マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1997年~

ぶくぶくpapillon__さんのレビュー

123
名に参考にされています
2017年09月21日 00時04分

ランダムに配られた数字のカード(天候カード)12枚を使って、場に出ている2枚の水位カードの競りを行うゲーム。

競り終了後に一番高い水位のカードを持っている人はライフ(浮輪カード)を一枚失う。

水位カードはラウンド中持ち越しのため、誰かがより高い水位のカードを獲得するか、以降の競りで現状よりも低い水位のカードを獲得(上書き)しないとライフを失い続けることになる。

表題どおり「ぶくぶく」と溺れるわけである。


ルールはとてもシンプルなのだが、このゲームのミソは

「初期手札と初期ライフは次のラウンド時そのまま隣のプレイヤーに移行される」

という点だと思う。

つまり、全ラウンド終了までに全プレイヤーの初期手札&初期ライフでプレイする事になり、

「いや~、手札が微妙過ぎて勝つの無理だわ~笑」

という言い訳が通用しないのである。

また、ある程度ラウンドが進むと、他人の手の内(数字カードの内訳)が分かってくるのでそれを加味した読みあいも熱い。

同じ手札でもカードを出すタイミングでこうも結果が変わるのか!とやればやるほど深みを増す隠れた良作だと思う。

ハゲタカに飽きた(慣れた)メンツでやってみると入りやすいかな。


あと、水位カードに書かれた羊と灯台のイラストがとても可愛い。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 大石
ぶくぶく
ぶくぶくの通販
大あらしが近づいて、島が沈んじゃう!? 手札をうまくプレイして避難しよう!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,980(税込)
papillon__さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 73興味あり
  • 602経験あり
  • 121お気に入り
  • 411持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力16
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ12
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルぶくぶく
原題・英題表記Land Unter
参加人数3人~5人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1997年~
参考価格1,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿