マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 1997年~

書けた?白州さんのレビュー

144
名に参考にされています
2018年08月19日 07時52分

8/10

ボードゲームの世界を代表するコンビデザイナーによる戦略パーティーゲーム。

「フラッシュ」というあるお題に対して、当てはまる単語を書きまくるゲームのルールと基本は同じだが、面白いのは、「何個答えるか」を賭けるところ。

もちろん、多く答えた方が進める(得点はコマを進めていく形式)のだが、大きい数字ほど、あとから答えなければならず、しかも前の人が答えたお題を言うことができないという縛りが入っている。

さらにただの縛りではなく、例えば「ネコ」という言葉をいった人がいたら、「ミケネコ」「ペルシャネコ」など、同じ単語が入っていても使えなくなってしまうというパーティーゲームとは思えないかなりガッチリとしたルールになっている。

さらに、コマがあるゾーンに入ると、ハンディキャップカードというものが渡され、「3文字以下しか書いてはいけない」「どんな数字を出しても最後に発表」「不正解した場合、その数字戻る」など、ただでさえキツイのに、さらにキツくなる。本当にパーティーゲーム?と思うくらいキツイ笑

このお題連想系のゲームは、ただ単語を書いておけばよかったのだが、このゲームが、何個賭けるのか?さらに同じ単語は使えないという縛りを入れることによって戦略ゲームに進化しているのが面白い。さすが名コンビのデザイナーといえる。

パーティーゲームなんだけど、パーティーゲームとは思えない戦略が必要なゲームという珍しい立ち位置に興味を持っているならおすすめ。

ただ、結構昔のゲームなのと、言語依存が激しいためか、日本には1997年版しか流通しておらず、しかも絶版状態。

最近、パッケージも変わってリメイクされ、去年は20周年記念版も出たが、日本ではさっぱり笑

20周年記念版は追加カードも入っていたりして、豪華になっていたが、個人的には箱の大きさが程よいリメイク版も好き。

ぶっちゃけハンディキャップやコマの進めなしで、基本ルールだけでやってもそれなりに面白いが、やるならやっぱり用意してやりたくなるのがゲーマーの性だろうか。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 雛形萌路
  • Satoru  Ono
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 10経験あり
  • 2お気に入り
  • 5持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル書けた?
原題・英題表記Haste Worte?
参加人数3人~8人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1997年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク