マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
キュージェット
  • キュージェット当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2004年~

キュージェット

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ブロックするのも楽しいが、ブロックをすり抜けるのはもっと楽しい。アベカエサルの近未来リメイク!
  • ヴォルフガング・リーデッサー(Wolfgang Riedesser)作

 近未来型レースゲームです。カードを使って、Q-Jetを進め、コースを3周して早くゴールした人が勝ちです。ただし、3周する間に必ずピットに一度入らなければなりません。
 プレーヤーは、自分のカードをよく混ぜて伏せて山にします。そこから3枚取り、手番にはそこから1枚出して、そこに書かれた数字分ちょうどQ-Jetを進めます。進めるのは前または斜め前だけです。横や後ろには進めません。また、他のQ-Jetがいるマスは、入ることも通過することもできません。コースはゴール前を除きほとんど2車線です。一部には、1車線になったシケインもあります。ここで止まると、他のQ-Jetは抜くことができなくなり、コースをブロックできます。また、コースの途中にはいくつかのコース分離帯があり、ここでは車線変更ができません。そのため、前の車を追い越せなかったり、遠回りする必要が出てきます。各プレーヤーが持つカードの合計数は、コースを3周するに足りる数ですが、あまり遠回りばかりしていると、途中でカードがなくなります。これはリタイアとみなされ失格です。先に進むだけではダメなのです。コース取りも考えに入れてください。
 また、1周目または2週目の終わりには、必ずピットに入る必要があります。ピットへのコースは狭く、入りづらく、また出口をブロックされやすくなっています。慎重にタイミングを計ってください。
 コースは、2~4人で遊ぶ場合と、5または6人で遊ぶ場合の2種類のコースが、ゲームボードの両面に用意されています。プレイ人数に合わせてお使いください。また。それぞれの面には2つのコースがあります。みどりのコースは比較的優しいコースですが、赤いコースはかなり厳しい設計になっています。リタイアする車が続出するかもしれません。
 このほか、このゲームに慣れた人用に4レースで行うグランプリレースルールや、カード運の要素を減らすマシンセッティングのルールも用意しました。
  なお、このゲームは、名作「アベカエサル」のリメイク版です。コースやカード構成など、基本的な部分は同じです。

レビュー 3件

177
名に参考にされているレビュー
2017年08月13日 21時47分

チャリオットレースの名作『アベカエサル』が、システムをそのままに、未来感たっぷりのホバーカーレースになって蘇った作品。

各車ごとに1セットずつある走行カードを山札にして、3枚の手札から1〜6の数字を出して、その数だけ自分のQjetを進めて行く。

これだけ聞くと、単なるめくり運だけの駄作に聞こえるが、さすがにそんなに甘くはないんです。

ルートは全てマス目に区切られており、ひとマスには一台しか入れないのに加えて、コーナーなどは車線変更が出来ないようになっているのです。

だから、先行車が前にいるとコーナーでつまるためうまく走れずパスになったりするのです。

これがかなりツライ!

反面、先頭車は、トップスピードの「6」が出せないルールなので、車線制限が無くなったエリアでどう抜くか、どこでブロックするか、を考えるゲームとなっているわけですなー。

迂闊に外レーンへ迂回ばかりすると、ひそかにマス目の数が多く、移動をロスするだけでなく、ヘタすると移動力が足りなくなってゴールできなくなる(リタイヤ扱い)可能性も出てくるので、ライン取りはかなり慎重にやる必要があるのです。

これが結構シンプルで白熱するんですよ。

ちなみにレースは3周。

途中で必ずピットインしなければならず、ここでもヘタすると渋滞が発生するので、このタイミングも重要です。

(実は元のアベカエサルでは、皇帝への挨拶だったそうで、そっちの方がルール的にはしっくりするような気もします?)

時間的にも短いし、6人まで同時レース可能性なので、多人数ゲームの合間にオススメです!

ちなみに、2005年 日本ボードゲーム大賞 国産ゲーム部門1位だそうですよっ!

続きを読む
閉じる
141
名に参考にされているルール/インスト
2018年12月22日 20時17分


★【キュージェット】

紹介とルール解説動画になります。

Youtube動画はこちらから↓↓↓↓↓

https://youtu.be/EVz0kBTla1U


良ければYoutubeのチャンネル登録、Twitterのフォローよろしくお願いいたします。

Youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6vV2V_tvD7jvmyvIxwEhLQ

Twitter

https://twitter.com/bighelp5656 


続きを読む
閉じる
85
名に参考にされているレビュー
2016年08月23日 13時03分

サイコロの目の代わりに各自に配られた数字カードを駆使して競うカーレースすごろく。
ルールは単純なので普通のすごろく遊びに飽きた時(主に親が)に子どもを交えて遊ぶのにも向いています。
数字カードは出し切りなので状況を見たマネジメントが重要。小さい数字にも大きい数字にもしっかりと理由があります。コースは途中で分岐してやや遠回りなルートを取ることも可能。
敵車があるマス目は入れません。つまり一車線エリアでは追い越しができません。カードの数字は全て使い切らなければならないので、出せるカードがない場合はパス。
また追い越しができるからといってマス目の多いアウトコースばかり攻めたり、敵車のブロックを避けて遠回りルートをとったり、無駄の多い走りをしていると数字が足りなくなりゴールに辿り着けません(ガス欠)。
また3周勝負の中でピットインという要素もあり、ここもタイミングが重要。
一見誰でも考えつきそうなゲームシステムをうまく昇華させて、絶妙なバランスに仕上げてあるところが素晴らしいです。

アベ・カエサルという古代ローマの戦車戦をモチーフにした名作ゲームのリメイクなのですが、子どもと遊ぶ分にはこちらの世界観のほうがウケ狙い的にはアリ。ルールも若干アレンジされているようです。

スターウォーズ好きとしてはタイアップ商品でモノポリーとか作らず、これでポッドレースを再現してほしいなあ・・・。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,800(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 39興味あり
  • 261経験あり
  • 22お気に入り
  • 155持ってる

チェックした商品