マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~8人
  • 15分前後
  • 12歳~
  • 2019年~

死者の日の祝祭ngさんのレビュー

130名 が参考
0名 がナイス
3ヶ月前

プレイした率直な感想を述べていこうと思います。

文章書く練習も兼ねています。拙い文章ですが、もし参考になればと思います。


6人で制限カードなしで初プレイ。本来はレベル1~3があるそうです。

テーマは死者の魂を癒そう!

ゲームは4ステップありました。

ステップ1では、各プレイヤーは自分にしかわからない故人(もしくは架空の人物)のお題カードを確認する。

そのお題の人物を連想させる単語を書く。左隣のプレイヤーに渡す。

ステップ2では、その単語を確認して、その単語を消してまた新しい単語を書く。それを4回繰り返します。

ステップ3では、答えを予想します。お題カードと最後の連想される単語をみんなで確認して答え合わせの投票をしていきます。

ステップ4では、答え合わせをします。正しい回答が多ければ、そのお題の人物の魂は癒されたことになります。


感想

私はジャストワンやテレストレーションといったワード系のゲームをプレイしたことあります。

それらとはまた少し違ったワード系のゲームになります。

他のプレイヤーが書いたヒントを連想してさらにヒントを書くので結構難易度が高いように感じました。でもそれがいいと感じました。

お題カードにはこんなものも入ってるの!?てなりました。初めてやるときは興味本位でどんな話題があるのかなーって見ない方がより楽しめると私は思いました。


すこし気になったのは、途中のヒントが記録されないことです。

最後の答え合わせのときに思い出す必要があります。


私の総評としては、プレイがさくっとできるのでとても楽しいです。やりこむとお題カードが分かってしまうので、そこが気になってしまうかもしれません。まだ1プレイしかできていないので、もっとやりたいと感じる作品でした。


この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
死者の日の祝祭 日本語版
死者の日の祝祭 日本語版の通販
連想重ねて 形も朧(おぼろ)!でも思い出して 私のことを!
残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 3,520(税込)
貴族
ng
ng
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 39興味あり
  • 195経験あり
  • 43お気に入り
  • 69持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトル死者の日の祝祭
原題・英題表記Fiesta de los Muertos
参加人数4人~8人(15分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿