マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
さかな、さざなみ、さようなら
  • さかな、さざなみ、さようなら当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1人用
  • 15分前後
  • 15歳~
  • 2019年~

さかな、さざなみ、さようなら

メーカー・卸元:アークライト

送料安!コンパクト便対象?
日本語マニュアル付き
欲望、因縁、悟り すべてを捨てて無になろう

あなたは海の中をぐるぐると回り続ける魚です。

群れのなかで、仲間と一緒に、同じ場所をぐるぐると……。

あるときあなたは気づきます。

あなたをそこにとどめているのは、あなた自身の信念であることに。

それをひとつ手放すたびに、ひとつずつ自由になれるということに。

すべてを手放して、あなたは自由になれるでしょうか。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 9件

レビュー
387名が参考
1年以上前

煩悩を捨てて無を目指す、デッキ解体カードゲーム


「シェフィ」のポーン氏デザインのカードゲーム。徳(コスト)カードやアクションカードを使用して手札からカードを「彼岸」へと解放(除外)していき、最終的に山札、手札を0にできれば勝利。

山札が尽きて引けなくなったら、捨て札をシャッフルし直すが、その際彼岸から「超彼岸」へとカードをを2枚コストとして支払う必要がある。超彼岸に送れるカードがなくなってしまったら敗北となる。

 

便利なアクションカードや高い徳カードの解放コストは高めの設定になっているので、どのタイミングでそれらへの執着を捨てて解放していくのか、というデッキ圧縮・解体の戦略が必要となる。

さらに、すべてのカードを彼岸に送った後、彼岸のカードを用いて山札置き場、説明書、内箱(彼岸・超彼岸トレイ)すらも超解放し、プレイエリアを完全に「無」にすることも可能となっている。そうするためにはさらに効率のいい解放ペースが必要とされるだろう。

(何度かプレイして通常の勝利条件は満たせたが、一番コストの軽い内箱も解放できていない……)

 

書道家の手によるアートや、英タイトルの「Fish, Farewell, Forever」も日本語タイトル同様に韻を踏みつつ、わかったような分からんような、というテーマをよく表しているのではないだろうか。

(ゲーム自体の存在感も若干儚く、ほとんど偶然リリースを知りつつも、通販などではそもそも扱っていないかすでに売り切れの状態で、店頭でたまたま見つけた、というのもなんだか出来過ぎている気がする……)

続きを見る
閉じる
だいすけ
だいすけ
レビュー
240名が参考
1年以上前

 自宅で、1人でプレイした感想です。

 シェフィやゴリティアなどをデザインしたポーンさんによる、煩悩に苦しむ衆生を救うことをテーマにしたデッキ解体ゲームです。

 ゲームの目的は、30枚のカードからなるデッキを色欲、財欲、食欲などの煩悩を捨て、悟り、因、縁といった人生の経験を手放し、最後には積んだ徳すら捨て去ることで、最終的には無になることを目指します。

 ルールは、徳カードを使いお徳ポイントを貯めて、各カードの解放コストを支払うことで、彼岸にカードを置けます。なお、1ターン中でできることは、カードの解放を1回、アクションカードの使用は何回でも使えます。アクションカードは、カードを山札から追加で3枚引けたり、お得ポイントを増やしたり、カードの解放枚数を増やしたりできます。そうした効果を駆使していきます。

 各ターンでできることがなくなれば、その場にあるカードと手札を捨て札とし、山札から5枚引き次のターンの手札とします。もし、5枚に満たない場合には捨て札をシャフルし山札としますが、三途の川の渡り賃ということで彼岸から超彼岸にカードを2枚置き換えます。もし、そのときに超彼岸に置けなければ敗北となります。

 これを繰り返しながら、全てのカードの解放と山札ボードや説明書、内箱までの超彼岸することを目指します。


 プレイした感想ですが、デッキ解体ゲームというと、フリーゼの「サンドキャッスル」ぐらいしか知らない煩悩にまみれている私ですが、このゲームをプレイしていると段々と落ち着いた気持ちになってきます。

 仏教の禅や老荘の思想に通じるようなゲーム内容に、なぜこのようなデザインをしたのか聞いてみたくなります。

 プレイ中、とても不思議な感覚になるので、これからも繰り返しプレイをして見たいと思うゲームです。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
レビュー
144名が参考
2ヶ月前

ソロプレイ専用でお手軽に遊べるカードゲームな〜い?

そう相談されたら、

真っ先にこのゲームを勧めたい!


それは、カードゲームに期待されている

多くのメリットが注ぎ込まれているからです


《 メリット 》

・準備が簡単。すぐに始められる

・カードのみでプレイ出来る為、サイコロやチップを使うゲームと違って無くす危険性が小さい

・プレイエリアが小さく、机を占有しない

・ルールが簡単。覚える事が少ない

・カードの説明書きも分かり易い

・カードをスリーブに入れても箱に収まる

・箱は軽く小さく、バックに入れてもかさばらない

・10分ほどで勝負が着く為、ちょっとした待ち合わせ時間で遊べる

・これで、1,760 円(税込)とコスパが良い


また

ゲームのコンセプトが

「自分の欲を捨てる」こと


食欲、財欲、色欲・・・


遊びながらも

自然と冷静になってきます

と言いますか、冷静になって考えないとクリア出来ない?


仕事でストレスが溜まった時などこのゲームは

役に立つと思います、気持ちのコントロールとして。


実は

この記事を書いている今

かれこれ30〜40回プレイしておりますが私、

未だにクリア出来ていません(汗)


それでも

時間があればまたプレイしたくなる

そんなゲームです


カードを引くタイミングによる「運要素」もありますが

「自分のカードを出す順番」の方が重要視される為

何度でも挑戦したくなる

そんなリプレイ性を感じます。



〜 ゲームのざっくりとした流れは 〜

1)山札から5枚のカードを場に出す

2)徳カードやアクションカード等を使用して、カードを1枚「解放する」

3)カードを全て「捨て札に流す」

4)もし山札が尽きたら、解放したカード2枚を「超解放」に入れて再度山札を作る

この繰り返し


全てのカードを「解放」出来れば勝利です



〜 実は、奥が深い 〜

一見簡単そうに感じるのですが

カードを解放するには

「解放したいカードのコストを使用する」ため


例えば

一番コストのかかる「色欲カード」を解放したい場合

解放したいコスト8が、場に出ている残りの4枚で作れない!

そういうジレンマが、よく発生します(悩)


こういう場合

追加で3枚引くカードなどを使用して

コストを稼いで解放します


また

1ターンで解放できるカードは「 解放枠が1枠しかない ため

このターンで2枚以上解放したい場合

「解放枠を3つ増やすカード」などを使用する必要が出てきます


「あ〜、さっき使っちゃったよぉ〜」なんて

よくあります

いつカードの効果を使用するのか?が

このゲームのキモかもしれませんね



〜 カードの効果 〜

カードの使い方(効果)は

【徳カード】カードを解放するためのコスト(1・2・3)

【アクションカード】カードに書かれた効果が発動します

【合点カード】このカードを解放した時に、カードに書かれた効果が発動します

【特殊カード】手札または使用済エリアにある「アクションか合点カードの効果」を発動します

【煩悩カード】食欲・財欲・色欲



〜 さらに!? 〜

全てのカードを無事に「解放」出来て

勝利した後

完全勝利に向けて

さらにゲームを続けることができます!


今使用している

山札用ボード】勝利時に6枚超解放する事で解放できる

説明書】勝利時に4枚超解放する事で解放できる

内箱】勝利時に2枚超解放する事で解放できる


これを知った時

胸が熱くなりました(笑)


無駄が無い!!(感動)


皆さんも是非

自分の「欲」と闘ってみては

いかがでしょうか?

続きを見る
閉じる
大賢者
南斗レイ
南斗レイ
レビュー
139名が参考
約1年前

2/5点

ソロプレイ専用

デッキ解体ゲーム。


全てのカードを

解放(除外)

していくのだが

カードに記載されてる

コスト分の徳が必要。


カードには

1~3の徳カードの他にも

3枚ドロー

解放枠増やし

徳3増やし

他能力コピー

など様々。


強力なカードは

出来るだけ残して

おきたいのだが

それらのカードの

解放コストが高いため

うまくバランスよく

解放していかないと

いけない。


一見かなり

頭使いそうな

ゲームなのだが

5回プレイしてみて

2回クリア出来たし

感覚掴めば

クリアすること自体

それほど難しくない。


チョット簡単すぎかな。


ソロプレイは

難易度高めなぐらいが

やりごたえや

クリアしたときの

達成感あって

丁度良いと思うのだが。

続きを見る
閉じる
仙人
ワタル@ボドゲ
ワタル@ボドゲ
戦略やコツ
122名が参考
約1年前

4回目のプレイでゲームをクリアしました。


基本的には、まず煩悩カードから解放していくことになります。「財欲」「色欲」といったカードは、「因」などを駆使して処理していきたいところです。


煩悩を処理するばかりではゲームをクリアできません。「徳」の処理にも悩まされます。特に、最も高いコストの徳は、最後までデッキに残すと厄介なことに。徳が高すぎて解放できない..! 高コストのカードは、徳であっても程よいタイミングで解放していきたいところです。


あなたはコンポーネントに至るまでの全てを「さようなら」できるでしょうか?

続きを見る
閉じる
大賢者
はち
はち
レビュー
120名が参考
2ヶ月前

「無」の境地に達する事が勝利という世界観が気になって購入。

いざプレイすると、煩悩を解放するという一般的な解釈だけでなく、合点(理解する事)や、徳も解放して真に無になっていくというゲームデザインに感心しました。

説明書の記載が簡素なため、特にアクションカードの使い方に戸惑いましたが、全てのカードを解放することを念頭に読み直すと、煩悩・アクション系・徳カードをどういったタイミングで解放していく(彼岸に送る)かの組み立てが見えてきます。

コストの高い順から解放する事がセオリーですが、解放に必要なポイントを生む徳カード、解放を補助するアクション系カードを、早く失っても残しすぎても駄目というジレンマがあります。

この悩みこそが説明書にもある「苦悩する衆生」の体現だと思うと苦笑いが出てきて、よしやるぞ、となるのが本当に世界観を上手く作っている感じです。

クリアするとかなり達成感があるので、リプレイ性が高いかは微妙ですが、誰かに見られながらプレイしても次第に無言に、クリアしても出来なくても、スッと落ち着いた気持ちになるという不思議なゲームでした。

続きを見る
閉じる
勇者
HiroC
HiroC
レビュー
119名が参考
4ヶ月前

カード【煩悩】を解放して無に帰すコンセプトのゲーム。シェフィの同じ方々が作成されているソリティア系の一人用ゲームです。後半にいくに連れカードが解放されてなくなっていくのでどのカードをどう残すのか、どこまでで解放するのかが重要です。システム的に運よりも戦略が重要なのでカードの配布に左右されにくいのでクリアできなかった時は煩悩の処理を間違えた事に気付きやすく、振り返りと併せてプレイする事で段々味が出てくるゲームです。

続きを見る
閉じる
国王
ペッカー
ペッカー
レビュー
78名が参考
約2ヶ月前

お徳ポイントやカードの効果を使って、最終的には全てのカードを解放する(彼岸に送る)ゲーム。同じく一人用ゲームの「ロビンソン漂流記」よりシンプルで価格も安く、ゲーム初心者にはお勧めです。ただ、最初に説明書を読んだだけでは、アクションカードと合点カードの効果が理解しにくく、動画を参考にさせてもらいました。やり方を覚えると、一回5~10分程度で終わるので、成功するまで何度でも挑戦したくなります。一番の強敵である煩悩カード「色欲」を解放した後は、意外と強敵な徳カード「3」などを早目に解放していく必要があります。クリア出来るようになったら、更にその先の完全解放もあるので、やり混み要素はあると思います。ちなみに数回やりましたが、まだ完全解放には至っていません。一人静かに遊ぶゲームなので、一日の終わりにやって無になるのもいいかもしれません。

続きを見る
閉じる
勇者
tomato
tomato
戦略やコツ
45名が参考
2ヶ月前

説明書にも最低限、コストの高いものから解放すべしとなっていますが、煩悩だけでなくアクションカードや徳カード自体も解放コストがあるため、これも高いものから解放する必要があります。煩悩カードの残りに応じてコストの高い徳カードを解放するタイミングを見計らうのが良さそうです。

色々なアクションを後半に残して保険をかけたい気持ちも出てきますが、それこそが本物の煩悩となって終盤に解放できないジレンマに悩まされます。(そういった意味で良くできてるなと思いましたが)

解放コスト0の徳1だけを最後に残すと、ラウンドごとにひたすら解放し続けてゲーム勝利となるのが気持ちいいです。

続きを見る
閉じる
勇者
HiroC
HiroC
  • 商品価格¥ 1,760(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 71興味あり
  • 59経験あり
  • 17お気に入り
  • 92持ってる

チェックした商品