マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 20分~30分
  • 8歳~
  • 1992年~

LCRおーのさんの戦略やコツ

261
名に参考にされています
2016年03月15日 16時34分

[はじめに]

LCRは一切の選択肢がない運ゲーのように思われがちですが、実はほんのわずかだけ戦略を介在させる余地があります。

私は勝ちたいがあまりに戦略をひた隠してきましたが、もうそろそろ潮時なので公開しようと思います。

[考察]

このゲームのアクションは[・]の"無得点"、[C]の"減点"、[L]と[R]の"譲渡"の3パターンがあり、"譲渡"も"減点"の一種と考えると、"無得点"か"減点"の2パターンにまで単純化できます。

当然、"減点"より"無得点"の方が強いため、このゲームでは[・]の"無得点"アクションが最強と言えます。

しかし、[・]のアクションができるかは運まかせです。
なので、もう少し広い捉え方をする必要があります。

"無得点"とは何かと考えると、それは『何もしない』ことに行きつきます。
つまり、『何もしない』をするにはどうすべきかを考えれば良かったのです。

[結論]

結論は後手番が有利だと言うことです。
このゲームは手番制なので、自分の手番が遅くなればなるほどゲーム中の手番数を減らせます。
そうすることで『何もしない』を増やすことができるのです。

つまり、それの最大である

☆☆☆ 最終手番になる ☆☆☆

ことがベストなのです。(なお)

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
おーのさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 42経験あり
  • 9お気に入り
  • 13持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルLCR
原題・英題表記LCR
参加人数3人~8人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期1992年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワークデイ リン
関連企業/団体コプロー ゲームズ(Koplow Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク