる殴り合いが楽しめます。「間合いシステム」「眼前構築」というふるよにならではのシステムそのままにさらにエンタメ感が増した感じがしますね。

特に「眼前構築」はカードゲームを一回でもやったことのある人なら間違いなく神システム。毎回相手のキャラを見てからその相手のメタを張ってデッキを組んでいくので、毎回違った感覚でゲームを楽しめます。普通のカードゲームだったら家でデッキを組み、それを持ち寄って戦略のぶつけ合いをするだけ。カードゲームで一番楽しい「デッキを組む」ことをゲーム内に取り込んだのは本当に良い発想だと思います。

買い切りカードゲームなのでレアを引くまでパックを買う必要もなく、これ一つだけでも2人対戦ができてしまうのも新幕基本パックの良いところ。初心者用のデッキも封入されているので、誰でも始めやすくなっています。クオリティの高い一作です。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,780(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 72興味あり
  • 134経験あり
  • 45お気に入り
  • 135持ってる

チェックした商品