マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 15分~25分
  • 6歳~
  • 2015年~

ゴー・ダッ・チーズsuzuiro-kikyoさんのレビュー

145
名に参考にされています
2017年08月26日 01時17分

どうして、生き物は戦い続けなければならないのでしょうか?

…悲しいけどこれ、生存競争なのよね。

ねずみは、たとえ危険が待っていると分かっていても、時には自分の姿を表に現してでも、チーズに群がろうとして。

ねこは、ねずみが目の前にいるとなれば、一直線にまとめて何匹も喰らわずにはいられなくて。

いぬは、この食物連鎖の頂点にいて、周りのねこに襲いかかるものの、そもそもねこがいなければ空腹を抱え続けることになって。

生き物とは、何故、こんなにも悲しく、哀しい存在なのでしょうか?

…とまあ、諸行無常に打ちひしがれたようなレビューを書いておりますが、もちろん、そんな極端なテンションに陥ることはまずありません。てか、どうやってそんな気分になるんだこのゲームで。安心して下さい。ゲームですよ。

メカニクスは容易に理解できるんですが、勝ち筋がなかなか見えてこないなあ、と、プレイ中ずっと思っていて。少なくとも、ねこやいぬについては、正体が伏せられる1枚目にしておきたいところですが、その戦術を全員がめざすと、冒頭の「わんこ諸行無常」が各方面で展開すること必至でしょう。いぬ、憐れなり。

ちなみに、赤いカードセットの犬は、作者である林さん夫婦の家にいる子がモデルだそうで。どの子もかあいいですが、モデルが実在すると、また感慨もひとしおですね。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
suzuiro-kikyoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 22興味あり
  • 107経験あり
  • 6お気に入り
  • 105持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルゴー・ダッ・チーズ
原題・英題表記Go da Cheese!
参加人数3人~5人(15分~25分)
対象年齢6歳から
発売時期2015年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン林 尚志(Hisashi Hayashi)
アートワーク未登録
関連企業/団体オカズブランド(OKAZU brand)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿