マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分~55分
  • 10歳~
  • 2013年~

禁断の砂漠ダルニさんのレビュー

434
名に参考にされています
2018年08月23日 19時11分

ボードゲームを探し始めたそもそもの発端は、「息子と一緒に遊ぶ何か」が欲しかったからだ。


当時は幼稚園に入る前だった。

そんな息子の小学校卒業がそろそろ見えてきた昨今、これまで最も多く彼とプレイ回数を重ねたボードゲームは何だろうかと振り返ると、やはり「禁断の砂漠」ということになるだろう。


遊んでみるまでは、正直このゲームがこんなにもハマってくれるとは思っていなかった。

しかし、ルールを説明している時から息子の目の輝きが違った。


協力ゲームというのも良かったのかもしれない。


初プレイ時、あえなく砂漠に埋もれてしまった二人の探索者(私と涙目の息子)は、何がいけなかったのかをひとつひとつ検証した。

「今回の役職の組み合わせでは、砂を掻き出すのが苦しかった。デューンブラスターを使うタイミングが早かったのではないか」

「しかしながら水もギリギリであった。井戸もトンネルももっと効率良く使うべきである」

といった内容だ。

何度も砂漠に埋もれ、何度も反省を繰り返した。

そのようにして学習した我々はやがて、たまに不運な敗北は味わうものの、ほぼ毎回砂漠から脱出できるようになった。

私たち親子は一つのボードゲームを通して、一緒に成長したのだった。


その時間は禁断の砂漠というゲームから得られた恩恵のうちで最大のものであり、もう二度と得られることのないものだ。


協力ゲームは扱いが難しい。

初対面の人間が集まるオープンなゲーム会では盛り上がりに欠けてしまうようなところがあるし、トラブルも生みやすい。

なので、私がこのゲームを持ち出して誰かに遊んでもらう機会というのは少ない。


が、それでも皆無ではない。

「遊ぶ面々がゲームを通じて一緒に成長するという瞬間を見られるかもしれない」という期待を抱いた場合に限り、提案しインストするようにしている。

その場合、私はプレイはせずに「砂漠役」に徹する。

プレイヤーたちが共に何かを掴んでステップアップする、その奇跡にも似た瞬間に立ち会うこと。

そんな望みを胸に日照りや砂嵐でもって哄笑しながら襲いかかるのは、これまた他のゲームでは得られない喜びだったりもするのだ。(屈折も自覚している)

7
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 翔
  • えんさん
  • 軍師っ!
  • mutsuki
  • ももんが
  • 喫茶あかね・マスター
  • きむにぃ
ダルニさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 136興味あり
  • 189経験あり
  • 25お気に入り
  • 114持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力10
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトル禁断の砂漠
原題・英題表記Forbidden Desert
参加人数2人~5人(45分~55分)
対象年齢10歳から
発売時期2013年~
参考価格4,750円
クレジット
ゲームデザインマット・リーコック(Matt Leacock)
アートワーク未登録
関連企業/団体ゲームライト(Gamewright)
拡張/関連元禁断の島(Forbidden Island)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ダルニさんの投稿

会員の新しい投稿