マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ワンス・アポン・ア・タイムOnce Upon a Time: The Storytelling Card Game

みんなで物語を綴る新しいボードゲーム!果たして物語の結末はハッピーエンドか?バッドエンドか?

おとぎ話を創作していく一風変わったボードゲームです。
みんなで物語を作るというと協力ゲームのようですが、実際は自分の持つ結末カードのエンンディングを物語へ誘導する対戦ゲームです。

■ゲームの概要
プレイヤーの手札には複数の綺麗なイラストが描かれた物語カードと1枚の結末カードが配られます。
物語カードには王子、王女(人物)塔、宮殿(場所)戦う、眠る(様子)などのおとぎ話に出てきそうなワードが記されており、結末カードには「彼は自分にかけられた魔法から解き放たれ、そして次の日ふたりは結ばれました。」といった様々なエンディングが記されています。

最初のプレイヤーが語り部となり「昔々あるところに〜」と創作のおとぎ話を語ります。その話に自分の持っている物語カードが登場する度に手札を消費することができます。他のプレイヤーは自分のカードを消費して話に割り込む事で語り部を交代出来ます。

こうしてゲームを続けていき、物語カードを全て使い終わった後、自分の結末カードを読み上げて上手にエンディングを迎えることができた人の勝利となります。

手札を減らしたいあまりにハチャメチャな展開を迎えたり、時にはそれらしい名作が完成する事も!?
勝利条件はありますが、全員で物語を綴る楽しみがこのゲームの醍醐味でしょう。大人同士で遊んでも良いですし絵本好きなお子様がいるご家庭にもぴったりのボードゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まままま
マイボードゲーム登録者
  • 65興味あり
  • 273経験あり
  • 58お気に入り
  • 235持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り13
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトルワンス・アポン・ア・タイム
原題・英題表記Once Upon a Time: The Storytelling Card Game
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1995年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 185
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月23日 13時47分

    物語を想像し創造する。正直このゲームは好き嫌いがわかれます。ルールは説明文にあるので割愛しますが、語り部が物語を創れなければゲームが成立しないのである程度想像力や語彙力が必要になります。例(太字が出したカード)昔々あるところに王宮がありました。そこには王女がいました。王女には護衛がいました。この例だと破綻はしていませんが、一文が短すぎて割り込みも起きないし物語も膨らまず面白くなっていきません。勝敗もあるのですが物語を創るということが面白い部分なので、カードに書かれていない背景など語りみんなで紡いでいくのが面白いのです。いろんな人とやりましたが、ある程度ふざけたり修正したりできる頭が回るユ...

    シャッチェさん@ボドゲハマり中さんのレビューを読む
  • 111
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月24日 11時04分

    勝ち負けを競うより、どんな物語が作られるのかをみんなで楽しむゲームだと思います。カードに記載された単語を元にアドリブで物語を作っていきます。カードを出し切れなくなれば、次のプレイヤーのターンになりますが、前のプレイヤーが作った物語に繋げる形で物語がつむがれていくので、全員で1つの壮大な物語を作る形です。だけど、プレイ中はそう上手くいかず、話がどんどんずれて行くんです。だけど、それが楽しい。また、他のプレイヤーは途中で割り込みをして話を作ってしまうことも可能。勝ち負けにこだわらず、みんなでわいわいやりたい人におススメ。

    あたちゃん。さんのレビューを読む
  • 111
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月25日 16時39分

    「ストーリーテーリング」と言われるタイプのゲームです。プレイヤーは手持ちのカードに書かれた要素をうまく出現させながら、破たんしないように上手く物語を作っていく必要があります。語り部以外のプレイヤーは、手持ちの要素を使ったり、割り込みカードを使って物語を横取りすることができます。実際にやってみると、想像通り語り部も横から奪うのもかなり難しいです。普段本を読まない人にはかなり難易度が高いのではないでしょうか。それでも、しどろもどろになりながら必死でハチャメチャな物語を語っていくのは非常に楽しいです。参加はできませんでしたが、子供たちも楽しそうにプレイを眺めていました。間違いなく人を選ぶゲーム...

    Utyさんのレビューを読む
  • 63
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月14日 11時19分

    カードを使うけれどカードゲームではなく、創作で物語を作っていくゲームです。登場人物を出す時に一緒に遊んでいる友達の名前を入れて○○王子が〜っていう感じで遊ぶととても盛り上がるので、仲の良い友達同士で遊ぶと更に仲が深まる事間違いなしです♡勝ち負け関係なく楽しめるオススメのボードゲームです!

    みーぷる♡さんのレビューを読む
  • 117
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月22日 01時13分

    「昔々あるところに」という語り出しから始めて、各自が持つ異なるエンディングにたどり着けるようアドリブで物語を紡いでいくトーク系のゲームです。プレイヤーは各自物語の結末が記されたエンディングカードを持ちます。秘匿情報となるエンディングはハッピーなものからバッドなものまで、実に多岐にわたり、最終的に自分の結末で物語を〆ることができたプレイヤーがゲームの勝者となります。基本は語り部が話を作りますが、語り部以外のプレイヤーは割り込みによって語り部の権利を奪うことができ、当然各自の目指すゴールは異なるため、物語は語り部が変わるたびあっちへ行ったりこっちへ来たり。紆余曲折を繰り返してエンディングを迎...

    大石さんのレビューを読む

リプレイ 1件

  • 141
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月22日 22時26分

    ワンス・アポン・ア・タイムのプレイ動画UPしてみましたのでご覧下さい。友人のKMWと2人でプレイしています。Youtubeはこちらからhttps://www.youtube.com/watch?v=Uq2q0lXWzoEニコニコ動画はこちらからhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm30690749動画はどちらも内容同じものです。自分の思っているストーリーと全く関係のない方向に話が進むので、いかに話を組み立てるのが上手か、臨機応変に立ち回れるかが勝負だなと感じました。4~5人ほどでプレイしてみるとさらに楽しいですね!

    retan0712さんのリプレイを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは89mm×57mmです。「CAC-SL105 アメリカンサイズ・ハード」などのスリーブが最適です。カードは165枚入っています。

    0件のコメント14ページビュー約2ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク