マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ニューファンドランドRace to the New Found Land

☆6

航海とは新たな島の開拓だ

 

4ラウンドで終了する変則的なワーカープレイスメントです。

自分の所持する船(ワーカー)を色々なアクションに置いて実行していくゲームではあるのですが、船それぞれで内容が違って、特定のアクションに強い船や1回しか使えない船等があります。

 

このゲームにはいくつも特徴があって。

まず、フェイズがいくつもあります。

 

収入フェイズ…資源もらう

購入フェイズ…船を買う

出港フェイズ…今回のラウンドで自分の船でどのアクションを行うのか決める

【アクション】搬入フェイズ…欲しい資材やカードが手に入る

【アクション】入植フェイズ…島に人を移住して資源や点数を手にいれる

【アクション】フェイズ…資材を払って点数ゲット

【アクション】開拓フェイズ…島を開拓しつつ資源や点数を手に入れる

ボーナスフェイズ…ボーナスカードを支払って点数ゲット

ラウンド終了処理

 

といった流れです。

島は完成することでどれだけ入植者を置けたかのマジョリティー争いからのボーナス点があり、資源が手に入れば新しい船や契約を達成することが出来て点数などの絡み合いがあります。

 

そして、このゲーム独自の特徴は点数のレールです。

ある点数を越えることによってボーナスカードや永続効果や資源を得ることができる要素があります。それも、早く点数を得ることで選択肢が多くあります。

ですので、ゲームの序盤で点数を稼ぐことによる価値が見出しています。ただし、一番早くそれを獲得するとマイナス点を受けるという要素もあります。

 

説明を色々端折りますが、以上を4ラウンド行って点数を最も点数を稼いだプレイヤーの勝ちです。

プレイの感想としては、処理がかなり多いです。

やることは1ラウンド経てなんとなく感覚はつかめるのですが、自分のなかであまり好きでないシステムがいくつかあります。まず、順番決めです。アクションのフェイズを行う際にそれぞれの帆の数値を比べて高い人から順番に、アクションを行うことができるのですが、それをアクション毎に行うのが面倒です。個人的にはラウンド開始時点で今回使う船を決めて、その帆の合計数値で高い人から順番に今回のラウンドでの全ての処理の順番を決めるぐらい簡略化してほしかったです。

次に、船をどのアクション行うか決めるフェイズの処理の仕方です。本来のルールだと、誰がどこのアクションに船を置いたか確認して、自分の船を1つ置いて次のプレイヤーが船を1つ置くといった具合に進行するのですが、これを本気でやると長いです。

ついたてを用意して、全員船を置く箇所決めたら公開するぐらいパパっとした進行が良かったです。

あと、点数レールの仕掛けが少し残念です。点数を初端で稼ぐことでボーナスカードを選んで手に入るシステムは面白いのですが、通過の最下位以外はボーナスカードを手に入れるとマイナス点を受けるシステムが解せないです。

一緒に遊んだ友達は「現状の1位がマイナス点くらうことで平等性がとれるんじゃない」といっていましたが「点数走って無駄なマイナス点を受けるなら今は少し待って誰かが通過するのを待とう」というプレイの選択肢が好きでなかったです。自分としては純粋に序盤の小さい点数で走って競争して、自分に合うボーナスカードを探す展開だけの方が好みでした。

 

自分には「それいる?」という感じの処理の量にウンザリしてしまいましたが、船選びやアクションでの選択肢やマジョリティー争い等の面白い点は詰まっているので、悪くない惜しい作品です。


遊評:☆6

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:82BG@GM2日目(F04)
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 21経験あり
  • 3お気に入り
  • 21持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルニューファンドランド
原題・英題表記Race to the New Found Land
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 119
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月13日 10時43分

    見つけよう、新しい陸地を!new(新しく)found(見付けられた)land(大陸)=ニューファンドランドというカナダの東海岸にある名前の島をタイトルに付けたゲーム。ゲームの流れとしては収入フェイズ→計画フェイズ→実行フェイズ→終了フェイズの流れで4ラウンド行い、出荷や入植、島を発見したりと様々な得点方法を組み合わせ最も勝利点の高いプレイヤーがゲームの勝者となります。プレイヤーはそれぞれの国家ごとに異なった能力を持ち、繰り返し遊べる内容となっています。あからさまな強さなどはなくそれぞれ得意分野がちょっと強化されるといった感じまた、このゲームの特色として勝利点トラックに☆や〇、□といったマ...

    Kruckさんの「ニューファンドランド」のレビュー
  • 155
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月02日 23時53分

    ☆6航海とは新たな島の開拓だ 4ラウンドで終了する変則的なワーカープレイスメントです。自分の所持する船(ワーカー)を色々なアクションに置いて実行していくゲームではあるのですが、船それぞれで内容が違って、特定のアクションに強い船や1回しか使えない船等があります。 このゲームにはいくつも特徴があって。まず、フェイズがいくつもあります。 収入フェイズ…資源もらう↓購入フェイズ…船を買う↓出港フェイズ…今回のラウンドで自分の船でどのアクションを行うのか決める↓【アクション】搬入フェイズ…欲しい資材やカードが手に入る↓【アクション】入植フェイズ…島に人を移住して資源や点数を手にいれる↓【アクション...

    82BG@GM2日目(F04)さんの「ニューファンドランド」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク