• 2人~10人
  • 分前後
  • 5歳~
  • 1969年~

コンタクトゲームkentuckytarr2さんの戦略やコツ

63
名に参考にされています
投稿日:2017年09月09日 23時48分

勝つよりもみんなで楽しく繋げて道を広げることに主眼が置かれたゲームですが敢えて勝つとしたら。いくつか考えました。

①線路単体が少なくとも片側に伸びたタイルはとっておく。理由は線路は三種のうち中央に位置している為、左右の別なく置けるから。

②自分の枚数が人より少ない場合は道を袋小路にしてタイルを置けない状態にする。あとは残りを全員で引き続け、残り枚数の勝負になるが、元々自分の枚数が少なければ自分は必ず一位になる。

③道の種類、本数を変えるタイルは消費し、道の種類、本数が変わらないタイルを取っておく。道の変更は自分で行う必要のない仕事。次の自分の番が回ってくるまでに1箇所は変わっていることが多い。

  • 0興味あり
  • 11経験あり
  • 1お気に入り
  • 9持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルコンタクトゲーム
原題・英題表記Ravensburger
参加人数2人~10人(分前後)
対象年齢5歳から
発売時期1969年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワークフランツ・フォーヴィンケル(Franz Vohwinkel)
関連企業/団体ラベンスバーガー(Ravensburger Spieleverlag GmbH)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿