マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 30分前後
  • 2019年~

プリウスレーシングatcktさんのレビュー

88
名に参考にされています
2019年12月21日 23時23分

プレイ中に「え、アクセルとブレーキ、どっちだっけ?」って言ってしまう、ちょっとした記憶レースゲームです。めくったカードはアクセルなのか、ブレーキなのか…



▼ゲームの概要

 場札として、アクセルとブレーキが上下に書かれたカードが何枚か置かれます。

 手番ではどのカードを「裏返すか」を決めます。決めたら、自分の前に置いておきます。


 全員選んだら、一斉に表向けて、その数字分コマを進めます。(10で割ります)

 ただし、この時にラウンドごとに決められている「制限速度」を超えてしまうと、ペナルティがたまります。


 さて、誰かがゴールしたら勝利… ではありません。

 誰かがゴールしたら、先頭から勝者チェックになります。


 制限速度の山札からカードをランダムで引いて、書かれているペナルティの数字以内であれば、勝者となれます。そうでない場合は敗北となり、2位のプレイヤーが同様に行います。

 こうして最後まで行って、誰かがペナルティの数字以内であれば勝者となれます。



▼プレイの感想

 だから、こういうのは出す前に、アイデアだけでもいいからテストプレイしろと言っているのにーって、本人に仲間内+で言ってました。反省は一応していたようです。

 いい意味でも悪い意味でも話題になりましたね。


 こういった事件を扱う作者らしいゲームではありますが、全体的に「残酷」にならないように気を付けていたはずなんですが、用語がねー。っていう。時期も悪かったんじゃなかろうか。


 ゲーム自体は軽い記憶ゲームで、面白いです。

 ペナルティ覚悟で前に出て、判定を先に受けるか、日和って、先に脱落してもらうのを待つか。それぞれの思惑が入り乱れますが、カードが上手く覚えられないようになっていて、うまく進みません。

 制限速度が「停止」もあるので、そこでぶっ飛ばすとすごくペナルティを受けます。そうならないようにするのですが…

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 9経験あり
  • 0お気に入り
  • 9持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルプリウスレーシング
原題・英題表記Prius Racing
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢未登録
発売時期2019年~
参考価格770円
クレジット
ゲームデザイン北条 投了(Toryo Hojo)
アートワーク未登録
関連企業/団体芸無工房(Looser Dogs)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿