マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2021年~

ラ・ラマ・ランドHideさんのルール/インスト

81名
1名
0
1年以上前

1)ゲーム名:ラ・ラマ・ランド

2)勝利条件:ゲーム終了時に最も多く勝利点を獲得しているプレイヤーが勝利者となる。

3)ゲームの準備

①「土地タイル」(5種類)を形ごとに分けて、シャッフルし、プレイエリアの中央に山として置く。

②「作物トークン」3種36枚(カカオ12枚、トウモロコシ12枚、ジャガイモ12枚)、「コイントークン」24枚、「ラマコマ」33個をサプライとして、プレイエリアの適当な場所にまとめて置く。

③「ラマカード」を、カードの上部に描かれている作物の種類ごとに分け、各種類ごとにプレイ人数に応じてランダムに枚数を選ぶ(2人の時は6枚、3人の時は8枚、4人の時は11枚)。その後、選んだカードを表にして、降べきの順に少しずつ重ねて並べる。

④「人物カード」をシャッフルし、裏向きで山として「ラマカード」に近くに、「人物カード」の山として置く。その後、山の上から5枚引き、山の横に表向きに横一列に並べる。

⑤「目的カード」から、紫色3枚、青色4枚をランダムに選び、表向きで「人物カード」の近くに横一列で並べる。

⑥各プレイヤーは、ランダムに「スタートボード」を1枚受け取り、いずれの面かを表にして自分の前に置く。その後、「基礎タイル」3枚と、選んだ色の「マーカー」4枚を受け取る。

⑦スタートプレイヤーを適当な方法で選び、スタートプレイヤーは「牧童の杖マーカー」を受け取る。その後、スタートプレイヤーの左隣から順に、1、2、3コインをサプライから受け取る。

4)ゲームの進行

①「土地タイル」を1枚配置:手番プレイヤーは、任意の「土地タイル」の山の上から1枚タイルを取り、以下のいずれかのアクションを行う

ア)土地の拡大

・取った「土地タイル」を、「スタートボード」あるいは他の「土地タイル」の横にスペースが1つ以上接した状態で置く。この時、自由に回転や反転をさせることができる。

・土地を拡大後、任意の「目的カード」1枚の空いているスペースの上に、自分の「マーカー」を置くことができる。あるいは、すでに置いてある自分の「マーカー」を他の「目的カード」の空いているスペースに移動させることができる。ただし、各プレイヤーは「目的カード」1枚の上に、1個の「マーカー」しか置くことはできない。なお、「マーカー」を置いた時点で、条件を満たしている必要はなく、ゲーム終了時に満たしていれば勝利点を得ることができる。

イ)土地の造成

・取った「土地タイル」を、「スタートボード」あるいは既に置いてある「土地タイル」の上に置く。この時、取った「土地タイル」を自由に回転や反転させることができる。ただし、配置するタイルの下に空白(タイルが無い部分)や「ラマコマ」がある場所には置くことができない。また、同じ形の「土地タイル」の上に重ねて置くこともできない。「土地タイル」を重ねる枚数の制限はない。

※造成の前に、手持ちの「基礎タイル」を手番プレイヤーは何枚でも使用することができる。ただし、「基礎タイル」で覆われたマスのアイコンはなんの利益ももたらさない。

・「土地タイル」で覆ったマスに描かれているアイコン(トウモロコシ畑、カカオ畑、ジャガイモ畑、コイン、小屋)の利益を任意の順番で得る。

②ラマへの給餌(ラマコマの配置)

・土地の拡大か造成後、自分の同じ収穫物(トウモロコシ、カカオ、ジャガイモ)を4個(あるいはコイン2枚で任意の作物1個の代わりが可)をサプライに戻すことによって、支払った収穫物に対応するプレイエリアにある「ラマカード」で最も価値が高いカードを獲得する。その後、サプライから「ラマコマ」を1個取り、自分の土地でアイコンが描かれていない任意の空きマスに置く。なお、手元に作物トークンが合計10枚以上ある場合は、必ずこのアクションを実施しなければならない。

5)人物カードの使用:手番プレイヤーは、手番中に自分の手元にある「人物カード」を何枚でも使って、追加でアクションを実施することができる。なお、「人物カード」は手番中に1回のみ使用できる。使用したカードは横向きにして、使用済みであることを示す(手番が終了したら戻す)。なお、アイコンを覆うことで利益をもたらすカードは、カードを獲得した手番中に発動することはできない。また、サプライが不足している場合は、カードの利益を得ることはできない。

6)ゲームの終了:「ラマカード」が1種類しか残っていないか、「土地タイル」が合計4枚しか残っていない状況になった場合、順番にプレイを続けて「スタートプレイヤー」の右隣のプレイヤーまでプレイをしてたら、ゲーム終了となる。なお、「スタートプレイヤー」の右隣のプレイヤーのプレイ時に、終了条件を満たした場合は、即座にゲーム終了となる。以下の①〜④の得点計算を行い最も合計勝利点が多いプレイヤーが勝利者となる。

①「ラマカード」に示されている勝利点

②手元にある「作物トークン」は1個につき1勝利点

③手元にある「コイントークン」2枚につき1勝利点

④自分の「トークン」が置いてある「目的カード」の条件を満たしている場合は、「トークン」が置いてあるスペースに示されている勝利点を獲得する


この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
すーみん
Hide
Hide
シェアする
  • 89興味あり
  • 217経験あり
  • 41お気に入り
  • 142持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

Hideさんの投稿

会員の新しい投稿