マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 60分前後
  • 3歳~
  • 2014年~

ノッティンガムのシェリフ白州さんのレビュー

158
名に参考にされています
2018年04月11日 15時55分

7/10

密輸しているかどうかを摘発するというライアーゲームにも出てきたテーマのボードゲーム。

昔、豪華コンポーネントで話題になった「手荷物検査」のリメイクというか改良版。

基本は手荷物検査と変わらないので、大枠は、手荷物検査のレビューを参考にどうぞ。
https://bodoge.hoobby.net/games/hart-an-der-grenze/reviews/7136

個人的には、手荷物検査のドキドキ感やコンポーネントの豪華さによるワクワク感も捨てがたいと思っているが、最大人数でプレイしても結局摘発できるのは5人のうち1人なので、バツゲーム的なかたちになってしまいやすいのは否めない。

もちろん、ここらへんのバランスも考慮してゲームをやっていくのがベターだが、このタイプのゲームは、情報がほとんど非公開のため、そこらへんを計算してやるならかなりのゲーマー度が重要だと思う。

せっかくテーマが面白くて、カジュアル層にもウケるゲームなのに、それはもったいない気も個人的にはしている。まぁ、ただ単純にゲームの勝敗関係なくワイワイガヤガヤやるのもいいとは思うけど。

ただ、もしそうだとするなら、手荷物検査よりもノッティンガムのシェリフの方が、何人でも摘発できるので、こっちの方が盛り上がると思う。

あと、ノッティンガムのシェリフは、摘発する人の制限時間を計るためだけの専用アプリがあるのも個人的には評価が高い。※数字のフォントもユニークだし、何より途中でちゃちゃが入る。日本語じゃないけど、あきらかに急かす声が聞こえる笑

ちなみに、ノッティンガムのシェリフは、手荷物検査よりは手に入りやすいと思うが、それでも最近はそこまで流通しているようには見えないので、なかなか出会う機会は少ないような気がするので、そこはちょっと残念。

気の合う友人同士で、おまえほんとは密輸してるだろ!開けるぞ!いいのか!?みたいな、コミュニケーションがとれるメンバーでやると最高に楽しいボードゲーム。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • nagaimocun
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 31経験あり
  • 6お気に入り
  • 18持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルノッティンガムのシェリフ
原題・英題表記Sheriff of Nottingham
参加人数3人~6人(60分前後)
対象年齢3歳から
発売時期2014年~
参考価格11,356円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク