マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~7人
  • 42分前後
  • 10歳~
  • 2013年~

ミステリウムPinoさんのレビュー

198
名に参考にされています
2016年11月04日 19時19分

 引き合いによく出される「ディクシット」はイラストから言葉を選ぶものですが、このゲームは「犯人」「犯行現場」「凶器」という具体物をイラストカードを選ぶことで伝えます。もともと難しいことなのに手札数の制限もあって、なかなか良いカードは選べません。やっと提示したカードも幽霊役と他のプレーヤーによって目の付け所が違うので思わぬミスリードが発生します。プレイヤー同士はお互いが提示されたカードを見比べて幽霊のメッセージをくみ取るための議論、「このカードなら、AとBが怪しい」「いやBはXさんに渡したカードではないか」、「全体の色味や印象でC」「いや関連する道具が描いてあるD」「いや女性的なイメージなのでE」などで盛り上がります。幽霊役は「よく気がついてくれた!」「あぁそう解釈したのか…」と議論の迷走具合を見守り(幽霊役の顔色をうかがう人がいますので幽霊役は無言無表情につとめましょう)ます。議論の間、幽霊役は何も出来ませんが、その幽霊の孤独感もまた味わいがあります。

 ただ、コンポーネントが豪華なだけに広めのテーブルが必要で、セットアップもやや面倒に感じました。また幽霊役はかなり忙しく、全体の進行(ルールも少なくはない)とプレーヤー6人分のカード選び(幽霊役が長考していと他の者は待つだけになるので間延びする)はかなりの負担となる点は気になりました。

 「ディクシット」が好きな人は楽しめると思います。また、特定の答えに導くという明確な目的があるので「ディクシット」がピンとこなかった人も楽しめると思います。さらに、プレーヤー同士の議論の盛り上がりも「ディクシット」にはない魅力です。

 「幽霊からのメッセージ」というミステリアスなテーマ、それを美しく表すコンポーネント、幻想的で美しいカード。イラストによるメッセージが思うように伝わらないもどかしさは異界の者とのコミュニケーションを表現し、この世の者もそれぞれの着眼点の違いから幽玄の彼方へと議論が迷走していきます。独特のプレイ感が楽しいゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Pinoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 353興味あり
  • 742経験あり
  • 172お気に入り
  • 354持ってる
プレイ感の評価
運・確率15
戦略・判断力7
交渉・立ち回り14
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見22
作品データ
タイトルミステリウム
原題・英題表記Mysterium
参加人数2人~7人(42分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2013年~
参考価格6,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Pinoさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク