マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1997年~

ミニ・インコグニト白州さんのレビュー

42
名に参考にされています
2018年08月07日 23時55分

6/10

1988年美術特別賞を受賞した『インコグニト』のカードゲーム版。1997年ドイツゲーム賞9位。

元の『インコグニト』の完成度が高いため、こちらのカードゲーム版の方はマニアからはあまり人気がなく、プレイするまでひどいゲームなのかなと思っていたが、普通に面白かった。

たしかにインコグニトの斬新性やコンポーネントの素晴らしさやドラマ性を考えると、比較したらそりゃ評価は下がってしまうなぁと思いつつ、普通にこのゲーム単体としては、お手軽推理戦ペアゲームとして面白いと思う。

ゲームの基本は推理ゲームのペア戦で、カードを使って、プレイヤーは自分の役職と電話番号カードが配られる。

役職には決められた相棒が設定されており、この相棒をまずは見つけなければならない。

手番では、場所カードが5枚あって、それをトリックテイキング風に出して、2人しか出していない場所カードがあれば、その2人でカードを交換して、情報を得る。

このとき、2枚のカード(役職と電話番号)を渡すのだが、1枚は必ず本当の情報を渡さなければならない。(※全プレイヤーは全役職カードと全電話番号カードを持っているので、どの情報を掲示することができる。)

それで、だんだんと全プレイヤーの情報がわかってくるわけだ。

そして、相棒がわかったら、再度、2人で同じ場所カードを出すと、電話をかけることができる。

このとき、全プレイヤーの役職と電話番号をすべて当てれば勝利。

個人的に推理ゲームはあまり好きではないのだが、思っていたよりもお手軽で、短時間で終わったので、推理ゲームとしてはかなり気に入った。

あと、インコグニトはコンポーネントや斬新性はかなり高いが、時間がかかる割に、面白い展開になるかどうかの差が激しかったり、初心者には考えどころが難しい割にペア戦なので責任でかくて初見プレイがきつかったりとそれなりに問題もあると思うので、個人的にはこのカードゲーム版もいいと思った。

まぁ、インコグニトカードゲームで出さない方が良かったんではないかと思わないこともないが、世間の評価ほど、このゲームは悪くないと思う。

とはいっても、20年以上前のゲームで絶版ではあるので、元のボードゲームのインコグニトもそれよりずっと前だからなかなか今となってはやる機会も少ないかもしれないが、もし興味があったらやってみるのは全然いいゲームだと感じた。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
  • ぽっくり
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 3経験あり
  • 0お気に入り
  • 6持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力4
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルミニ・インコグニト
原題・英題表記Inkognito: The Card Game
参加人数3人~5人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1997年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿