マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

関ヶ原 日本統一Sekigahara: The Unification of Japan

2人のプレイヤーが東軍と西軍をそれぞれが指揮して戦うウォーボードゲーム。

東軍は石田三成か豊臣秀頼、西軍は徳川家康を倒せば即時に勝利できる。即時勝利がなければ全てのラウンドが終了した時点での軍事拠点である城、経済拠点の資源地の占領数による得点の比較で勝利を決める。

ボードは関ヶ原を中心とした日本地図になっており東軍西軍それぞれの本拠地や城、街道、経済拠点がある。ボード上に置かれるコマは裏表があり、自分のコマは自分からはどの大名所属でどれほどの規模の軍か分かるが、相手からはそれらの情報は見えない。いくつのコマがあるかしか分からないようになっている。

ゲームはお互いに2ターンをプレイして手札と援軍用のコマの補充を繰り返す。ターン中のアクションは手札を消費して行うことがほとんどで、多く消費する方が強いアクションになる。手札の補充数はより多くの城を持つプレイヤーが1枚多く補充できるので拠点の占領は重要ではあるものの、所詮1枚の差にすぎない為どのアクションにどれほどの枚数を使うか、手札マネジメントが大切になる。援軍の補充はより多く経済拠点を持つプレイヤーが1つ多く補充できる。しかし補充は巾着袋からランダムに引くので、どの大名所属のどれほどの規模の軍が来るかは運次第。

軍の規模が戦闘力に関わるのは当然として、どの大名所属かも重要な意味を持つ。このゲームの最大の特徴として、軍はいるだけでは戦ってくれない。その軍が所属する大名のカードの手札を使って初めて戦ってくれる。おそらくデザイナーは毛利や小早川が西軍に所属しながら戦闘に参加しなかったことにヒントを得たのでは無いだろうか。さらに1つの戦闘中には同じ大名に所属する軍を多く参加させるほどボーナス戦闘力が発生する。戦闘力が多いほど敵軍を多く壊滅させ、そして戦闘力を多く産出した方が戦闘に勝利しその場所を占領し相手の軍をさらに1つ壊滅できる。この同一大名による戦闘力ボーナスは非常に大きい為、積極的に狙いたいが、その為には同じ大名所属の軍がいることに加えてその大名のカードを沢山持っていなくてはならない。この意味でも手札マネジメントが重要となる。

相手側の軍はコマの数しか見えない為、沢山コマがあるから強そうだと思っていたらただのハッタリであったり、逆に弱そうと思って襲いかかったら同じ大名で固めた戦闘力の高い軍で反撃されたりと思い通りにはならない。この予測の裏切られ方はガチのウォーゲーマーよりもボードゲーマー向けでは無いだろうか。関ヶ原というテーマに惹かれる、殴り合いを厭わないゲーマーにお勧めのゲーム。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:tama_go_ya
マイボードゲーム登録者
  • 9興味あり
  • 12経験あり
  • 6お気に入り
  • 13持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力4
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘2
アート・外見0
作品データ
タイトル関ヶ原 日本統一
原題・英題表記Sekigahara: The Unification of Japan
参加人数2人用(180分~200分)
対象年齢12歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体GMT ゲームズ(GMT Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 138
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月28日 17時53分

    大名、将軍、忍者などは、いかにも外人受けのしそうなワードであり、実際、日本の戦国時代もののボードゲームはいくつもでている。しかしなんといってもこの関ヶ原がそれらの中でも本丸といえるだろう。BGGランキング150位、レーティング8.1、また、BGGのウォーゲームランキングでは5位をマークしているのは伊達ではない。2人専用のカードドリブン型ウォーゲームという体裁。関ヶ原の合戦というと日本人であればヘクスのマップ内でわちゃわちゃする戦術級のゲームを想像してしまうところであるが、このゲームは日本の近畿~北関東あたりを舞台とした、戦略重視気味のユーロゲームといっても良い。関ヶ原の「合戦」が主題では...

    maroさんの「関ヶ原 日本統一」のレビュー
  • 205
    名に参考にされています
    投稿日:2019年09月25日 07時04分

    2人のプレイヤーが東軍と西軍をそれぞれが指揮して戦うウォーボードゲーム。東軍は石田三成か豊臣秀頼、西軍は徳川家康を倒せば即時に勝利できる。即時勝利がなければ全てのラウンドが終了した時点での軍事拠点である城、経済拠点の資源地の占領数による得点の比較で勝利を決める。ボードは関ヶ原を中心とした日本地図になっており東軍西軍それぞれの本拠地や城、街道、経済拠点がある。ボード上に置かれるコマは裏表があり、自分のコマは自分からはどの大名所属でどれほどの規模の軍か分かるが、相手からはそれらの情報は見えない。いくつのコマがあるかしか分からないようになっている。ゲームはお互いに2ターンをプレイして手札と援軍...

    tama_go_yaさんの「関ヶ原 日本統一」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿