マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2018年~

カネと車を用意しろ白州さんのレビュー

362
名に参考にされています
2018年08月08日 00時35分

7/10

ゲームマーケット2018春の新作500円ゲームズブランド「SMART500ゲームズ」の1つ。

最近の500円ゲームはレベルが高い気がするが、これは今年出た500円ゲームの中でも一番感動した作品だと思う。

まず交渉人と泥棒の2つの役割がある2人ゲーなのだが、各プレイヤーがどちらかを担当。

泥棒は人質をとっていて、これは10枚あるカードの中の1枚に人質が隠されているのだが、これを交渉人に当てられないようにする。

しかし、時間がのびて3ラウンド終わると、泥棒は強制的に負けになってしまうので、それまでにタイトルにもなっている「カネ」「クルマ」「クルマの鍵」の3つを集めると勝利となる。

しかし、「カネ」は1種類しかないのだが、「クルマ」と「クルマの鍵」は赤と青の2種類あり、しかも鍵はゲームの始めに泥棒にわからないよう、交渉人がゲームから除外するため、一筋縄ではいかない。

交渉人は、人質を救うか3ラウンド経過すれば勝利となる。

手番では、2枚カードを伏せ、1枚がセーフ、1枚をトラップとしてセッティングする。

カードには、セーフカード(泥棒が欲しがっている「カネ」「クルマ」「鍵」など)とトラップカード(人質の場所を探るカード、「カネ」とか「クルマ」のカードを除去するカードなど)がある。

これらから選んでセッティングしたら、泥棒はどれを表にするかを宣言する。

0枚でも1枚でも2枚でも可能だが、セーフカードだとそのカードをゲット、トラップだとその効果が発動する。

このとき、セーフカードの場所にセーフカードがあったり、トラップカードの場所にトラップカードがあれば、問題ないが、交渉人はこれをわざと違うように置くこともできて、ひっかけることもできる。

もし、置いてある場所と違うカードを泥棒がめくると、不信ポイントというのがたまって、3ポイントたまると怒って、交渉人の手札をすべて見て1枚除外するというまあまあ強い効果を発動できる。

なので、泥棒はトラップを引きたくないが、時間を伸ばしすぎると負けるし・・・というところと交渉人は3枚泥棒に揃えられると負けるからいつどこで出していくか、いかにひっかけていくか・・・という感じの読みあいが熱く、まるでカイジやってるような感覚になる笑

そして、このゲームの完成度だけでも素晴らしいのに、泥棒と交渉人というテーマがあっているのもスゴい。

もちろん、最初に人質が見つかってしまう運ゲー的なところはあるといえば、あるが、それをふまえても500円ゲームでこの駆け引きとテーマ性の完成度は目を見張る物があるので、この評価。

500円ゲームの同人にそんなに抵抗がないならぜひとも一度やってみてい欲しい一作だ。

4
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • mutsuki0083
  • Nobuaki Katou
  • Hiroshi Kawamura
  • まつなが
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 8経験あり
  • 2お気に入り
  • 10持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルカネと車を用意しろ
原題・英題表記Negotiator
参加人数人数未登録(時間未登録)
対象年齢未登録
発売時期2018年~
参考価格500円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体Smart500ゲームズ
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク