マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2006年~

ジュリエットと怪物atcktさんのレビュー

139
名に参考にされています
2019年09月01日 17時07分

ジュリエットが迷い込んでしまった屋敷にぞろぞろ集まるモンスターたち。うまくジュリエットを見つけるか、ジュリエットとなって夜明けまで逃げ切るか、手札推理ゲームです。


▼ゲームの概要

 手札の並びに少しだけ制限のある、ババ抜き、のようなゲームです。

 手札2枚から始まり、手番では、「山札から1枚カードを引く」か、「誰かからカードを1枚引く」かを選べます。

 また、もし手札に同じモンスターカードが2枚あれば、誰かを「攻撃」できます。「武器カード」があれば、防御できますが、できないと、カードを1枚引かれます。

 これがジュリエットなら、そのプレイヤーが勝ちます。

 これを繰り返して、最後に場に並べられたカードからの補充となります。

 この時、徐々に夜が明けていく様子を示しているのですが、手札枚数より指示された数字が少なければ(ボードに書かれている)ジュリエットのプレイヤーが勝ちとなります。

 いつ攻撃するのか、本当に誰かがジュリエットのカードを持っているのか、しっかり考えて遊ぶゲームです。


 ちなみに手札の制限とは、「手札の一番数字の大きいカード」を中心にして、左右に降順になるようにカードを持たなければなりません。ここが書くには簡単ですが、唯一わかりにくい場所でもあります。


▼プレイの感想

 比較的ジュリエットを引く展開だったので、逃げ切ることを考えることが多かったんですが、最後の方は「誰かから引く」によって誰かに渡してしまって、そこを攻めてやればよかったですね。次に生かそう(笑

 ジュリエットはカードを引いて早く終わらせたい、ほかのプレイヤーはジュリエットを探しだしたい。

 追われている感覚、追っている感じが出てたかなと思います。

 とはいえ、ちょっとわかりにくいのはその通り、傍から見て、雰囲気が伝わることはあまりない気もしました【難しいよねー

 過去に似た感じの手札でやる推理ゲームを作ったことがあって、角度が違えど、面白いよねーって。


 余談ですが、これが最初にドイツで出たときに、良く知らずに2人用を買ってしまって、ちゃんと遊べず仕舞いだったのが、先日の賽翁ボドゲフリマで念願かないました。

 なるほどねー。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ジュリエットと怪物
ジュリエットと怪物の通販
ジュリエットはどこ?ババが引きたいババ抜き推理ゲーム。
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,540(税込)
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 29興味あり
  • 147経験あり
  • 18お気に入り
  • 136持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルジュリエットと怪物
原題・英題表記Julchen und die Monster
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿