マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2004年~

キュージェットBluebearさんのレビュー

202
名に参考にされています
2017年08月13日 21時47分

チャリオットレースの名作『アベカエサル』が、システムをそのままに、未来感たっぷりのホバーカーレースになって蘇った作品。

各車ごとに1セットずつある走行カードを山札にして、3枚の手札から1〜6の数字を出して、その数だけ自分のQjetを進めて行く。

これだけ聞くと、単なるめくり運だけの駄作に聞こえるが、さすがにそんなに甘くはないんです。

ルートは全てマス目に区切られており、ひとマスには一台しか入れないのに加えて、コーナーなどは車線変更が出来ないようになっているのです。

だから、先行車が前にいるとコーナーでつまるためうまく走れずパスになったりするのです。

これがかなりツライ!

反面、先頭車は、トップスピードの「6」が出せないルールなので、車線制限が無くなったエリアでどう抜くか、どこでブロックするか、を考えるゲームとなっているわけですなー。

迂闊に外レーンへ迂回ばかりすると、ひそかにマス目の数が多く、移動をロスするだけでなく、ヘタすると移動力が足りなくなってゴールできなくなる(リタイヤ扱い)可能性も出てくるので、ライン取りはかなり慎重にやる必要があるのです。

これが結構シンプルで白熱するんですよ。

ちなみにレースは3周。

途中で必ずピットインしなければならず、ここでもヘタすると渋滞が発生するので、このタイミングも重要です。

(実は元のアベカエサルでは、皇帝への挨拶だったそうで、そっちの方がルール的にはしっくりするような気もします?)

時間的にも短いし、6人まで同時レース可能性なので、多人数ゲームの合間にオススメです!

ちなみに、2005年 日本ボードゲーム大賞 国産ゲーム部門1位だそうですよっ!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 48興味あり
  • 332経験あり
  • 30お気に入り
  • 188持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力5
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘3
アート・外見0
作品データ
タイトルキュージェット
原題・英題表記Q-Jet
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2004年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿