マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ハゼアイランドHaze Islands

海と島のマップで、探索しながら、背後をずっと追って、襲ってくるHAZEから逃げつつ、戦いつつ、得点を集めるゲームです。ゲームモードは通常モード(他のプレイヤーを攻撃できる)、仲良しモード、協力モードなどがあります。ソロプレイも可能です。


▼ゲームの概要

最初に島をカードで作ります。このギミックが面白いと思います。
まず、島のカードを置きます。このままではカードは縦長のため、正方形になりません。別にアドベンチャーカードというものがあり、それをしたに差し込み、正方形にします。そうするとアイコンだけが見えるようになり、1つの島になります。

ゲームは手札を使ってアドベンチャーカードのアイコンと同じものを出し、アドベンチャーカードを手に入れます。このアイコンの数が得点となります。

協力ゲームの場合は、「目標となる得点」があるため、これらを集めることになります。

これ以外に、島には黒いサイコロが置かれています。これがHAZEです。正体不明の船で、プレイヤーの船を襲ってきます。ただ、このHAZEもカードで攻撃できます。島と同じで、同じアイコンのカードを出せば倒せます。さらにアイコンは多いため、得点も高くなります。

ゲームはラウンド毎に行います。
このラウンドの進行がこのゲームでの大きなポイントです。

スタートプレイヤーは手札となるマップカードの山札を取ります。この山札がなくなったらラウンドが終了します。

さて、このカードですが、手番で引いたり、アクションをしたりするときに使います。
ただし、カードを使ったなど消費をすると、左隣のプレイヤーの山札になります。こうして、スタートプレイヤーの右隣りのプレイヤーがカードを使ったら、「捨て山」に置かれ、最終的になくなっていきます。

イメージとしては、マップカードがスタートプレイヤーから時計回りにすべてのプレイヤーに回っていく、という感じでしょうか。

マップカードは、使うことによって島が増えていくため、山札がゲームが進むにつれて薄くなっていきます。

さて、なぜマップカードを島にしないといけないかというと、ラウンドの最後にHAZEが移動します。移動力があり、どんどん長距離を移動してきます。その際、捕まってしまうと、余った移動力分のダメージを捕まった船がダメージを受けます。

船には船員があり、島に置くことによって、島のアイコンが1回だけ使えるようになります。もちろん、船の耐久度が下がります(ダメージを受けると船員コマを捨てることになるからです)

規定ラウンド行うか、アドベンチャーカードがなくなったらゲーム終了です。

得点の高いプレイヤーが勝ちます。協力ゲームの場合は、生き残っており、且つ、規定得点を得ている必要があります(結構厳しめです)


▼プレイの感想

協力ゲームのモードで遊びました。

協力ゲーム、ポイントを集める、というところで、パンデミックと比較できるような感じです。必死にカードを使って集める、というイメージでしょうか。そこが比較できるかな、って思います。
もちろん、ゲームは全く違って、島の形成や、逃げる経路などをうまくコントロール出来ればいいかなという感じです。

ラウンド進行も新鮮で、他に類を見ないシステムだと思います。

ただ、ルールが若干読みにくいのと、それよりもエラッタ、不明点がいくつか残っているため、作者に問い合わせる必要があるなーって思ってます。
おそらく、修正版が出てくると思うのですけれど…


※英語と見比べた結果ですが、ラウンド終了時の山札再作成の際は、「捨て山を全て混ぜて、新たな山札とする」と読み替えてください。他はきいてみます。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:atckt
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 4持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルハゼアイランド
原題・英題表記Haze Islands
参加人数1人~3人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 93
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月11日 12時09分

    海と島のマップで、探索しながら、背後をずっと追って、襲ってくるHAZEから逃げつつ、戦いつつ、得点を集めるゲームです。ゲームモードは通常モード(他のプレイヤーを攻撃できる)、仲良しモード、協力モードなどがあります。ソロプレイも可能です。▼ゲームの概要最初に島をカードで作ります。このギミックが面白いと思います。まず、島のカードを置きます。このままではカードは縦長のため、正方形になりません。別にアドベンチャーカードというものがあり、それをしたに差し込み、正方形にします。そうするとアイコンだけが見えるようになり、1つの島になります。ゲームは手札を使ってアドベンチャーカードのアイコンと同じものを...

    atcktさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク